[スポンサーリンク]

archives

インドール一覧


【東京化成工業】
インドール一覧(東京化成オンラインカタログ)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 元素・人気記事ランキング・新刊の化学書籍を追加
  2. 統合失調症治療の新しいターゲット分子候補−HDAC2
  3. フタロシアニン鉄(II) : Phthalocyanine Ir…
  4. 連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒
  5. リビングラジカル重合による高分子材料合成技術【終了】
  6. エノキサシン:Enoxacin
  7. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III) : Tris(2…
  8. ジルコノセン触媒による第一級アミドとアミンのトランスアミド化反応…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ADC薬基礎編: 着想の歴史的背景と小分子薬・抗体薬との比較
  2. ケック ラジカルアリル化反応 Keck Radicallic Allylation
  3. 標的指向、多様性指向合成を目指した反応
  4. 134回日本薬学会年会ケムステ付設展示会キャンペーン!
  5. 高分子を”見る” その1
  6. 英会話イメージリンク習得法―英会話教室に行く前に身につけておきたいネイティブ発想
  7. アピオース apiose
  8. 塩化インジウム(III):Indium(III) Chloride
  9. ニュースの理由・武田、米で6年ぶり大型新薬
  10. シモンズ・スミス反応 Simmons-Smith Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP