[スポンサーリンク]

ケムステニュース

石油化学大手5社、今期の営業利益が過去最高に

石油化学大手の業績が急拡大している。2005年3月期の連結営業利益は最大手の三菱化学が前期比27%増の1250億円強、東ソーも66%増の500億円前後になるのをはじめ、大手5社がそろって過去最高になりそうだ。中国などアジアでの石化製品の市況好転に加え、需給ひっ迫を背景に国内でも製品値上げが進み、原油高などの影響を吸収する。(引用: 日本経済新聞)

 

営業利益が過去最高だそうですね。石油化学大手5社とは三菱化学東ソー旭化成住友化学工業三井化学のことです。現在、需要は中国を中心に拡大が続き、その需給逼迫による好転です。ただ、1バレルあたり50ドルという原油高であるため(約一年前までおおむね二〇ドル台から三〇ドル台で推移していた)原油高の影響が大きい米国や中国の景気が減速すれば、波及は避けられないでしょう。とりわけ、原料・燃料とも石油製品を使用するメーカーは大変ですね。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. アスピリンの梗塞予防検証 慶応大、1万人臨床試験
  2. 米ファイザー、今期業績予想を上方修正・1株利益1.68ドルに
  3. 塩野義 抗インフルエンザ薬を承認申請
  4. 人名反応から学ぶ有機合成戦略
  5. 名城大教授ら会社設立 新素材販売
  6. スイス・ロシュの1―6月期、純利益4%増
  7. ゾイジーンが設計した化合物をベースに新薬開発へ
  8. <理研研究員>「論文3本」の実験データ改ざん

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 高分子と高分子の反応も冷やして加速する
  2. 始まるPCB処理 利便性追求、重い代償
  3. 1,2-還元と1,4-還元
  4. プレプリントサーバー:ジャーナルごとの対応差にご注意を
  5. 諸熊 奎治 Keiji Morokuma
  6. 鄧 青雲 Ching W. Tang
  7. 堀場氏、分析化学の”殿堂”入り
  8. 光電変換機能を有するナノシートの合成
  9. 第24回「アルキル-πエンジニアリングによる分子材料創成」中西尚志 博士
  10. (-)-MTPA-Cl

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズ

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

固体NMR

固体NMR(Solid State NMR)とは、核磁気共鳴 (NMR) 分光法の一種で固体そのもの…

NMRの基礎知識【測定・解析編】

本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP