[スポンサーリンク]

ケムステニュース

石油化学大手5社、今期の営業利益が過去最高に

石油化学大手の業績が急拡大している。2005年3月期の連結営業利益は最大手の三菱化学が前期比27%増の1250億円強、東ソーも66%増の500億円前後になるのをはじめ、大手5社がそろって過去最高になりそうだ。中国などアジアでの石化製品の市況好転に加え、需給ひっ迫を背景に国内でも製品値上げが進み、原油高などの影響を吸収する。(引用: 日本経済新聞)

 

営業利益が過去最高だそうですね。石油化学大手5社とは三菱化学東ソー旭化成住友化学工業三井化学のことです。現在、需要は中国を中心に拡大が続き、その需給逼迫による好転です。ただ、1バレルあたり50ドルという原油高であるため(約一年前までおおむね二〇ドル台から三〇ドル台で推移していた)原油高の影響が大きい米国や中国の景気が減速すれば、波及は避けられないでしょう。とりわけ、原料・燃料とも石油製品を使用するメーカーは大変ですね。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 日本化学界の英文誌 科学分野 ウェッブ公開の世界最速実現
  2. のむ発毛薬の輸入承認 国内初、年内にも発売へ
  3. パッションフルーツに「体内時計」遅らせる働き?
  4. 阪大で2億7千万円超の研究費不正経理が発覚
  5. 静岡大准教授が麻薬所持容疑で逮捕
  6. エレクトライド:大量生産に道--セメント原料から次世代ディスプレ…
  7. グラクソ、糖尿病治療薬「ロシグリタゾン」が単独療法無効のリスクを…
  8. 最も安価なエネルギー源は太陽光発電に

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 投票!2015年ノーベル化学賞は誰の手に??
  2. GRE Chemistry 受験報告 –試験対策編–
  3. 肝はメチル基!? ロルカセリン
  4. 岡大教授が米国化学会賞受賞
  5. 홍 순 혁 Soon Hyeok Hong
  6. 産官学の深耕ー社会への発信+若い力への後押しー第1回CSJ化学フェスタ
  7. マリア フリッツァニ-ステファノポウロス Maria Flytzani-Stephanopoulos
  8. ダフ反応 Duff Reaction
  9. (S,S)-DACH-phenyl Trost ligand
  10. 韮崎大村美術館が27日オープン 女性作家中心に90点展示

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP