[スポンサーリンク]

ケムステニュース

薬の副作用2477症例、HP公開始まる

副作用情報厚生労働省の独立行政法人・医薬品医療機器総合機構は31日、製薬企業が報告した医薬品のすべての副作用情報について、ホームページ(http://www.info.pmda.go.jp)で公開を始めた。

 公開したのは、2004年4月分の副作用情報で、732医薬品の2477症例。患者の性別と年齢、病名、副作用の内容、原因として疑われる薬、併用した薬などを記している。このうち、患者が死亡し副作用が否定できない症例は63例で、最も多いのは肺がん治療薬ゲフィチニブ(商品名イレッサ)の12例だった。(引用:読売新聞

 医薬品の全ての副作用を公開しているサイトだそうです。試しにイレッサリピトールアスピリン等で検索してみました。バイオックスはないようです。

?

?

?

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 中外製薬が工場を集約へ 宇都宮など2カ所に
  2. 長寿企業に学ぶたゆまぬ努力と挑戦
  3. 長井長義の日記など寄贈 明治の薬学者、徳島大へ
  4. 酸化グラフェンに放射性物質を除去する機能が報告される
  5. ストラディバリウスの音色の秘密は「ニス」にあらず
  6. 染色なしで細胞を観察 阪大ベンチャーが新顕微鏡開発
  7. 大日本インキ、中国・上海に全額出資の物流会社
  8. 池袋PARCOで「におい展」開催

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 香りで女性のイライラ解消 長崎大が発見、製品化も
  2. 顕微鏡で有機分子の形が見えた!
  3. ラウリマライドの全合成
  4. ケムステイブニングミキサー2018へ参加しよう!
  5. ブーボー・ブラン還元 Bouveault-Blanc Reduction
  6. Louis A. Carpino ルイス・カルピノ
  7. アレルギー体に抑制力:岐阜薬科大学長ら発見
  8. ミカエリス・アルブゾフ反応 Michaelis-Arbuzov Reaction
  9. 友岡 克彦 Katsuhiko Tomooka
  10. 新規抗生物質となるか。Pleuromutilinsの収束的短工程合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

水素社会実現に向けた連続フロー合成法を新開発

第179回のスポットライトリサーチは、東京大学理学系研究科化学専攻有機合成化学教室の宮村浩之先生にお…

【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

アルケニルアミドに2つアリールを入れる

ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

アメリカで医者にかかる

アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP