[スポンサーリンク]

ケムステニュース

薬の副作用2477症例、HP公開始まる

[スポンサーリンク]

副作用情報厚生労働省の独立行政法人・医薬品医療機器総合機構は31日、製薬企業が報告した医薬品のすべての副作用情報について、ホームページ(http://www.info.pmda.go.jp)で公開を始めた。

 公開したのは、2004年4月分の副作用情報で、732医薬品の2477症例。患者の性別と年齢、病名、副作用の内容、原因として疑われる薬、併用した薬などを記している。このうち、患者が死亡し副作用が否定できない症例は63例で、最も多いのは肺がん治療薬ゲフィチニブ(商品名イレッサ)の12例だった。(引用:読売新聞

 医薬品の全ての副作用を公開しているサイトだそうです。試しにイレッサリピトールアスピリン等で検索してみました。バイオックスはないようです。

?

?

?

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 三菱化学、より自然光に近い白色LED用の材料開発
  2. 平成をケムステニュースで振り返る
  3. 住友化学、硫安フリーのラクタム製法でものづくり大賞
  4. アセチレン、常温で圧縮成功
  5. 疑惑の論文200本発見 米大が盗作探知プログラム開発
  6. 米FDA立て続けに抗肥満薬承認:Qsymia承認取得
  7. GoogleがVRラボを提供 / VRで化学の得点を競うシミュレ…
  8. 2009年10大化学ニュース【Part2】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第四回 ケムステVシンポ「持続可能社会をつくるバイオプラスチック」
  2. バートン・ザード ピロール合成 Barton-Zard Pyrrole Synthesis
  3. 生体分子機械の集団運動の制御に成功:環境適応能や自己修復機能の発見
  4. 杏林製薬 耳鳴り治療薬「ネラメキサン」の開発継続
  5. ぼっち学会参加の極意
  6. イトムカ鉱山
  7. 究極の脱水溶媒 Super2(スーパー スクエア):関東化学
  8. 二水素錯体 Dihydrogen Complexes
  9. 日本化学会:次期会長に藤嶋昭氏を選出--初の直接選挙で
  10. リチャード・ゼア Richard N. Zare

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

特許情報から読み解く大手化学メーカーの比較

前回のIR情報から読み解く大手化学メーカーの比較では、IR情報からわかる売上や収益で比較を行いました…

千田憲孝 Noritaka Chida

千田憲孝(ちだ のりたか)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。慶應義塾大学理工学部教授。…

荷電処理が一切不要な振動発電素子を創る~有機EL材料の新しい展開~

第262回のスポットライトリサーチは、千葉大学先進科学センター・石井久夫研究室 助教の田中有弥さんに…

京都府福知山市消防本部にて化学消防ポンプ車の運用開始 ~消火のケミストリー~

京都府福知山市消防本部はこのほど、工場火災などで威力を発揮する化学消防ポンプ自動車の運用を始めた。化…

第91回―「短寿命化学種の分光学」Daniel Neumark教授

第91回の海外化学者インタビューは、ダニエル・ノイマルク教授です。カリフォルニア大学バークレー校化学…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP