[スポンサーリンク]

ケムステニュース

薬の副作用2477症例、HP公開始まる

副作用情報厚生労働省の独立行政法人・医薬品医療機器総合機構は31日、製薬企業が報告した医薬品のすべての副作用情報について、ホームページ(http://www.info.pmda.go.jp)で公開を始めた。

 公開したのは、2004年4月分の副作用情報で、732医薬品の2477症例。患者の性別と年齢、病名、副作用の内容、原因として疑われる薬、併用した薬などを記している。このうち、患者が死亡し副作用が否定できない症例は63例で、最も多いのは肺がん治療薬ゲフィチニブ(商品名イレッサ)の12例だった。(引用:読売新聞

 医薬品の全ての副作用を公開しているサイトだそうです。試しにイレッサリピトールアスピリン等で検索してみました。バイオックスはないようです。

?

?

?

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. お茶の水女子大学と奈良女子大学がタッグを組む!
  2. 水素化ホウ素ナトリウムを使う超小型燃料電池を開発
  3. がん細胞を狙い撃ち 田澤富山医薬大教授ら温熱治療新装置 体内に「…
  4. iPhone7は世界最強の酸に耐性があることが判明?
  5. CETP阻害剤ピンチ!米イーライリリーも開発中止
  6. ノーベル医学生理学賞、米の2氏に
  7. 米ファイザー、感染予防薬のバイキュロンを買収
  8. 112番元素にコペルニクスに因んだ名前を提案

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. とある農薬のはなし「クロロタロニル」について 
  2. 新規糖尿病治療薬「DPPIV阻害剤」‐熾烈な開発競争
  3. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑧
  4. みんなーフィラデルフィアに行きたいかー!
  5. デーブナー・フォン=ミラー キノリン合成 Doebner-von Miller quinoline synthesis
  6. Post-Itのはなし ~吸盤ではない 2~
  7. セルロース由来バイオ燃料にイオン液体が救世主!?
  8. Googleマイマップを持って学会に出かけよう!
  9. 浜地 格 Itaru Hamachi
  10. システインから無機硫黄を取り出す酵素反応の瞬間を捉える

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

宮沢賢治の元素図鑑

概要本書は宮沢賢治の作品に登場する元素を取り上げ、作品を入り口として各元素について解説した書…

電子豊富芳香環に対する触媒的芳香族求核置換反応

2017年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・David Nicewiczらは、可視光レドックス触…

毛染めでのアレルギー大幅低減へ ~日華化学がヘアカラー用染料開発~

日華化学(本社福井県福井市、江守康昌社長)は、髪へのダメージや頭皮への刺激がなく、アレルギーのリスク…

スナップタグ SNAP-tag

スナップタグ(SNAP-tag)は、特定のタンパク質だけを化学標識したいときに、目印として融合発現さ…

フラッシュ自動精製装置に新たな対抗馬!?: Reveleris(リベラリス)

シリカゲルクロマトグラフィーを機械にやっていただき時間や場所、溶媒などを削減できるフラッシュ自動精製…

“結び目”をストッパーに使ったロタキサンの形成

分子ノットの嵩高さを利用した新規ロタキサンを合成した。末端に分子ノットをストッパーとして形成すること…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP