[スポンサーリンク]

ケムステニュース

薬の副作用2477症例、HP公開始まる

[スポンサーリンク]

副作用情報厚生労働省の独立行政法人・医薬品医療機器総合機構は31日、製薬企業が報告した医薬品のすべての副作用情報について、ホームページ(http://www.info.pmda.go.jp)で公開を始めた。

 公開したのは、2004年4月分の副作用情報で、732医薬品の2477症例。患者の性別と年齢、病名、副作用の内容、原因として疑われる薬、併用した薬などを記している。このうち、患者が死亡し副作用が否定できない症例は63例で、最も多いのは肺がん治療薬ゲフィチニブ(商品名イレッサ)の12例だった。(引用:読売新聞

 医薬品の全ての副作用を公開しているサイトだそうです。試しにイレッサリピトールアスピリン等で検索してみました。バイオックスはないようです。

?

?

?

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 2007年文化勲章・文化功労者決定
  2. 小6、危険物取扱者乙種全類に合格 「中学で理科実験楽しみ」
  3. アスピリンの梗塞予防検証 慶応大、1万人臨床試験
  4. がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却…
  5. 新コース開講! 東大発の無料オンライン英語講座!
  6. 核のごみを貴金属に 現代の錬金術、実験へ
  7. よくわかる最新元素の基本と仕組み
  8. 盗難かと思ったら紛失 千葉の病院で毒薬ずさん管理

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. トップ・ドラッグ―その合成ルートをさぐる
  2. DOWとはどんな会社?-1
  3. ペイドン・ヤン Peidong Yang
  4. テキサス大教授Science論文捏造か?
  5. ウォルフガング-クローティル Wolfgang Kroutil
  6. 最新有機合成法: 設計と戦略
  7. ペプチドのらせんフォールディングを経る多孔性配位高分子の創製
  8. メタロペプチド触媒を用いるFc領域選択的な抗体修飾法
  9. ワイス反応 Weiss Reaction
  10. 秋田英万 Akita Hidetaka

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2006年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  

注目情報

注目情報

最新記事

KISTECおもちゃレスキュー こども救急隊・こども鑑識隊

おもちゃレスキューに君も入隊しよう!大事なおもちゃがこわれたら、どうしますか? …

ポンコツ博士研究員の海外奮闘録 〜コロナモラトリアム編〜

事実は小説より奇なり。「博士系なろう」という新ジャンルの開拓を目指し,博士を経て得られた文章力を全力…

乙卯研究所 研究員募集

公益財団法人乙卯研究所から研究員募集のお知らせです。自分自身でテーマを決めて好きな有機化学の研究…

SNSコンテスト企画『集まれ、みんなのラボのDIY!』

先日公開されたこちらのケムステ記事と動画、皆さんご覧になって頂けましたでしょうか?https…

可視光レドックス触媒と有機蓄光の融合 〜大気安定かつ高性能な有機蓄光の実現〜

第351回のスポットライトリサーチは、九州大学 安達・中野谷研究室 で研究をされていた陣内 和哉さん…

可視光全域を利用できるレドックス光増感剤

東京工業大学 理学院 化学系の玉置悠祐助教、入倉茉里大学院生および石谷治教授は、新たに合成したオスミ…

【ジーシー】新卒採用情報(2023卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

有機合成のための新触媒反応101

(さらに…)…

化学者のためのエレクトロニクス講座~電解ニッケルめっき編~

この化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLEDなど、エレク…

その病気、市販薬で治せます

(さらに…)…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP