[スポンサーリンク]

A

アマドリ転位 Amadori Rearrangement

[スポンサーリンク]

窒素化合物→窒素化合物、ケトン

 

概要

N-グリコシド化合物は酸性もしくは塩基性条件下に転位を起こし、アミノケトンを与える。食品の加工や貯蔵の際に生じる、製品の着色、香気成分の生成、抗酸化性成分の生成等に関わる反応であるメイラード反応の中間体であり、アマドリ転位で得られた化合物はアマドリ転位生成物と呼ばれる。

基本文献

  • Amadori, M. Atti accad. nazl. Lincei. 19252, 337.
  • ibid.1926, 20, 902.
  • ibid. 1929, 9, 68 & 226.
  • ibid.1929, 23, 3221 & 3443.
  • Isbell, H. S.; Frush, H. L. J. Org. Chem.195823, 1309. DOI: 10.1021/jo01103a019

 

反応機構

amadori_rearr_2.gif

反応例

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

関連書籍

外部リンク

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. アシル系保護基 Acyl Protective Group
  2. ビニルシクロプロパン転位 Vinylcyclopropane R…
  3. レイングルーバー・バッチョ インドール合成 Leimgruber…
  4. ハウザー・クラウス環形成反応 Hauser-Kraus Annu…
  5. リンドラー還元 Lindlar Reduction
  6. チオール-エン反応 Thiol-ene Reaction
  7. カバチニク・フィールズ反応 Kabachnik-Fields R…
  8. 2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Pro…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フォン・ペックマン反応 von Pechmann Reaction
  2. 電気刺激により電子伝導性と白色発光を発現するヨウ素内包カーボンナノリング
  3. アサートン・トッド反応 Atherton-Todd Reaction
  4. 元素の和名わかりますか?
  5. 理系のための就活ガイド
  6. 秋の褒章2009 -化学-
  7. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)
  8. ナノグラムの油状試料もなんのその!結晶に封じて分子構造を一発解析!
  9. アミンの新合成法
  10. 信越化学1四半期決算…自動車や電気向け好調で増収増益

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Carl Boschの人生 その6

Tshozoです。安価で活性の高い触媒を見出した前回のつづき、早速いきます。(2)産業界との連携…

第80回―「グリーンな変換を実現する有機金属触媒」David Milstein教授

第80回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・ミルスタイン教授です。ワイツマン化学研究所の有機化学…

自己修復性高分子研究を異種架橋高分子の革新的接着に展開

第257回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 大学院物質理工学院・鶴岡あゆ子さんにお願いしまし…

コロナウイルス関連記事 まとめ

新型コロナウイルスの影響で、キャンパスが閉鎖となる大学も増えてきていますね。私の周りでは、コロナウイ…

機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する

第256回のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)・錯体化学触媒ユニット 狩俣…

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP