[スポンサーリンク]

A

アマドリ転位 Amadori Rearrangement

窒素化合物→窒素化合物、ケトン

 

概要

N-グリコシド化合物は酸性もしくは塩基性条件下に転位を起こし、アミノケトンを与える。食品の加工や貯蔵の際に生じる、製品の着色、香気成分の生成、抗酸化性成分の生成等に関わる反応であるメイラード反応の中間体であり、アマドリ転位で得られた化合物はアマドリ転位生成物と呼ばれる。

基本文献

  • Amadori, M. Atti accad. nazl. Lincei. 19252, 337.
  • ibid.1926, 20, 902.
  • ibid. 1929, 9, 68 & 226.
  • ibid.1929, 23, 3221 & 3443.
  • Isbell, H. S.; Frush, H. L. J. Org. Chem.195823, 1309. DOI: 10.1021/jo01103a019

 

反応機構

amadori_rearr_2.gif

反応例

実験手順

実験のコツ・テクニック

参考文献

関連書籍

外部リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. ケック マクロラクトン化 Keck Macrolactoniza…
  2. ヒドロシリル化反応 Hydrosilylation
  3. N末端選択的タンパク質修飾反応 N-Terminus Selec…
  4. プリリツェフ エポキシ化 Prilezhaev Epoxidat…
  5. ヘメツバーガー インドール合成 Hemetsberger Ind…
  6. カガン・モランダーカップリング Kagan-Molander C…
  7. ウルツ反応 Wurtz Reaction
  8. コーリー・バクシ・柴田還元 Corey-Bakshi-Shiba…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 最後に残ったストリゴラクトン
  2. ボールドウィン則 Baldwin’s Rule
  3. あなたの体の中の”毒ガス”
  4. 芝哲夫氏死去(大阪大名誉教授・有機化学)
  5. モザイクワクチン HIVから人類を守る救世主となるか
  6. アントンパール 「Monowave300」: マイクロ波有機合成の新武器
  7. レイングルーバー・バッチョ インドール合成 Leimgruber-Batcho indole synthesis
  8. 分子標的薬、手探り続く
  9. 研究室ですぐに使える 有機合成の定番レシピ
  10. 中外製薬が工場を集約へ 宇都宮など2カ所に

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)

今年もあともう少しですね。私は中国の大学院で研究を行っている日本人です。このChem-Sta…

有機合成化学の豆知識botを作ってみた

皆さんこんにちは。めっきり実験から退き、教育係+マネジメント係になってしまったcosineです。…

デニス・ドーハティ Dennis A. Dougherty

デニス・A・ドーハティ(Dennis A. Dougherty、1952年12月4日-)は、米国の物…

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP