[スポンサーリンク]

archives

カプサイシンβ-D-グルコピラノシド : Capsaicin beta-D-Glucopyranoside

C2548.gif

辛くないカプサイシン

唐辛子の辛味をもたらす主成分であるカプサイシンは,体内に吸収されるとアドレナリンの分泌を活発にし,発汗および強心作用を促す生理活性化合物です。濱田らが開発したカプサイシンβ-D-グルコピラノシドは,カプサイシンの配糖体であり,辛味がなく,生体内で糖部分が加水分解されるためカプサイシンの生理作用を示すことが報告されています。
*本品は岡山理科大学理学部・濱田博喜先生のご指導のもとに製品化したものです。

H. Hamada, K. Nishida, T. Furuya, K. Ishihara, N. Nakajima, J. Mol. Catal. B: Enzym. 2001, 16, 115; H. Katsuragi, K. Shimoda, R. Yamamoto, K. Ishihara, H. Hamada, Biochem. Insights 2011, 4, 1; K. Shimoda, H. Hamada, TCIメール 2011, number 151, 2.

関連記事

  1. PdCl2(dppf)
  2. ケムステの記事を導出しています
  3. 免疫不応答の抗原抗体反応を利用できるハプテン標識化試薬
  4. 水素化ほう素ナトリウム : Sodium Borohydride…
  5. トシルヒドラゾンを経由するカルボニル化合物の脱酸素ヒドロフッ素化…
  6. ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成
  7. ビス(トリフェニルホスフィン)パラジウム(II)ジクロリド:Bi…
  8. TFEDMA

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ブラウンヒドロホウ素化反応 Brown Hydroboration
  2. ボールペンなどのグリップのはなし
  3. エドマン分解 Edman Degradation
  4. ホウ素 Boron -ホウ酸だんごから耐火ガラスまで
  5. Wiiで育てる科学の心
  6. チロシン選択的タンパク質修飾反応 Tyr-Selective Protein Modification
  7. チアゾリジンチオン
  8. スティーブン・ヴァン・スライク Steven Van Slyke
  9. Nature Chemistry:Research Highlight
  10. 二酸化炭素の工業用有機材料への利用とその作製技術

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

典型元素触媒による水素を還元剤とする第一級アミンの還元的アルキル化

第149回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科 博士後期課程3年の木下 拓也 (きの…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP