[スポンサーリンク]

archives

カプサイシンβ-D-グルコピラノシド : Capsaicin beta-D-Glucopyranoside

C2548.gif

辛くないカプサイシン

唐辛子の辛味をもたらす主成分であるカプサイシンは,体内に吸収されるとアドレナリンの分泌を活発にし,発汗および強心作用を促す生理活性化合物です。濱田らが開発したカプサイシンβ-D-グルコピラノシドは,カプサイシンの配糖体であり,辛味がなく,生体内で糖部分が加水分解されるためカプサイシンの生理作用を示すことが報告されています。
*本品は岡山理科大学理学部・濱田博喜先生のご指導のもとに製品化したものです。

H. Hamada, K. Nishida, T. Furuya, K. Ishihara, N. Nakajima, J. Mol. Catal. B: Enzym. 2001, 16, 115; H. Katsuragi, K. Shimoda, R. Yamamoto, K. Ishihara, H. Hamada, Biochem. Insights 2011, 4, 1; K. Shimoda, H. Hamada, TCIメール 2011, number 151, 2.

関連記事

  1. Nsアミン誘導体
  2. pre-MIBSK ~Dess-Martin試薬と比べ低コスト・…
  3. スケールアップ実験スピードアップ化と経済性計算【終了】
  4. tert-ブチルメルカプタン:tert-Butyl Mercap…
  5. テトラキス[3,5-ビス(トリフルオロメチル)フェニル]ほう酸ナ…
  6. トリ-tert-ブチルホスホニウムテトラフルオロボラート:Tri…
  7. 位置およびエナンチオ選択的Diels-Alder反応に有効な不斉…
  8. GlycoProfile アジド糖

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(6年目)(留学後編)
  2. 既存の農薬で乾燥耐性のある植物を育てる
  3. 脂肪燃やすアミノ酸に効果 「カルニチン」にお墨付き
  4. 日本電子の米国法人、有機物を非破壊検出できるイオン源を開発
  5. アルメニア初の化学系国際学会に行ってきた!①
  6. カリウム Potassium 細胞内に多量に含まれる元素
  7. 合成生物学を疾病治療に応用する
  8. ノーベル化学賞、米・イスラエルの3氏に授与
  9. 実例で分かるスケールアップの原理と晶析【終了】
  10. ナトリウム Sodium -食塩やベーキングパウダーに使用

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

北エステル化反応 Kita Esterification

概要ルテニウム触媒存在下、エチニルエチルエーテル試薬を脱水剤として用い、カルボン酸とアルコールか…

一人二役のフタルイミドが位置までも制御する

N-ヒドロキシフタルイミドを用いる逆マルコフニコフ型のヒドロアミノ化が報告された。遷移金属触媒および…

ジアゾニウム塩が開始剤と捕捉剤を“兼務”する

アリールジアゾニウム塩を用いたプレニルカルバマート/ウレアのシクロアミノジアゾ化反応が開発された。入…

パラジウム光触媒が促進するHAT過程:アルコールの脱水素反応への展開

2016年、イリノイ大学シカゴ校・Vladimir Gevorgyanらは、Pd(0)触媒の共存下、…

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

PAGE TOP