[スポンサーリンク]

archives

カプサイシンβ-D-グルコピラノシド : Capsaicin beta-D-Glucopyranoside

[スポンサーリンク]

C2548.gif

辛くないカプサイシン

唐辛子の辛味をもたらす主成分であるカプサイシンは,体内に吸収されるとアドレナリンの分泌を活発にし,発汗および強心作用を促す生理活性化合物です。濱田らが開発したカプサイシンβ-D-グルコピラノシドは,カプサイシンの配糖体であり,辛味がなく,生体内で糖部分が加水分解されるためカプサイシンの生理作用を示すことが報告されています。
*本品は岡山理科大学理学部・濱田博喜先生のご指導のもとに製品化したものです。

H. Hamada, K. Nishida, T. Furuya, K. Ishihara, N. Nakajima, J. Mol. Catal. B: Enzym. 2001, 16, 115; H. Katsuragi, K. Shimoda, R. Yamamoto, K. Ishihara, H. Hamada, Biochem. Insights 2011, 4, 1; K. Shimoda, H. Hamada, TCIメール 2011, number 151, 2.

関連記事

  1. ショウガに含まれる辛味成分
  2. [12]シクロパラフェニレン : [12]Cycloparaph…
  3. (S,S)-(-)-2,2′-イソプロピリデンビス(…
  4. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Palladium(II…
  5. リビングラジカル重合による高分子材料合成技術【終了】
  6. イソプロポキシボロン酸ピナコール:Isopropoxyboron…
  7. 4,4,5,5-テトラメチル-1,3,2-ジオキサホスホラン2-…
  8. マイクロリアクター徹底活用セミナー【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ジョージ・クラフォード M. George Craford
  2. 有機化学の理論―学生の質問に答えるノート
  3. “関節技”でグリコシル化を極める!
  4. 掃除してますか?FTIR-DRIFTチャンバー
  5. ハートウィグ・宮浦C-Hホウ素化反応 Hartwig-Miyaura C-H Borylation
  6. 論文チェックと文献管理にお困りの方へ:私が実際に行っている方法を教えます!
  7. NMRの基礎知識【測定・解析編】
  8. 三菱化学、来年3月にナイロン原料の外販事業から撤退=事業環境悪化で
  9. 富山化学 新規メカニズムの抗インフルエンザ薬を承認申請
  10. アセタール還元によるエーテル合成 Ether Synthesis by Reduction of Acetal

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

韓国へ輸出される半導体材料とその優遇除外措置について

経済産業省は1日、日韓の信頼関係が著しく損なわれたと判断し、韓国向けの輸出管理を強化すると発表した。…

Mestre NovaでNMRを解析してみよう

日本ではJEOLのマシンが普及していることもあり、DeltaでNMRの解析をしている人が多いとは思い…

奈良坂・プラサード還元 Narasaka-Prasad Reduction

概要βヒドロキシケトンを立体選択的に還元し、syn-1,3-ジオールを与える方法。anti-1,…

CASがSciFinder-nの画期的逆合成プランナーの発表で研究・開発の生産性向上を促進

CAS launched a computer-aided retrosynthetic analy…

CRISPR(クリスパー)

CRISPRは、clustered regularly interspaced short pali…

緑膿菌の代謝産物をヒトの薬剤に

緑膿菌の代謝産物であるPseudomonas quinolone signal(PQS)を有機合成化…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP