[スポンサーリンク]

archives

カプサイシンβ-D-グルコピラノシド : Capsaicin beta-D-Glucopyranoside

C2548.gif

辛くないカプサイシン

唐辛子の辛味をもたらす主成分であるカプサイシンは,体内に吸収されるとアドレナリンの分泌を活発にし,発汗および強心作用を促す生理活性化合物です。濱田らが開発したカプサイシンβ-D-グルコピラノシドは,カプサイシンの配糖体であり,辛味がなく,生体内で糖部分が加水分解されるためカプサイシンの生理作用を示すことが報告されています。
*本品は岡山理科大学理学部・濱田博喜先生のご指導のもとに製品化したものです。

H. Hamada, K. Nishida, T. Furuya, K. Ishihara, N. Nakajima, J. Mol. Catal. B: Enzym. 2001, 16, 115; H. Katsuragi, K. Shimoda, R. Yamamoto, K. Ishihara, H. Hamada, Biochem. Insights 2011, 4, 1; K. Shimoda, H. Hamada, TCIメール 2011, number 151, 2.

関連記事

  1. 乳化剤の基礎とエマルション状態の評価【終了】
  2. トリフルオロ酢酸パラジウム(II) : Trifluoroace…
  3. シアヌル酸クロリド:2,4,6-Trichloro-1,3,5-…
  4. N-ヨードサッカリン:N-Iodosaccharin
  5. オルトチタン酸テトライソプロピル:Tetraisopropyl …
  6. テトラブチルアンモニウムジフルオロトリフェニルシリカート:Tet…
  7. ロジウム(II)アセタート (ダイマー):Rhodium(II)…
  8. AgOTf/CuI共触媒によるN-イミノイソキノリニウムのタンデ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ジョン・フレシェ Jean M. J. Frechet
  2. 有機反応を俯瞰するシリーズーまとめ
  3. 僅か3時間でヒトのテロメア長を検出!
  4. 三井化学、出光興産と有機EL材料の協業体制構築で合意
  5. 炭素-炭素結合活性化反応 C-C Bond Activation
  6. 目が見えるようになる薬
  7. ADC薬基礎編: 着想の歴史的背景と小分子薬・抗体薬との比較
  8. Google日本語入力の専門用語サジェストが凄すぎる件:化学編
  9. 炭素文明論「元素の王者」が歴史を動かす
  10. 有名研究者の論文であったとしても

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

有機反応を俯瞰する ー縮合反応

今回は、高校化学でも登場する有機反応であるエステル合成反応を中心に、その反応が起こるメカニズムを解説…

ご長寿化学者の記録を調べてみた

先日、G. Stork教授の論文に関するポストがありました。御年95歳という研究者でありながら、学術…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP