[スポンサーリンク]

archives

カプサイシンβ-D-グルコピラノシド : Capsaicin beta-D-Glucopyranoside

C2548.gif

辛くないカプサイシン

唐辛子の辛味をもたらす主成分であるカプサイシンは,体内に吸収されるとアドレナリンの分泌を活発にし,発汗および強心作用を促す生理活性化合物です。濱田らが開発したカプサイシンβ-D-グルコピラノシドは,カプサイシンの配糖体であり,辛味がなく,生体内で糖部分が加水分解されるためカプサイシンの生理作用を示すことが報告されています。
*本品は岡山理科大学理学部・濱田博喜先生のご指導のもとに製品化したものです。

H. Hamada, K. Nishida, T. Furuya, K. Ishihara, N. Nakajima, J. Mol. Catal. B: Enzym. 2001, 16, 115; H. Katsuragi, K. Shimoda, R. Yamamoto, K. Ishihara, H. Hamada, Biochem. Insights 2011, 4, 1; K. Shimoda, H. Hamada, TCIメール 2011, number 151, 2.

関連記事

  1. 若手&高分子を専門としていない人のための『速習 高分子化学 入門…
  2. 触媒の貴金属低減化、劣化対策の技術動向【終了】
  3. Hantzschエステル:Hantzch Ester
  4. ロジウム(I)触媒を用いるアリールニトリルの炭素‐シアノ基選択的…
  5. DAST類縁体
  6. メーカーで反応性が違う?パラジウムカーボンの反応活性
  7. (S,S)-(-)-2,2′-イソプロピリデンビス(…
  8. 日本化学会と対談してきました

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 研究室ですぐに使える 有機合成の定番レシピ
  2. 「超分子重合によるp-nヘテロ接合の構築」― インド国立学際科学技術研究所・Ajayaghosh研より
  3. 【第一三共】抗血小板薬「プラスグレル」が初承認‐欧州で販売へ
  4. ファヴォルスキー転位 Favorskii Rearrangement
  5. 新たな製品から未承認成分検出 大津の会社製造
  6. カーボンナノチューブの毒性を和らげる長さ
  7. 抗がん剤などの原料の新製造法
  8. The Art of Problem Solving in Organic Chemistry
  9. 子供と一緒にネットで化学実験を楽しもう!
  10. オレフィンメタセシス Olefin Metathesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP