[スポンサーリンク]

archives

カプサイシンβ-D-グルコピラノシド : Capsaicin beta-D-Glucopyranoside

C2548.gif

辛くないカプサイシン

唐辛子の辛味をもたらす主成分であるカプサイシンは,体内に吸収されるとアドレナリンの分泌を活発にし,発汗および強心作用を促す生理活性化合物です。濱田らが開発したカプサイシンβ-D-グルコピラノシドは,カプサイシンの配糖体であり,辛味がなく,生体内で糖部分が加水分解されるためカプサイシンの生理作用を示すことが報告されています。
*本品は岡山理科大学理学部・濱田博喜先生のご指導のもとに製品化したものです。

H. Hamada, K. Nishida, T. Furuya, K. Ishihara, N. Nakajima, J. Mol. Catal. B: Enzym. 2001, 16, 115; H. Katsuragi, K. Shimoda, R. Yamamoto, K. Ishihara, H. Hamada, Biochem. Insights 2011, 4, 1; K. Shimoda, H. Hamada, TCIメール 2011, number 151, 2.

関連記事

  1. 高分子材料中の微小異物分析技術の実際【終了】
  2. 研究者・開発者に必要なマーケティング技術と活用方法【終了】
  3. ケムステ新コンテンツ「化学地球儀」
  4. 酢酸鉄(II):Acetic Acid Iron(II) Sal…
  5. 次世代分離膜の開発、実用化動向と用途展開 完全網羅セミナー
  6. 2,4,6-トリイソプロピルベンゼンスルホニルクロリド:2,4,…
  7. ヒストン脱アセチル化酵素8(HDAC8)選択的阻害剤
  8. ケテンジチオアセタール化による一炭素増炭反応

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 植村酸化 Uemura Oxidation
  2. 味の素、アミノ酸の最大工場がブラジルに完成
  3. ナノテクノロジー関連の特許が多すぎる問題
  4. ソウル大教授Nature Materials論文捏造か?
  5. 書物から学ぶ有機化学 1
  6. ファージディスプレイでシステイン修飾法の配列選択性を見いだす
  7. 決め手はケイ素!身体の中を透視する「分子の千里眼」登場
  8. 岡本佳男 Yoshio Okamoto
  9. 芳香族化合物のスルホン化 Sulfonylation of Aromatic Compound
  10. FT-IR・ラマン ユーザーズフォーラム 2015

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ライトケミカル工業株式会社ってどんな会社?

ライトケミカル工業は自社製品を持たず、研究開発もしない、更に営業マンもいない独立資本の受託専門会社(…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2018」を発表

9月20日、クラリベイト・アナリティクス社から2018年の引用栄誉賞が発表されました。本賞は…

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

PAGE TOP