[スポンサーリンク]

archives

カプサイシンβ-D-グルコピラノシド : Capsaicin beta-D-Glucopyranoside

C2548.gif

辛くないカプサイシン

唐辛子の辛味をもたらす主成分であるカプサイシンは,体内に吸収されるとアドレナリンの分泌を活発にし,発汗および強心作用を促す生理活性化合物です。濱田らが開発したカプサイシンβ-D-グルコピラノシドは,カプサイシンの配糖体であり,辛味がなく,生体内で糖部分が加水分解されるためカプサイシンの生理作用を示すことが報告されています。
*本品は岡山理科大学理学部・濱田博喜先生のご指導のもとに製品化したものです。

H. Hamada, K. Nishida, T. Furuya, K. Ishihara, N. Nakajima, J. Mol. Catal. B: Enzym. 2001, 16, 115; H. Katsuragi, K. Shimoda, R. Yamamoto, K. Ishihara, H. Hamada, Biochem. Insights 2011, 4, 1; K. Shimoda, H. Hamada, TCIメール 2011, number 151, 2.

関連記事

  1. マイクロリアクターで新時代!先取りセミナー 【終了】
  2. 有機・高分子合成における脱”レアメタル”…
  3. 新しい選択的ヨウ素化試薬
  4. サーバーを移転しました
  5. ジメシチルフルオロボラン:Dimesitylfluorobora…
  6. 化合物太陽電池の開発・作製プロセスと 市場展開の可能性【終了】
  7. ピバロイルクロリド:Pivaloyl Chloride
  8. カルノシン酸 : Carnosic Acid

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. テオ・グレイ Theodore Gray
  2. 黒田 一幸 Kazuyuki Kuroda
  3. 林 民生 Tamio Hayashi
  4. 新たな特殊ペプチド合成を切り拓く「コドンボックスの人工分割」
  5. 特許庁「グリーン早期審査・早期審理」の試行開始
  6. 安達 千波矢 Chihaya Adachi
  7. 分子情報・バイオ2研究センター 九大開設
  8. 脳を透明化する手法をまとめてみた
  9. 平尾一郎 Ichiro Hirao
  10. ユニバーサル・フェーズセパレーター発売

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

持続可能性社会を拓くバイオミメティクス

内容生物に学ぶ考え方は,ナイロンに見られるように古くからあった.近年,ナノテクノロジーの飛躍…

鉄カルベン活性種を用いるsp3 C-Hアルキル化

2017年、イリノイ大学 M. Christina Whiteらは鉄フタロシアニン触媒から生成するメ…

「生合成に基づいた網羅的な天然物全合成」—カリフォルニア大学バークレー校・Sarpong研より

「ケムステ海外研究記」の第19回目は、向井健さんにお願いしました。向井さんはカリフォルニア大…

研究者向けプロフィールサービス徹底比較!

研究者にとって、業績を適切に管理しアピールすることは重要です。以前にも少し触れましたが、科研費の審査…

天然有機化合物の全合成:独創的なものづくりの反応と戦略

概要生物活性天然有機化合物(天然物)は生命の40億年にわたる進化によって選択された高機能分子…

細菌を取り巻く生体ポリマーの意外な化学修飾

地球上に最もたくさんある有機化合物は何でしょう?それは、野菜や果物、紙、Tシャツ、木材、etc…身の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP