[スポンサーリンク]

archives

カプサイシンβ-D-グルコピラノシド : Capsaicin beta-D-Glucopyranoside

C2548.gif

辛くないカプサイシン

唐辛子の辛味をもたらす主成分であるカプサイシンは,体内に吸収されるとアドレナリンの分泌を活発にし,発汗および強心作用を促す生理活性化合物です。濱田らが開発したカプサイシンβ-D-グルコピラノシドは,カプサイシンの配糖体であり,辛味がなく,生体内で糖部分が加水分解されるためカプサイシンの生理作用を示すことが報告されています。
*本品は岡山理科大学理学部・濱田博喜先生のご指導のもとに製品化したものです。

H. Hamada, K. Nishida, T. Furuya, K. Ishihara, N. Nakajima, J. Mol. Catal. B: Enzym. 2001, 16, 115; H. Katsuragi, K. Shimoda, R. Yamamoto, K. Ishihara, H. Hamada, Biochem. Insights 2011, 4, 1; K. Shimoda, H. Hamada, TCIメール 2011, number 151, 2.

関連記事

  1. Nsアミン誘導体
  2. 統合失調症治療の新しいターゲット分子候補−HDAC2
  3. HTTPS化とサーバー移転
  4. DABを用いた一級アミノ基の選択的保護および脱保護反応
  5. アクティブボロン酸~ヘテロ芳香環のクロスカップリングに~
  6. グラファイト、グラフェン、ナノグラフェンの構造と電子・磁気機能【…
  7. イオン液体のリチウムイオン電池向け電解液・ ゲル電解質への応用【…
  8. ロジウム(II)アセタート (ダイマー):Rhodium(II)…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ハーバート・ブラウン Herbert C. Brown
  2. メーヤワイン試薬 Meerwein Reagent
  3. ホーナー・ワズワース・エモンス反応 Horner-Wadsworth-Emmons (HWE) Reaction
  4. 銅触媒と可視光が促進させる不斉四置換炭素構築型C-Nカップリング反応
  5. 【速報】新元素4つの名称が発表:日本発113番元素は「ニホニウム」!
  6. 水素 Hydrogen -最も基本的な元素で、燃料電池の原料
  7. 3.11 14:46 ③ 復興へ、震災を教訓として
  8. 核酸塩基は4つだけではない
  9. カーン グリコシド化反応 Kahne Glycosidation
  10. 米化学大手デュポン、EPAと和解か=新生児への汚染めぐり

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ケミカルタイムズ 紹介記事シリーズ

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。2…

光触媒ーパラジウム協働系によるアミンのC-Hアリル化反応

2015年、華中師範大学のWen-Jing Xiao・ Liang-Qiu Luらは、アミンα位での…

蓄電池 Battery

蓄電池 (Battery) とは電池の一種です.二次電池またはバッテリーとも呼ばれ,充放電が可能な電…

アメリカ大学院留学:実験TAと成績評価の裏側

前回、アメリカの大学院でのティーチングアシスタント(TA)について、講義TAの様子を紹介しました(ア…

有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズ

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

固体NMR

固体NMR(Solid State NMR)とは、核磁気共鳴 (NMR) 分光法の一種で固体そのもの…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP