[スポンサーリンク]

ケムステニュース

松本和子氏がIUPACのVice Presidentに選出される

松本和子?第43回IUPAC総会(中国、北京)の会期中に開催されたカウンシル会議(8/21)において松本和子氏(早大教授)が次期Vice President に選出されました。
任期は2006年1月~2007年12月末までで、Vice Presidentは次期にPresident(任期 2008年~2009年)に就任します。
1919年IUPAC設立以来、女性化学者がIUPAC Presidentに就任するのは初めてです。(引用:日本化学会)(写真:早稲田大学理工学部化学科松本和子 研究室)

?

 日本人がIUPAC( 国際純正・応用化学連合 )の会長になるというのは、日本人では長倉三郎(1981-1983, 現日本学士院長)以来2人目で、女性化学者では初めてです。

IUPACは元素名の決定や化合物の命名法、化学単位の決定、Pure and Applied Chemistryなどの雑誌を刊行するなどの事業を行っています。

関連書籍

有機化学変換のIUPAC命名法―その名称および記号・線形表示

?

関連リンク

化合物命名法談義

IUPAC Nomenclature

早稲田大学理工学部化学科松本和子 研究室

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。
webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ノーベル医学生理学賞、米の2氏に
  2. 人の鼻の細菌が抗菌作用がある化合物をつくっていたーMRSAに効果…
  3. 牛糞からプラスチック原料 水素とベンゼン、北大が成功
  4. 第38回有機金属若手の会
  5. ビタミンDで肺ガンの生存率が上がる?
  6. 2007年ノーベル医学・生理学賞発表
  7. 和光純薬を富士フィルムが買収へ
  8. パテントクリフの打撃顕著に:2012製薬業績

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 3.11 14:46 ①
  2. 日本最大の化学物質データーベース無料公開へ
  3. シランカップリング剤入門【終了】
  4. セレノフェン : Selenophene
  5. チャールズ・クリスギ Charles T. Kresge
  6. あなたの分子を特別なカタチに―「CrystalProtein.com」
  7. 京のX線分析装置、国際標準に  島津製・堀場、EU環境規制で好調
  8. タミフルの新規合成法
  9. 化学者の卵、就職サイトを使い始める
  10. カラムはオープン?フラッシュ?それとも??

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

役に立たない「アートとしての科学」

科学の研究には、真理の探究という側面と、役立つ発明という側面があります。この二面性を表す言葉…

表現型スクリーニング Phenotypic Screening

表現型スクリーニング(Phenotypic Screening)とは、特定の生物現象に影響を与える化…

NMR解析ソフト。まとめてみた。①

合成に関連する研究分野の方々にとって、NMR測定とはもはやルーティーンワークでしょう。反応を仕掛けて…

エリック・アレクサニアン Eric J. Alexanian

エリック・J・アレクサニアン(Eric J. Alexanian、19xx年x月x日-)は、アメリカ…

光C-Hザンチル化を起点とするLate-Stage変換法

2016年、ノースカロライナ大学チャペルヒル校・Eric J. Alexanianらは、青色光照射下…

硤合 憲三 Kenso Soai

硤合 憲三 (そあい けんそう、1950年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京理科大学 名誉…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP