[スポンサーリンク]

ケムステニュース

三井物と保土谷 多層カーボンナノチューブを量産

CNT保土谷化学〈4112〉と三井物産〈8031〉は共同で多層カーボンナノチューブの量産に乗り出す。現在主流の単層型に比べ低コストで製造できる。静電気を逃がす帯電防止機能を持ち、まず電子部品の搬送容器向けに供給。携帯電話や自動車向けにも用途を開拓する。本格的な事業化は初めてで、年内にも出荷を始め、2010年度に40億円の売り上げを目指す。(引用:證券新報)

 

 

 多層カーボンナノチューブ (Multi-Wall Carbon Nanotube, MWNT)は筒が複数からなるカーボンナノチューブです。近年、カーボンナノチューブの利用が多岐に渡っていますね。合成法も年々改良されているようですし。多層カーボンナノチューブの利用例としては、携帯などに使われているリチウムイオン電池や車のバッテリーなどの鉛蓄電池に添加剤として使われています。リチウムイオン電池では通常充電している間に負極のカーボンの体積が30%くらい増えて、電極が痛むのを防ぐそうです。

 

関連書籍


カーボンナノチューブの材料科学入門

材料科学に新分野を創出し,エレクトロニクスからエネルギー分野まで広範囲な応用が期待されるナノテクノロジー材料の典型物質「カーボンナノチューブ」について,その製法から物性,実用の可能性までを解説しています。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 帝人骨粗鬆症治療剤「ボナロン錠」製造販売承認
  2. 2012年の被引用特許件数トップ3は富士フイルム、三菱化学、積水…
  3. 【10周年記念】Chem-Stationの歩み
  4. 旭硝子が新中期計画、液晶・PDPガラス基板事業に注力
  5. 田辺製薬、エイズ関連治療薬「バリキサ錠450mg」を発売
  6. ノーベル化学賞、米仏の3氏に・「メタセシス反応」研究を評価
  7. 「アバスチン」臨床試験中間解析を公表 中外製薬
  8. ゴム状硫黄は何色?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第27回 生命活動の鍵、細胞間の相互作用を解明する – Mary Cloninger教授
  2. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(5年目)(留学中編)
  3. 3.11 14:46 ①
  4. 文献管理ソフトを徹底比較!
  5. 内部アルケンのアリル位の選択的官能基化反応
  6. アンドリュー・ハミルトン Andrew D. Hamilton
  7. メーヤワイン試薬 Meerwein Reagent
  8. 化学オリンピック完全ガイド
  9. 何を全合成したの?Hexacyclinolの合成
  10. 1,2-還元と1,4-還元

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

電池長寿命化へ、充電するたびに自己修復する電極材

東京大学大学院工学系研究科の山田淳夫教授らは、充電するたびに自己修復を繰り返し、電池性能の劣化を防ぐ…

(−)-Salinosporamide Aの全合成

(−)-salinosporamide Aの立体選択的全合成が達成された。アザ-ペイン転位/ヒドロア…

クラウド版オフィススイートを使ってみよう

クラウド版オフィススイートとはOffice onlineやGoogle ドライブなどのことで、ソフト…

NHCが触媒する不斉ヒドロフッ素化

キラルなN–ヘテロ環状カルベン(NHC)を触媒として用いたα,β-不飽和アルデヒドに対する不斉ヒドロ…

ケミカルバイオロジーとバイオケミストリー

突然ですが、質問です。有機化学と無機化学。違いは説明できますか?「生体物質をあつかうものが有…

改正特許法が国会で成立

特許を侵害したと疑われる企業に専門家が立ち入り検査する制度を新設する改正特許法が10日午前の参院本会…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP