[スポンサーリンク]

会告

第10回日本化学連合シンポジウム 化学コミュニケーション賞2016 表彰式

[スポンサーリンク]

3月10日に化学会館で日本化学連合が主宰する化学コミュニケーション2016賞授賞式と「化学でできる創・蓄・省エネルギー」に関するシンポジウムが行われます。

化学コミュニケーション賞は化学の啓発・普及活動に貢献している個人団体にに与えられる賞。2011年から始まり、今回で6回目。ケムステも2012年に受賞しています。実は、このときケムステ代表としてはじめてケムステの内容のみで講演を行いました。

さて、日本化学連合はあまり聞き覚えが無いと思いますが、日本化学会や高分子学会、石油学会など主要化学系学会が正会員となっている、化学系最大の学会連合です。また、本シンポジウムは化学連合が発足してから毎年行われているシンポジウムです。学生は授賞式やシンポジウムは学生は無料で参加できますので、化学コミュニケーションやエネルギー関係研究に興味がある方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

申込方法は化学連合のWeb申し込みページにて。シンポジウムの詳細は以下となります。

 

第10回日本化学連合シンポジウム 化学コミュニケーション賞2016 表彰式

日 時 2017年3月10日(金)13:00 ~19:40
会 場 化学会館7階 ホール (東京都千代田区神田駿河台1-5 JR 御茶ノ水駅(御茶ノ水橋口改札)より徒歩5分)
会場へのアクセス
主 催 (一社)日本化学連合
共 催 (株)化学工業日報社、(一社)化学情報協会、(一社)日本サイエンスコミュニケーション協会
後 援 (国研)科学技術振興機構

<13:00~13:05> 開会挨拶   中尾 真一(日本化学連合 会長)

第1部 化学コミュニケーション賞2016 表彰式 13:05~13:55《司会 里川 重夫(日本化学連合 理事)》

<13:05~13:15> 選考委員長挨拶・選考結果説明
村松 淳司(日本化学連合 副会長・化学コミュニケーション賞選考委員長)
<13:15~13:25> 授与式
<13:25~13:55> 業績紹介
<13:25 – 13:35>
① 触媒反応を使う樹脂成形の家族向け体験実験
(C5ケミカル新技術研究会)押木 俊之
<13:35 – 13:45>
② 子供たちに化学の楽しさを伝える理科実験活動
(一般社団法人 ディレクトフォース 理科実験グループ)神永 剛
<13:45 – 13:55>
③ 塩ビデザインコンテスト
(塩ビ工業・環境協会)関 成孝

<13:55~14:05> 休憩

第2部 第10回日本化学連合シンポジウム「化学でできる創・蓄・省エネルギー」 14:05~18:00

<趣旨> 21世紀の重大な課題の一つは、持続可能な社会を構築することである。この構築にとって必須な低炭素社会の実現に、化学が主要な貢献を果たすことが大いに期待されている。本シンポジウムでは「化学でできる創・蓄・省エネルギー」を主題とし、将来のエネルギーキャリヤー、新しい蓄電池・キャパシターなどの蓄電デバイス、身近なエネルギーを獲得利用するエネルギーハーベスティングなどの分野横断型の最新の話題を、最先端の産学の研究・技術者にご紹介いただく。シンポジウムにおける議論を通して、21世紀における化学の役割と使命の重要性を参加者と共有することを意図している。幅広い分野からの多くの参加者を期待している。

<14:05~14:10> シンポジウム開会の辞  渡邉 正義(日本化学連合 副会長・企画委員会委員長)
<14:10~14:50> 「化学でできる創エネルギー1」   座長 山中 一郎(東京工業大学)
「水素エネルギーの大規模貯蔵輸送技術と展望」     岡田 佳巳(千代田化工建設)
<14:50~15:30> 「化学でできる創エネルギー2」   座長 斉藤 美佳子(東京農工大学)
「印刷型バイオ燃料電池によるエネルギーハーベスティングとウェアラブルデバイスへの応用」四反田 功(東京理科大学)
<15:30~16:10> 「化学でできる蓄エネルギー1」   座長 跡部 真人(横浜国立大学)
「有機レドックス化学による新しい蓄電池をめざして」 吉田 潤一(京都大学)
<16:10 ~16:30> 休憩
<16:30~17:10> 「化学でできる蓄エネルギー2」       座長 荻野 賢司(東京農工大学)
「高速蓄電デバイス:次世代大容量ハイブリッドキャパシタの最前線」 直井 勝彦(東京農工大学)
<17:10~17:50> 「化学でできる省エネルギー」   座長 渡邉 正義(横浜国立大学)
「IoTセンサのためのポリマーエレクトレットを用いたエネルギーハーベスティング」鈴木 雄二(東京大学)
<17:50~17:55> シンポジウム閉会の辞  渡邉 正義(日本化学連合 副会長・企画委員会委員長)

<17:55~18:00> 閉会挨拶              岩澤 康裕(日本化学連合 副会長)

第3部 交流会     18:10~19:40

化学会館隣の「トラットリア レモン

化学コミュニケーション賞2016 表彰式:参加費は無料です。
シンポジウム参加費:正会員学協会会員:3,000円(学生は無料)、非会員:6,000円、いずれも事前の参加登録・銀行振込が必要です:当日の参加申込・支払いは1,000円増しになります。
交流会参加費:5,000円、事前の参加登録・銀行振込が必要です:当日の参加申込・支払いは1,000円増しになります。
参加申込方法:氏名,所属学協会,勤務先と職名(学生は学校名と学年),連絡先(メールアドレス),化学コミュニケーション賞2016 表彰式・シンポジウム・交流会参加の有無などを明記し,
3月2日(木)までにWebにてお申込みください。なお、定員になり次第、締め切りといたします。

問合先:一般社団法人 日本化学連合 事務局
E-mail: igarashi@jucst.org   電話: 03-3292-6010  FAX: 03-3292-6319

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 色素・樹脂材料処方設計におけるマテリアルズ・インフォマティクスの…
  2. オペレーションはイノベーションの夢を見るか? その1
  3. ChemDraw for iPadを先取りレビュー!
  4. 産業紙閲覧のすゝめ
  5. 一度に沢山の医薬分子を放出できるプロドラッグ
  6. リンダウ会議に行ってきた③
  7. クリスマス化学史 元素記号Hの発見
  8. 「オプトジェネティクス」はいかにして開発されたか

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ペタシス反応 Petasis Reaction
  2. ブレデレック ピリミジン合成 Bredereck Pyrimidine Synthesis
  3. 調光機能付きコンタクトレンズが登場!光に合わせてレンズの色が変化し、目に入る光の量を自動で調節
  4. カテラニ反応 Catellani Reaction
  5. 食品アクリルアミド低減を 国連専門委「有害の恐れ」
  6. 千葉県産の天然資源「ヨウ素」が世界の子どもたちを救う
  7. 化学者の卵に就職活動到来
  8. ポンコツ博士の海外奮闘録⑧〜博士,鍵反応を仕込む②〜
  9. 化学者のためのエレクトロニクス入門⑤ ~ディスプレイ分野などで活躍する化学メーカー編~~
  10. 磯部 寛之 Hiroyuki Isobe

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2017年2月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728  

注目情報

注目情報

最新記事

元素のふるさと図鑑

2022年も折り返しに差し掛かりました。2022年は皆さんにとってどんな年になり…

Q&A型ウェビナー カーボンニュートラル実現のためのマイクロ波プロセス 〜ケミカルリサイクル・乾燥・濃縮・焼成・剥離〜

<内容>本ウェビナーでは脱炭素化を実現するための手段として、マイクロ波プロセスをご紹介いたします…

カルボン酸、窒素をトスしてアミノ酸へ

カルボン酸誘導体の不斉アミノ化によりキラルα-アミノ酸の合成法が報告された。カルボン酸をヒドロキシル…

海洋シアノバクテリアから超強力な細胞増殖阻害物質を発見!

第 392回のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学大学院 理工学研究科 博士後期課…

ポンコツ博士の海外奮闘録⑧〜博士,鍵反応を仕込む②〜

ポンコツシリーズ一覧国内編:1話・2話・3話国内外伝:1話・2話・留学TiPs海外編:1…

給電せずに電気化学反応を駆動 ~環境にやさしい手法として期待、極限環境での利用も~

第391回のスポットライトリサーチは、東京工業大学物質理工学院応用化学系 稲木研究室の岩井 優 (い…

GCにおける水素のキャリアガスとしての利用について

最近ヘリウムの深刻な供給不安により、GCで使うガスボンベの納期が未定となってしまい、ヘリウムが無くな…

タンパク質リン酸化による液-液相分離制御のしくみを解明 -細胞内非膜型オルガネラの構築原理の解明へ-

第 390 回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科 助教の 山崎…

桝太一が聞く 科学の伝え方

概要サイエンスコミュニケーションとは何か?どんな解決すべき課題があるのか?桝…

レドックス反応場の論理的設計に向けて:酸化電位ギャップ(ΔEox)で基質の反応性を見積もる

第389回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院生物システム応用科学府(生物有機化学研究室)…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP