[スポンサーリンク]

ケムステニュース

三菱化学、酸化エチレン及びグリコールエーテルの価格を値上げ

[スポンサーリンク]

三菱化学株式会社(本社:東京都港区、社長:冨澤 龍一)は、酸化エチレン及びその誘導品であるグリコールエーテルの価格修正を実施することといたしました。

1. 対象製品/値上げ幅: (単位:円/kg)
 酸化エチレン     : +14
 グリコールエーテル : +21

(引用:日経プレリリース

最近本当にナフサの高騰による値上げの報道が多い気ですね。需要は好調ですが、製品コストが高まることによる利益の減少は避けられないと思います。


The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 秋の褒章2010-化学
  2. 「イスラム国(ISIS)」と同名の製薬会社→社名変更へ
  3. 和光純薬を富士フイルムが買収へ
  4. ポリフェノールに食品アレルギー予防効果
  5. エーザイ、抗体医薬の米社を390億円で買収完了
  6. 高脂血症治療薬の開発に着手 三和化学研究所
  7. 有機超伝導候補が室温超高速光応答材料に変身
  8. 小学2年生が危険物取扱者甲種に合格!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 落葉の化学~「コロ助の科学質問箱」に捧ぐ
  2. ロバート・グラブス Robert H. Grubbs
  3. ケムステイブニングミキサー2018へ参加しよう!
  4. ジョン・アンソニー・ポープル Sir John Anthony Pople
  5. 化学は切手と縁が深い
  6. 転職でチャンスを掴める人、掴めない人の違い
  7. 2017年始めに100年前を振り返ってみた
  8. テキサス大教授Science論文捏造か?
  9. サミュエル・ダニシェフスキー Samuel J. Danishefsky
  10. 「人工金属酵素によるSystems Catalysisと細胞内触媒反応」University of Basel, T. R. Ward研より

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

光で2-AGの量を制御する

ケージド化合物を用いた2-AG量の操作法が初めて開発された。2-AG量を時空間的に操作することができ…

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP