[スポンサーリンク]

ケムステニュース

三菱化学、酸化エチレン及びグリコールエーテルの価格を値上げ

[スポンサーリンク]

三菱化学株式会社(本社:東京都港区、社長:冨澤 龍一)は、酸化エチレン及びその誘導品であるグリコールエーテルの価格修正を実施することといたしました。

1. 対象製品/値上げ幅: (単位:円/kg)
 酸化エチレン     : +14
 グリコールエーテル : +21

(引用:日経プレリリース

最近本当にナフサの高騰による値上げの報道が多い気ですね。需要は好調ですが、製品コストが高まることによる利益の減少は避けられないと思います。


webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ダウ・ケミカル、液晶パネル用化学品をアジア生産へ
  2. 呉羽化学に課徴金2億6000万円・価格カルテルで公取委
  3. 170年前のワインの味を化学する
  4. 炭素ボールに穴、水素入れ閉じ込め 「分子手術」成功
  5. 大阪近海のアサリから麻痺性貝毒が検出される
  6. 米ファイザー、感染予防薬のバイキュロンを買収
  7. 小林製薬、「神薬」2種類を今春刷新
  8. 有機超伝導候補が室温超高速光応答材料に変身

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. サイエンス・コミュニケーションをマスターする
  2. 2010年ノーベル化学賞ーお祭り編
  3. 4-ヨードフェノキシ酢酸:4-Iodophenoxyaceticacid
  4. 元素も分析する電子顕微鏡
  5. 書いたのは機械。テキストの自動生成による初の学術文献が出版
  6. 有機反応を俯瞰する ーリンの化学 その 2 (光延型置換反応)
  7. 酸素を使った触媒的Dess–Martin型酸化
  8. 科学ボランティアは縁の下の力持ち
  9. カフェイン caffeine
  10. 反応がうまくいかないときは冷やしてみてはいかが?

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

ジョン・ケンドリュー John C. Kendrew

ジョン・コウデリー・ケンドリュー(John Cowdery Kendrew、1917年3月24日-1…

食品添加物はなぜ嫌われるのか: 食品情報を「正しく」読み解くリテラシー

(さらに…)…

第100回―「超分子包接による化学センシング」Yun-Bao Jiang教授

第100回の海外化学者インタビューは、Yun-Bao Jiang教授です。厦門大学化学科に所属し、電…

第七回ケムステVシンポジウム「有機合成化学の若い力」を開催します!

第5回のケムステVシンポもうすぐですね。そして、第6回からほとんど連続となりますが、第7回のケムステ…

「自分の意見を言える人」がしている3つのこと

コロナ禍の影響により、ここ数カ月はオンラインでの選考が増えている。先日、はじめてオンラインでの面接を…

ブルース・リプシュッツ Bruce H. Lipshutz

ブルース・リプシュッツ(Bruce H. Lipshutz, 1951–)はアメリカの有機化学者であ…

化学者のためのエレクトロニクス入門② ~電子回路の製造工程編~

bergです。さて、前回は日々微細化を遂げる電子回路の歴史についてご紹介しました。二回目の今回は、半…

研究テーマ変更奮闘記 – PhD留学(前編)

研究をやる上で、テーマってやっぱり大事ですよね。私はアメリカの大学院に留学中(終盤)という立場ですが…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP