[スポンサーリンク]

ケムステニュース

三菱化学、酸化エチレン及びグリコールエーテルの価格を値上げ

三菱化学株式会社(本社:東京都港区、社長:冨澤 龍一)は、酸化エチレン及びその誘導品であるグリコールエーテルの価格修正を実施することといたしました。

1. 対象製品/値上げ幅: (単位:円/kg)
 酸化エチレン     : +14
 グリコールエーテル : +21

(引用:日経プレリリース

最近本当にナフサの高騰による値上げの報道が多い気ですね。需要は好調ですが、製品コストが高まることによる利益の減少は避けられないと思います。


The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 東大薬小林教授がアメリカ化学会賞を受賞
  2. コケに注目!:薬や香料や食品としても
  3. 劣性遺伝子押さえ込む メンデルの法則仕組み解明
  4. ピンポン玉で分子模型
  5. 日宝化学、マイクロリアクターでオルソ酢酸メチル量産
  6. 育て!燃料電池を担う子供たち
  7. 被ばく少ない造影剤開発 PETがん診断に応用へ
  8. 化学五輪、「金」の高3連続出場 7月に東京開催

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 生物に打ち勝つ人工合成?アルカロイド骨格多様化合成法の開発
  2. ベンゼンスルホヒドロキサム酸を用いるアルデヒドとケトンの温和な条件下でのアセタール保護反応
  3. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!PartII
  4. 筑波山
  5. CO2の資源利用を目指した新たなプラスチック合成法
  6. 犬の「肥満治療薬」を認可=米食品医薬品局
  7. メーヤワイン試薬 Meerwein Reagent
  8. アロイ・フュルストナー Alois Furstner
  9. メルク、途上国でエイズ抑制剤を20%値下げ
  10. カール・ダイセロス Karl Deisseroth

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

細胞をつなぐ秘密の輸送路

細胞から細く長く伸びるワイヤー状の管。サイトネームやトンネルナノチューブと呼ばれるこの管は、離れた細…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP