[スポンサーリンク]

ケムステニュース

天然物化学談話会


熱川ハイツ第40回天然物化学談話会


共催:日本化学会他


日時:2005年7月13~15日


場所:熱川ハイツ
(写真:熱川ハイツHPより)


講演:只野金一、北原武、西川俊夫、佐々木誠他


内容:天然物化学談話会は天然物有機化学だけでなく、「Life Sciences」に関わる薬化学、有機合成、分子生物学など様々な分野の研究者が一同に会し、アカデミックな講演会を聴き「熱い議論」をたたかわせる2泊3日の「若手の会」です。


毎年行われており、昨年は淡路島で談話会らしくない(笑)非常に豪華なところでした。今年は談話会らしいところですね。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 第38回有機金属若手の会
  2. 住友化学の9月中間営業益は+20.5%、精密・医薬など好調で
  3. 香りで女性のイライラ解消 長崎大が発見、製品化も
  4. ゾイジーンが設計した化合物をベースに新薬開発へ
  5. 科学の未解決のナゾ125を選出・米サイエンス誌
  6. 武田薬品、週1回投与の骨粗鬆症治療薬「ベネット錠17.5mg」を…
  7. 半導体で水から水素 クリーンエネルギーに利用
  8. 万有製薬、つくば研究所を閉鎖

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ブラシノステロイド (brassinosteroid)
  2. 環化異性化反応 Cycloisomerization
  3. ノーベル賞への近道?ー研究室におけるナレッジマネジメントー
  4. フィル・バラン Phil S. Baran
  5. 科学を魅せるーサイエンスビジュアリゼーションー比留川治子さん
  6. メラトニン (melatonin)
  7. ACS Macro Letters創刊!
  8. Twitter発!「笑える(?)実験大失敗集」
  9. 第28回「ナノバイオデバイスが拓く未来医療」馬場嘉信教授
  10. ナノチューブを大量生産、産業技術総合研が技術開発

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

光触媒ラジカルカスケードが実現する網羅的天然物合成

四川大学のYong Qinらは、可視光レドックス触媒によって促進される窒素ラジカルカスケード反応によ…

有機反応を俯瞰する ー縮合反応

今回は、高校化学でも登場する有機反応であるエステル合成反応を中心に、その反応が起こるメカニズムを解説…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP