[スポンサーリンク]

ケムステニュース

天然物化学談話会


熱川ハイツ第40回天然物化学談話会


共催:日本化学会他


日時:2005年7月13~15日


場所:熱川ハイツ
(写真:熱川ハイツHPより)


講演:只野金一、北原武、西川俊夫、佐々木誠他


内容:天然物化学談話会は天然物有機化学だけでなく、「Life Sciences」に関わる薬化学、有機合成、分子生物学など様々な分野の研究者が一同に会し、アカデミックな講演会を聴き「熱い議論」をたたかわせる2泊3日の「若手の会」です。


毎年行われており、昨年は淡路島で談話会らしくない(笑)非常に豪華なところでした。今年は談話会らしいところですね。

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 劣性遺伝子押さえ込む メンデルの法則仕組み解明
  2. 化学療法と抗がん剤の併用で進行期非扁平非小細胞肺癌の生存期間延長…
  3. アスピリンの梗塞予防検証 慶応大、1万人臨床試験
  4. 東海カーボンと三菱化学、カーボンブラックの共同会社を断念
  5. 2021年、ムーアの法則が崩れる?
  6. 大村氏にウメザワ記念賞‐国際化学療法学会が授与
  7. メリフィールド氏死去 ノーベル化学賞受賞者
  8. 三井物と保土谷 多層カーボンナノチューブを量産

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ヘルベルト・ワルトマン Herbert Waldmann
  2. 亜鉛クロロフィル zinc chlorophyll
  3. イライアス・コーリー E. J. Corey
  4. 学会に行こう!高校生も研究発表できます
  5. シンポジウム:ノーベル化学賞受賞の米教授招く--東北大、来月12日
  6. イリヤ・プリゴジン Ilya Prigogine
  7. BTQBT : BTQBT
  8. テルペンを酸化的に”飾り付ける”
  9. 単一細胞レベルで集団を解析
  10. アルミに関する一騒動 ~約20年前の出来事~

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ベンゼンの直接アルキル化

ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

アメリカ大学院留学:TAの仕事

私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

2017年の注目分子はどれ?

今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP