[スポンサーリンク]

ケムステニュース

高校生の「化学五輪」、2010年は日本で開催


世界の高校生が年に1回化学の実力を競う「国際化学オリンピック」の運営委員会が9日夜、韓国で開かれ、2010年の第42回大会を日本で開くことを決めた。日本開催は初めて。

 日本は昨年、開催地として立候補していた。約70カ国が参加する見通し。日本化学会(会長=藤嶋昭・神奈川科学技術アカデミー理事長)が今後、受け入れ準備を進める。会場は早稲田大と東京大の予定。

 同オリンピックは1968年に始まった。各国最大4人が参加し、実験問題と筆記問題で化学の学力を競う。日本の大学生レベルの問題も出題され、成績優秀者には一定の割合でメダルが贈られる。日本は03年ギリシャ大会から参加し、04年ドイツ大会では金メダルも獲得した。(引用:朝日新聞)?


 かなり昔からやっているようですね。最近日本も参加し、優秀な成績をおさめているようです。日本で開催ということで、盛り上がって、一人でも多く化学が好きな子が育ってくれることを期待します。


The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 代表的有機半導体の単結晶化に成功 東北大グループ
  2. 1日1本の「ニンジン」でガン予防!?――ニンジンの効能が見直され…
  3. 相次ぐ海外化学企業の合併
  4. シイタケ由来成分に抗アレルギー効果を確認
  5. 2017年の有機ELディスプレイ世界市場は11年比6.6倍の2兆…
  6. 日宝化学、マイクロリアクターでオルソ酢酸メチル量産
  7. タルセバ、すい臓がんではリスクが利点を上回る可能性 =FDA
  8. 製造過程に発がん性物質/テフロンで米調査委警告

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発
  2. バートン脱アミノ化 Barton Deamination
  3. アルバート・エッシェンモーザー Albert Eschenmoser
  4. 有機反応機構の書き方
  5. 日本化学会:次期会長に藤嶋昭氏を選出--初の直接選挙で
  6. ビス(トリ-o-トリルホスフィン)パラジウム(II) ジクロリド:Bis(tri-o-tolylphosphine)palladium(II) Dichloride
  7. カルボニル基の保護 Protection of Carbonyl Group
  8. エポキシ樹脂の硬化特性と硬化剤の使い方【終了】
  9. 住友化学の9月中間営業益は+20.5%、精密・医薬など好調で
  10. 第93回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part III

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–

この連載は、米国の大学院で Ph.D. を取得することを目指す学生が日記感覚で近況を記録するためのも…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP