[スポンサーリンク]

ケムステニュース

高校生の「化学五輪」、2010年は日本で開催

[スポンサーリンク]


世界の高校生が年に1回化学の実力を競う「国際化学オリンピック」の運営委員会が9日夜、韓国で開かれ、2010年の第42回大会を日本で開くことを決めた。日本開催は初めて。

 日本は昨年、開催地として立候補していた。約70カ国が参加する見通し。日本化学会(会長=藤嶋昭・神奈川科学技術アカデミー理事長)が今後、受け入れ準備を進める。会場は早稲田大と東京大の予定。

 同オリンピックは1968年に始まった。各国最大4人が参加し、実験問題と筆記問題で化学の学力を競う。日本の大学生レベルの問題も出題され、成績優秀者には一定の割合でメダルが贈られる。日本は03年ギリシャ大会から参加し、04年ドイツ大会では金メダルも獲得した。(引用:朝日新聞)?


 かなり昔からやっているようですね。最近日本も参加し、優秀な成績をおさめているようです。日本で開催ということで、盛り上がって、一人でも多く化学が好きな子が育ってくれることを期待します。


webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能に…
  2. 韓国へ輸出される半導体材料とその優遇除外措置について
  3. トヨタ、世界初「省ネオジム耐熱磁石」開発
  4. モータースポーツで盛り上がるカーボンニュートラル
  5. 住友化学、液晶関連事業に100億円投資・台湾に新工場
  6. 大塚製薬4200億円で米バイオベンチャーを買収
  7. 新しい糖尿病治療薬認可へ~人体機能高めるタイプから吸入式まで
  8. 国内 ブロックバスター後発品続々と販売開始

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 1-ブチル-3-メチルイミダゾリウムヘキサフルオロホスファート:1-Butyl-3-methylimidazolium Hexafluorophosphate
  2. 緑色蛍光タンパク Green Fluorescent Protein (GFP)
  3. 複数のイオン電流を示す人工イオンチャネルの開発
  4. 化学 2005年7月号
  5. イオン交換が分子間電荷移動を駆動する協奏的現象の発見
  6. 「科学者の科学離れ」ってなんだろう?
  7. Bergfriendhof (山の墓地)
  8. アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成
  9. ヨアヒム・フランク Joachim Frank
  10. 重水は甘い!?

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2006年7月
« 6月   8月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

注目情報

最新記事

腎細胞がん治療の新薬ベルツチファン製造プロセスの開発

2021年夏に米国 FDA はベルツチファン (belzutifan, WeliregTM) という…

マテリアルズ・インフォマティクスの基本とMI推進

見逃し配信視聴申込はこちら■概要2021年9月7日に開催されたウェブセミナー「マテリアル…

【四国化成工業】新卒採用情報(2023卒)

◆求める人財像:『使命感にあふれ、自ら考え挑戦する人財』私たちが社員に求めるのは、「独創力」…

四国化成工業ってどんな会社?

私たち四国化成工業株式会社は、企業理念「独創力」のもと「有機合成技術」を武器に「これまでになかった材…

ポンコツ博士の海外奮闘録 外伝② 〜J-1 VISA取得編〜

ポンコツシリーズ番外編 その2 J-1 VISA取得までの余談と最近日本で問題になった事件を経験した…

結合をアリーヴェデルチ! Agarozizanol Bの全合成

セスキテルペンAgarozizanol Bの全合成が初めて達成された。光照射下で進行するカスケード反…

有機合成化学協会誌2022年1月号:無保護ケチミン・高周期典型金属・フラビン触媒・機能性ペプチド・人工核酸・脂質様材料

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2022年1月号がオンライン公開されました。本…

第167回―「バイオ原料の活用を目指した重合法の開発」John Spevacek博士

第167回の海外化学者インタビューは、ジョン・スペヴァセック博士です。Aspen Research社…

繊維強化プラスチックの耐衝撃性を凌ぐゴム材料を開発

名古屋大学大学院工学研究科有機・高分子化学専攻の 野呂 篤史講師らの研究グループは、日本ゼオンと共同…

反応化学の活躍できる場を広げたい!【ケムステ×Hey!Labo 糖化学ノックインインタビュー②】

2021年度科学研究費助成事業 学術変革領域研究(B)に採択された『糖鎖ケミカルノックインが拓く膜動…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP