[スポンサーリンク]

ケムステニュース

犬の「肥満治療薬」を認可=米食品医薬品局

[スポンサーリンク]

スレントロール

[ワシントン 5日 ロイター] 米食品医薬品局(FDA)は5日、米ファイザーの犬用肥満治療薬「スレントロール」を認可したことを明らかにした。この薬品は犬の食欲を減退させ、油の吸収を抑える効果があるという。
 FDAは声明で、同薬品は米国で飼われている犬の約5%とされる肥満犬を減らすことが目的だとしている。人間向けではないため、誤飲しないよう注意を促していくとしている(引用:ロイター)。

 米国ならではの薬ですね。日本では米国ほどに飼い主の心配は少ないものの、犬に関しては、見ていてもちょっと太りすぎでは??と思うときもあります。

どうやら米国では400万匹の犬が肥満らしくて、服用して1ヶ月に3%の減量が可能で、そのコストは1日1~2ドル程度ということです。

人間でも、人間からみた犬も確かに丸々としている方がかわいいということもありますが、犬世界ではどうなのでしょうか?

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 京のX線分析装置、国際標準に  島津製・堀場、EU環境規制で好調…
  2. 骨粗しょう症治療薬、乳がん予防効果も・米国立がん研究所
  3. ノーベル化学賞:下村脩・米ボストン大名誉教授ら3博士に
  4. 産総研、バイオから環境まで応用可能な新しい質量分析技術の開発に成…
  5. 「サガミオリジナル001」、今月から販売再開 相模ゴム
  6. 武田、ビタミン原料事業から完全撤退
  7. 新元素、2度目の合成成功―理研が命名権獲得
  8. トンボ手本にUV対策 産総研など 分泌物の主成分を解明

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 高井・内本オレフィン合成 Takai-Utimoto Olefination
  2. 【動画】元素のうた―日本語バージョン
  3. 私がケムステスタッフになったワケ(5)
  4. 科学ボランティアは縁の下の力持ち
  5. 【PR】Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ募集】
  6. 元素ネイルワークショップー元素ネイルってなに?
  7. Bergfriendhof (山の墓地)
  8. 駅トイレ光触媒で消臭
  9. ウルフ賞化学部門―受賞者一覧
  10. 発明対価280万円認める 大塚製薬元部長が逆転勝訴

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

海外でのアカデミックポジションの公開インタビュー

アカデミックポジションの選考において、一般的なのか良く分かりませんが、欧米(スイス)でどういった選考…

柔軟な小さな分子から巨大環状錯体を組み上げる ~人工タンパク質への第一歩~

第205回のスポットライトリサーチは、お茶の水女子大学 基幹研究院自然科学系・三宅 亮介 先生 にお…

光触媒を用いるスピロ環合成法が創薬の未来を明るく照らす

可視光光触媒を用いたスピロ環骨格構築法が報告された。創薬分野においてsp3炭素豊富な骨格は、構造、活…

日本初の化学専用オープンコミュニティ、ケムステSlack始動!

もし日常的に、様々な分野の日本中の化学徒・研究者と、最先端の化学について自由闊達に議論を交わし合い、…

HACCP制度化と食品安全マネジメントシステムーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

農薬メーカの事業動向・戦略について調査結果を発表

 この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=川原喜治)は、農薬…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP