[スポンサーリンク]

ケムステニュース

犬の「肥満治療薬」を認可=米食品医薬品局

スレントロール

[ワシントン 5日 ロイター] 米食品医薬品局(FDA)は5日、米ファイザーの犬用肥満治療薬「スレントロール」を認可したことを明らかにした。この薬品は犬の食欲を減退させ、油の吸収を抑える効果があるという。
 FDAは声明で、同薬品は米国で飼われている犬の約5%とされる肥満犬を減らすことが目的だとしている。人間向けではないため、誤飲しないよう注意を促していくとしている(引用:ロイター)。

 米国ならではの薬ですね。日本では米国ほどに飼い主の心配は少ないものの、犬に関しては、見ていてもちょっと太りすぎでは??と思うときもあります。

どうやら米国では400万匹の犬が肥満らしくて、服用して1ヶ月に3%の減量が可能で、そのコストは1日1~2ドル程度ということです。

人間でも、人間からみた犬も確かに丸々としている方がかわいいということもありますが、犬世界ではどうなのでしょうか?

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 春の褒章2010-林民生教授紫綬褒章
  2. 製薬外資、日本へ攻勢 高齢化で膨らむ市場
  3. 相次ぐ海外化学企業の合併
  4. 2009年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表
  5. ナフサ、25年ぶり高値・4―6月国産価格
  6. 「サリドマイド」投与医師の3割が指針”違反̶…
  7. ナノチューブブラシ!?
  8. グラクソ、パーキンソン病治療薬「レキップ錠」を販売開始

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 触媒的C-H酸化反応 Catalytic C-H Oxidation
  2. 化学五輪、「金」の高3連続出場 7月に東京開催
  3. 井上 将行 Masayuki Inoue
  4. 超原子結晶!TCNE!インターカレーション!!!
  5. 2009年8月人気化学書籍ランキング
  6. 水素社会~アンモニアボラン~
  7. 希少金属
  8. JEOL RESONANCE「UltraCOOL プローブ」: 極低温で感度MAX! ①
  9. 2005年9-10月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  10. ハーバード大Whitesides教授プリーストリーメダルを受賞

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP