[スポンサーリンク]

ケムステニュース

犬の「肥満治療薬」を認可=米食品医薬品局

スレントロール

[ワシントン 5日 ロイター] 米食品医薬品局(FDA)は5日、米ファイザーの犬用肥満治療薬「スレントロール」を認可したことを明らかにした。この薬品は犬の食欲を減退させ、油の吸収を抑える効果があるという。
 FDAは声明で、同薬品は米国で飼われている犬の約5%とされる肥満犬を減らすことが目的だとしている。人間向けではないため、誤飲しないよう注意を促していくとしている(引用:ロイター)。

 米国ならではの薬ですね。日本では米国ほどに飼い主の心配は少ないものの、犬に関しては、見ていてもちょっと太りすぎでは??と思うときもあります。

どうやら米国では400万匹の犬が肥満らしくて、服用して1ヶ月に3%の減量が可能で、そのコストは1日1~2ドル程度ということです。

人間でも、人間からみた犬も確かに丸々としている方がかわいいということもありますが、犬世界ではどうなのでしょうか?

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 金大発『新薬』世界デビュー
  2. 【インドCLIP】製薬3社 抗エイズ薬後発品で米から認可
  3. 1日1本の「ニンジン」でガン予防!?――ニンジンの効能が見直され…
  4. 砂糖から透明樹脂、大阪府立大などが開発に成功
  5. ブドウ糖で聴くウォークマン? バイオ電池をソニーが開発
  6. 【10周年記念】Chem-Stationの歩み
  7. ヘリウム不足いつまで続く?
  8. ソモライ教授2008年プリーストリー賞受賞

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 留学せずに英語をマスターできるかやってみた(6年目)(留学後編)
  2. 第26回「分子集合体の極限に迫る」矢貝史樹准教授
  3. 114番元素生成の追試に成功
  4. 表現型スクリーニング Phenotypic Screening
  5. インドール一覧
  6. 水素 Hydrogen -最も基本的な元素で、燃料電池の原料
  7. エノラートのα-アルキル化反応 α-Alkylation of Enolate
  8. 化学は切手と縁が深い
  9. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (1)
  10. 潤滑油、グリースおよび添加剤の実践的分離【終了】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズ

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

固体NMR

固体NMR(Solid State NMR)とは、核磁気共鳴 (NMR) 分光法の一種で固体そのもの…

NMRの基礎知識【測定・解析編】

本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP