[スポンサーリンク]

ケムステニュース

パテントクリフの打撃顕著に:2012製薬業績

2012Drugs.jpg

 メガファーマの2012年決算発表が概ね出揃った。2011年からパテントクリフと呼ばれる大型医薬品の特許切れが相次ぎ、2012年はジェネリック品への置換えが各社決算に大きく影響を及ぼす事が予想されていた。

 

  • 12年医薬品売上(同一製品を合算)【順位、製品名、一般名、企業名、前年順位】
1 Humira Adalimumab Abotto 5
2 Remicade Infliximab J&J + Merck(MSD) 3
3 Adair Salmeterol xinafoate/fluticasone GSK 4
4 Enbrel Etanercept Amgen + Pfizer 6
5 Rituxan Rituximab Roche 7
6 Lantus Insulin glargine Sanofi 14
7 Herceptin Trastuzumab Roche 10
8 Crestor rosuvastatin AZ 8
9 Avastin Bevacizumab Roche 9
10 Januvia / Janumet Sitagliptin Merck (MSD) 17

 長く世界売上トップであった「世界で一番売れている薬」Lipitor がトップ10から姿を消し、代わって売上トップは抗リウマチ薬Humira となり、初めて抗体医薬品がトップとなった。抗体医薬品は5品目がトップ10入りし、企業業績への抗体医薬の重要性が増している。一方で、低分子医薬品はAdair 、Crestor、Januvia / Janumet の3品目にとどまり、低分子医薬品は氷河期に入ったとも言われる。(ただし、集計は金額ベースであるので、抗体医薬の単価の高さも影響している)。

 

  • パテントクリフの影響

 主なブロックバスターの減収額【製品名、一般名、減収額(前年比)】は以下のようになった。

1 Lipitor Atorvastatin -56億ドル (▼59%)
2 Plavix Clopidogrel -45億ドル (▼64%)
3 Seroquel Quetiapine -30億ドル(▼70%)
4 Zyprexa Olanzapine -29億ドル(▼63%)
5 Singulair Montelukast -16億ドル(▼29%)
6 Diovan Valsartan -12億ドル(▼22%)

 6製品で190億ドルの減収となる。長らく予想されてきた「パテントクリフ」が現実のものとなって現れた2012年決算であった。各社ともパテントクリフの影響を予想して、M&Aやリストラを行ってきたが、それが功を奏したのかはどうかは今後明らかになってくるだろう。

 

関連記事

  1. SchultzとKay: 米スクリプス研究所のトップへ
  2. 分子標的薬、手探り続く
  3. 2010年日本化学会各賞発表-学術賞-
  4. 東亜合成と三井化学、高分子凝集剤の事業統合へ
  5. ダイエット食から未承認薬
  6. 新しい抗生物質発見:MRSAを1分で99.99%殺菌
  7. 保護により不斉を創る
  8. 三菱ケミカル「レイヨン」買収へ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. サイエンスアゴラ参加辞退のお知らせ
  2. 自己組織化ホスト内包接による水中での最小ヌクレオチド二重鎖の形成
  3. ソーレー帯 (Soret band) & Q帯 (Q band)
  4. 典型元素触媒による水素を還元剤とする第一級アミンの還元的アルキル化
  5. この窒素、まるでホウ素~ルイス酸性窒素化合物~
  6. 化学の力で迷路を解く!
  7. 後発医薬品、相次ぎ発売・特許切れ好機に
  8. テッド・ベグリーTadhg P. Begley
  9. 不斉アリル位アルキル化反応を利用した有機合成
  10. デーリング・ラフラム アレン合成 Doering-LaFlamme Allene Synthesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

化学の力で複雑なタンパク質メチル化反応を制御する

第160回目のスポットライトリサーチは、連名での登場です。理化学研究所の五月女 宜裕 さん・島津 忠…

PAGE TOP