[スポンサーリンク]

G

ガスマン インドール合成 Gassman Indole Synthesis

 

概要

アニリン誘導体からワンポットでインドールを合成する手法。

 

基本文献

  • Gassman, P. G.; Gruetzmacher, G.; van Bergen, T. J. J. Am. Chem. Soc. 1973, 95, 6508. DOI: 10.1021/ja00800a088
  • Gassman, P. G.; van Bergen, T. J.; Gilbert, D. P.; Cue, Jr., B. W. J. Am. Chem. Soc. 1974, 96, 5495. DOI: 10.1021/ja00824a028
  • Gassman, P. G.; van Bergen, T. J. J. Am. Chem. Soc. 197496, 5508. DOI: 10.1021/ja00824a029

 

反応機構

gassma9.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. シュタウディンガー反応 Staudinger Reaction
  2. 芳香族メチルの酸化 Oxidation of Methyl Gr…
  3. オキシ水銀化・脱水銀化 Oxymercuration-Demer…
  4. オキシ-コープ転位 Oxy-Cope Rearrangement…
  5. ヴィドマン・ストーマー シンノリン合成 Widman-Stoer…
  6. ビシュラー・メーラウ インドール合成 Bischler-Mohl…
  7. マンダー試薬 Mander’s Reagent
  8. ディールス・アルダー反応 Diels-Alder Reactio…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「薬学の父」長井博士、半生を映画化へ
  2. 第93回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II
  3. エマニュエル・シャルパンティエ Emmanuel Charpentie
  4. HTTPS化とサーバー移転
  5. スズ化合物除去のニュースタンダード:炭酸カリウム/シリカゲル
  6. 子供と一緒にネットで化学実験を楽しもう!
  7. 第31回「植物生物活性天然物のケミカルバイオロジー」 上田 実 教授
  8. ボラン錯体 Borane Complex (BH3・L)
  9. 温故知新ケミストリー:シクロプロペニルカチオンを活用した有機合成
  10. 抗がん剤大量生産に期待 山大農学部豊増助教授 有機化合物生成の遺伝子発見

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

抽出精製型AJIPHASE法の開発

2017年、味の素社の高橋大輔らは、ペプチド液相合成法であるAJIPHASE法にさらなる改良を加え、…

【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発

ソルダーレジストは、プリント配線板や半導体パッケージ用基板の表層部分に使用されはんだ付け作業時、不要…

太陽ホールディングスってどんな会社?

私たち太陽ホールディングスグループは、パソコンやスマートフォンなどのIT機器やデジタル家電、車載用電…

「自然冷媒」に爆発・炎上の恐れ

「環境省・経済産業省の指示により、エアコンに使用されているフロン類の入れ替えが必要だ」と偽り、地球環…

効率的に新薬を生み出すLate-Stage誘導体化反応の開発

今回紹介する論文は、Late-Stage-Functionalizationの手法を開発し、新規薬剤…

「次世代医療を目指した細胞間コミュニケーションのエンジニアリング」ETH Zurich、Martin Fussenegger研より

海外留学記第22回目はETH ZurichのDepartment of Biosystems Sci…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP