[スポンサーリンク]


世界の化学者データベース

上村 大輔 Daisuke Uemura

上村 大輔 (うえむら だいすけ、1945年xx月xx日-)は、日本の有機化学者、天然物化学者である。神奈川大学理学部化学科教授、名古屋大学名誉教授。

 

経歴

1968 名古屋大学理学部化学科 卒業
1973 名古屋大学理学部 助手
1975 名古屋大学大学院 博士号取得(理学)
1979 静岡大学教養部 助教授
1991 静岡大学教養部 教授
1995 静岡大学理学部 教授
1997 名古屋大学大学院理学研究科 教授
2008 慶應義塾大学理工学部生命情報学科教授
2011年神奈川大学理学部化学科教授

 

受賞歴

1977 日本化学会進歩賞
2006 日本化学会賞
2007 中日文化賞
2009 紫綬褒章
2012 ナカニシプライズ

 

研究概要

海洋産天然物の構造決定

パリトキシン[1]・ハリコンドリンB[2]・ピンナトキシン[3]などの構造決定は有名な業績。最近では共生渦鞭毛藻由来の新規ポリオール化合物シンビオジノライドの単離、構造決定に成功し、現在その合成を行い、その確かな構造を明らかにするために研究を行っている。

 

halicondrinB.gifpalytoxin.gif

 コメント&その他

 平田義正研究室の末っ子として知られており、非常に豪快な性格でまさに天然物化学者という感じの先生です。その豪快さからは考えられないような、超微量の複雑な化合物の単離、構造決定という非常に繊細な仕事を行っています。日本の天然物化学の第一人者であり、存在感たっぷりのユニークな先生です。

関連文献

[1] J. K. Cha, W. J. Christ, J. M. Finan, H. Fujioka, Y. Kishi, L. L. Klein, S. S. Ko, J. Leder, W. W. McWhorter, Jr., K. -P. Pfaff, M. Yonaga, D. Uemura, and Y. Hirata, J. Am. Chem. Soc., 104, 7369-7371 (1982).
[2] Y. Hirata and D. Uemura. Pure Appl. Chem. 1986, 58 , 701.
[3] D. Uemura, T. Chou, T. Haino, A. Nagatsu, S. Fukuzawa, S-Z. Zheng, and H-S. Chen, J. Am. Chem. Soc., 117, 1155-1156 (1995).

関連書籍

関連リンク

 

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. エド・ボイデン Edward Boyden
  2. ブライアン・ストルツ Brian M. Stoltz
  3. クリストファー・ウォルシュ Christopher Walsh
  4. Mukaiyama Award―受賞者一覧
  5. ブルース・ギブ Bruce C. Gibb
  6. 井口 洋夫 Hiroo Inokuchi
  7. イー・タン Yi Tang
  8. エリック・ベッツィグ Eric Betzig

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第100回有機合成シンポジウム記念特別講演会に行ってきました
  2. 世界的性能の質量分析器開発を開始
  3. 化学のうた
  4. グロブ開裂 Grob Fragmentation
  5. スケールアップのポイント・考え方とトラブル回避【終了】
  6. 向山・鈴木グリコシル化反応 Mukaiyama-Suzuki Glycosylation
  7. 水から電子を取り出す実力派触媒の登場!
  8. ペイドン・ヤン Peidong Yang
  9. グラクソ、パーキンソン病治療薬「レキップ錠」を販売開始
  10. サリドマイド、がん治療薬に

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

第28回 錯体合成から人工イオンチャンネルへ – Peter Cragg教授

3年以上本コンテンツは更新が滞っていましたが、ゆっくりと再開いたします。第28回はブライトン大学、薬…

「シカゴとオースティンの6年間」 山本研/Krische研より

「ケムステ海外研究記」の第8回目は、小田晋 博士にお願いしました。小田さんは4年間のシカゴ大…

有機反応を俯瞰する ー芳香族求電子置換反応 その 2

前回、芳香族求電子置換反応の概要と一般的な反応機構についてお話ししました。そこでは、ベンゼンの安定な…

拡張Pummerer反応による簡便な直接ビアリール合成法

拡張Pummerer反応として、 -シグマトロピー転位を経由するアリールスルホキシドとフェノール類と…

脱芳香化反応を利用したヒンクデンチンAの不斉全合成

第70回のスポットライトリサーチは名古屋大学創薬科学研究科・北村研究室の道木和也さんにお願いしました…

iPhone7は世界最強の酸に耐性があることが判明?

YouTubeなどで日本刀に斬られたり、ライフルで撃たれたりしているiPhone 7ですが、酸への耐…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP