') ?> 上村 大輔 Daisuke Uemura - 世界の化学者データベース World chemistsDB

上村 大輔 Daisuke Uemura

 

daisuke_uemura.jpg

(写真:ocw.nagoya-u.jp)

上村 大輔 (うえむら だいすけ、1945年xx月xx日-)は、日本の有機化学者、天然物化学者である。慶應義塾大学理工学部教授、名古屋大学名誉教授。

 

  • 経歴

1968 名古屋大学理学部化学科 卒業
1973 名古屋大学理学部 助手
1975 名古屋大学大学院 博士号取得(理学)
1979 静岡大学教養部 助教授
1991 静岡大学教養部 教授
1995 静岡大学理学部 教授
1997 名古屋大学大学院理学研究科 教授
2008 慶應義塾大学理工学部生命情報学科教授
2011年神奈川大学理学部化学科教授


  • 受賞歴

1977 日本化学会進歩賞
2006 日本化学会賞
2007 中日文化賞
2009 紫綬褒章


  • 研究概要

海洋産天然物の構造決定

パリトキシン[1]・ハリコンドリンB[2]・ピンナトキシン[3]などの構造決定は有名な業績。最近では共生渦鞭毛藻由来の新規ポリオール化合物シンビオジノライドの単離、構造決定に成功し、現在その合成を行い、その確かな構造を明らかにするために研究を行っている。

 

halicondrinB.gifpalytoxin.gif

  •  コメント&その他
 平田義正研究室の末っ子として知られており、非常に豪快な性格でまさに天然物化学者という感じの先生です。その豪快さからは考えられないような、超微量の複雑な化合物の単離、構造決定という非常に繊細な仕事を行っています。日本の天然物化学の第一人者であり、存在感たっぷりのユニークな先生です。


  • 関連文献
[1] J. K. Cha, W. J. Christ, J. M. Finan, H. Fujioka, Y. Kishi, L. L. Klein, S. S. Ko, J. Leder, W. W. McWhorter, Jr., K. -P. Pfaff, M. Yonaga, D. Uemura, and Y. Hirata, J. Am. Chem. Soc., 104, 7369-7371 (1982).
[2] Y. Hirata and D. Uemura. Pure Appl. Chem. 1986, 58 , 701.
[3] D. Uemura, T. Chou, T. Haino, A. Nagatsu, S. Fukuzawa, S-Z. Zheng, and H-S. Chen, J. Am. Chem. Soc., 117, 1155-1156 (1995).

  • 関連書籍

  • 関連リンク

慶応大学 上村研究室

上村大輔 - Wikipedia

 

関連記事

ケムステニュース~化学ニュースサイト~ by Chem-Station内の関連する記事:2件

世界の化学者データベース World chemistsDB内の関連する記事:1件



[Edit ] View: [171]


ホーム > 有機化学 > 上村 大輔 Daisuke Uemura


« アンディ・マイヤース Andrew G. Myers | トップページ | 平田 義正 Yoshimasa Hirata »