Chem-Station

|Sponsored Advert|

世界の化学者データベース

上村 大輔 Daisuke Uemura

上村 大輔 Daisuke Uemura
2月 02
13:19 2009
LINEで送る
Pocket

上村 大輔 Daisuke Uemura上村 大輔 (うえむら だいすけ、1945年xx月xx日-)は、日本の有機化学者、天然物化学者である。慶應義塾大学理工学部教授、名古屋大学名誉教授。

 

経歴

1968 名古屋大学理学部化学科 卒業
1973 名古屋大学理学部 助手
1975 名古屋大学大学院 博士号取得(理学)
1979 静岡大学教養部 助教授
1991 静岡大学教養部 教授
1995 静岡大学理学部 教授
1997 名古屋大学大学院理学研究科 教授
2008 慶應義塾大学理工学部生命情報学科教授
2011年神奈川大学理学部化学科教授

 

受賞歴

1977 日本化学会進歩賞
2006 日本化学会賞
2007 中日文化賞
2009 紫綬褒章

 

研究概要

海洋産天然物の構造決定

パリトキシン[1]・ハリコンドリンB[2]・ピンナトキシン[3]などの構造決定は有名な業績。最近では共生渦鞭毛藻由来の新規ポリオール化合物シンビオジノライドの単離、構造決定に成功し、現在その合成を行い、その確かな構造を明らかにするために研究を行っている。

 

halicondrinB.gifpalytoxin.gif

 コメント&その他

 平田義正研究室の末っ子として知られており、非常に豪快な性格でまさに天然物化学者という感じの先生です。その豪快さからは考えられないような、超微量の複雑な化合物の単離、構造決定という非常に繊細な仕事を行っています。日本の天然物化学の第一人者であり、存在感たっぷりのユニークな先生です。

関連文献

[1] J. K. Cha, W. J. Christ, J. M. Finan, H. Fujioka, Y. Kishi, L. L. Klein, S. S. Ko, J. Leder, W. W. McWhorter, Jr., K. -P. Pfaff, M. Yonaga, D. Uemura, and Y. Hirata, J. Am. Chem. Soc., 104, 7369-7371 (1982).
[2] Y. Hirata and D. Uemura. Pure Appl. Chem. 1986, 58 , 701.
[3] D. Uemura, T. Chou, T. Haino, A. Nagatsu, S. Fukuzawa, S-Z. Zheng, and H-S. Chen, J. Am. Chem. Soc., 117, 1155-1156 (1995).

関連書籍

関連リンク

 

関連記事:以下の記事も読んでみてください

  • トビアス・リッター Tobias Ritterトビアス・リッター Tobias Ritter   トビアス・リッター (Tobias Ritter、1975年x月xx日(Lubeck, ドイツ)-)は、アメリカの有機化学者である。 ハーバード大学化学科 准教授。 経歴 1995-1997 Braunschweig工科大学 1997 […]
  • 黒田 玲子 Reiko Kuroda黒田 玲子 Reiko Kuroda 黒田 玲子(くろだ れいこ、1947年10月- 宮城県生まれ)は、日本の化学者である。東京大学大学院 総合文化研究科教授。 経歴 宮城県に生まれる。 1970 お茶の水女子大学 理学部化学科 卒業 1975 東京大学大学院理学系研究科 […]
  • 井口 洋夫 Hiroo Inokuchi井口 洋夫 Hiroo Inokuchi 井口 洋夫(いのくち ひろお、1927年2月3日(広島県) - )は、日本の化学者である。東京大学名誉教授。 経歴 1948 東京大学理学部化学科 卒業 1950 東京大学理学部 助手 1956 東京大学 博士号取得 1959 東京大学理学部 […]
  • 檜山爲次郎 Tamejiro Hiyama檜山爲次郎 Tamejiro Hiyama 檜山爲次郎 (ひやま ためじろう、1946年8月24日 -)は、日本の有機化学者である。中央大学研究開発機構 機構教授。 経歴 1969 京都大学工学部工業化学科 卒業 1971 京都大学大学院工学研究科工業化学専攻 修士課程修了 1972 […]
  • ジョージ・ホワイトサイズ George M. Whitesidesジョージ・ホワイトサイズ George M. Whitesides  ジョージ・マクレランド・ホワイトサイズ(George McClelland Whitesides, […]
  • ジュリアス・レベック Julius Rebek, Jr.ジュリアス・レベック Julius Rebek, Jr. ジュリアス・レベック Jr.(Julius Rebek […]
  • フィリップ・イートン Phillip E. Eatonフィリップ・イートン Phillip E. Eaton フィリップ・E・イートン(Phillip E. Eaton、1936年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学者である(写真:Universityo of Chicago)。米シカゴ大学教授。 経歴 1957 プリンストン大学 卒業 1961 ハーバード大学 […]
  • ロバート・バーグマン Robert G. Bergmanロバート・バーグマン Robert G. Bergman  ロバート・ジョージ・バーグマン(Robert George Bergman、19xx年xx月xx日-)は、アメリカの有機化学者である(写真:Bergman Group)。カリフォルニア大学バークリー校教授。   経歴 1963 Carleton […]
  • 遠藤章 Akira Endo遠藤章 Akira Endo 遠藤章(えんどう あきら、1933年11月14日 - )は、日本の生化学者、応用微生物学者である(写真:asahi.com)。株式会社バイオファーム研究所代表取締役所長。東北大学特任教授。   経歴 1957 東北大学農学部農芸化学科卒業 1957 […]
  • 研究室で役立つ有機実験のナビゲーター―実験ノートのとり方からクロマトグラフィーまで研究室で役立つ有機実験のナビゲーター―実験ノートのとり方からクロマトグラフィーまで 対象有機化学系研究室配属を控えた大学生以上。評価・解説本書は、文献の調べ方や、基本的な実験操作・テクニックなど、有機合成の研究室生活を行う上で知っていると得するテクニックを紹介しています。経験を積んだ大学院生でも意外と知らない内容、今更聞けない初歩的内容も満載で、基礎を見直した […]
LINEで送る
Pocket

About Author

cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

キャンペーン

人気記事

PR