[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

as well asの使い方

[スポンサーリンク]

as well as 」は日本人学者が英語論文を書く際に最もよく誤用される表現の1つです。

その誤りの多くは「as well as」が「and」と同様に使用できるという誤解に起因するものです。実際のところ、2つの表現は類似した意味を持ってはいますが、それらの間には意味上、および文法上の重要な違いがあります。

「as well as」は、「and」と似た意味を示す場合には、前置詞の働きをし、「and」よりむしろ「in addition to」に近い意味を持っていると言えます。それゆえ、「A as well as B」と表現する場合、「A and B」が表す「AとBは等価である」という「対称性」は持たず、むしろ「BだけではなくAも」、「Bと同様にAも」、「BはもちろんだがAも」、「Bに加えてAも」というように、AとBの関係の「非対称性」を示します。

as well asの誤用及び修正例

以下に「as well as」によく見られる誤用およびその修正例を示します。

[誤] Here, we investigate all three of these methods, and we find that the first method as well as the second method are applicable to systems of long homopolymers.
[正] Here, we investigate all three of these methods, and we find that the first method and the second method are applicable to systems of long homopolymers.

 

[誤] This type of condition is seen in the cases of blunt trauma as well as shaking trauma.
[正] This type of condition is seen in the cases of blunt trauma and shaking trauma.
[正] This type of condition is seen in the case of blunt trauma, as well as shaking trauma.

 

[誤] This theory has been successfully applied to the study of the demographic transition, urbanization and specialization, as well as increased standard of living.
[正] This theory has been successfully applied to the study of the demographic transition, urbanization and specialization, and increased standard of living.
[正] This theory has been successfully applied to the study of the demographic transition and urbanization and specialization, in addition to that of increased standard of living.

 

[誤] Here, we consider the five points raised by Miller in his treatment of parliamentary republics. However, we study these in a broader context that includes parliamentary republics as well as presidential republics.
[正] Here, we consider the five points raised by Miller in his treatment of parliamentary republics. However, we study these in a broader context that includes presidential republics as well as parliamentary republics.

[誤] Experiments were performed for the cases of both increasing temperature as well as decreasing temperature.
[正] Experiments were performed for the cases of both increasing temperature and decreasing temperature.
[正] Experiments were performed for the case of increasing temperature as well as decreasing temperature.

 

[注1] 「as well as」には主な用法が2つあります。そのひとつはここで取り扱うもので、もうひとつは「as [副詞・形容詞] as」という一般的なパターンの一例として、つまり「~と同じ程度によく(うまく)」という意味で用いられる場合です。後者の用法では「in as satisfactory a way as」、「with equal skill as」、「with equal thoroughness as」、「as carefully as」、「to the same degree/extent as」、「as much as」などの表現と同じ意味を持ちます。そのような意味で用いられる場合、誤用は比較的少ないのでここでは取り扱いません。また、標準的ではない用法もいくつか存在しますが、それらをここで考察することはしません。

詳しい解説についてはグレン・パケット:『科学論文の英語用法百科〈第1編〉よく誤用される単語と表現』(京都大学学術出版会,2004)の第19章をご参照ください。

化学論文での「as well as」の利用例

Typically, a [3]-ladderane is attached to the central sn-2 position by an ether linkage; [5]- and [3]-ladderane lipids, as well as common straight-chain lipids, are found ether- or ester-linked at the sn-1 position. 引用: 10.1021/jacs.6b10706

According to Blanchet’s research, this catalyst was successfully applied to the direct amidation of aliphatic, α- hydroxyl, aromatic, heteroaromatic acids, and N-Boc-protected amino acids as well as primary, secondary, and heterocyclic amines. 引用:10.1021/acs.joc.6b02358

Ideally, this alternative activation mode would provide complimen- tary periselectivity, as well as enable cycloaddition with partners other than alkenes. 引用:10.1038/NCHEM.2594

%e8%8b%b1%e6%96%87%e6%a0%a1%e6%ad%a3%e3%82%a8%e3%83%8a%e3%82%b4

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. カーボンナノベルト合成初成功の舞台裏 (3) 完結編
  2. 三核ホウ素触媒の創製からクリーンなアミド合成を実現
  3. 天然物の全合成研究ーChemical Times特集より
  4. 【読者特典】第92回日本化学会付設展示会を楽しもう!PartII…
  5. Anti-Markovnikov Hydration~一級アルコ…
  6. リチウムイオンに係る消火剤電解液のはなし
  7. 知られざる有機合成のレアテク集
  8. 化合物の秤量

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2010年ノーベル化学賞予想ーケムステ版
  2. 理化学研究所、植物の「硫黄代謝」を調節する転写因子を発見
  3. ホウ素と窒素固定のおはなし
  4. シェンヴィ イソニトリル合成 Shenvi Isonitrile Synthesis
  5. 環境対策と経済性を両立する電解酸化反応、創造化学が実用化実験
  6. トップデザイン変更
  7. バルビエ・ウィーランド分解 Barbier-Wieland Degradation
  8. 銀イオンクロマトグラフィー
  9. 単結合を極める
  10. 未来のノーベル化学賞候補者(2)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP