[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

as well asの使い方

as well as 」は日本人学者が英語論文を書く際に最もよく誤用される表現の1つです。

その誤りの多くは「as well as」が「and」と同様に使用できるという誤解に起因するものです。実際のところ、2つの表現は類似した意味を持ってはいますが、それらの間には意味上、および文法上の重要な違いがあります。

「as well as」は、「and」と似た意味を示す場合には、前置詞の働きをし、「and」よりむしろ「in addition to」に近い意味を持っていると言えます。それゆえ、「A as well as B」と表現する場合、「A and B」が表す「AとBは等価である」という「対称性」は持たず、むしろ「BだけではなくAも」、「Bと同様にAも」、「BはもちろんだがAも」、「Bに加えてAも」というように、AとBの関係の「非対称性」を示します。

as well asの誤用及び修正例

以下に「as well as」によく見られる誤用およびその修正例を示します。

[誤] Here, we investigate all three of these methods, and we find that the first method as well as the second method are applicable to systems of long homopolymers.
[正] Here, we investigate all three of these methods, and we find that the first method and the second method are applicable to systems of long homopolymers.

 

[誤] This type of condition is seen in the cases of blunt trauma as well as shaking trauma.
[正] This type of condition is seen in the cases of blunt trauma and shaking trauma.
[正] This type of condition is seen in the case of blunt trauma, as well as shaking trauma.

 

[誤] This theory has been successfully applied to the study of the demographic transition, urbanization and specialization, as well as increased standard of living.
[正] This theory has been successfully applied to the study of the demographic transition, urbanization and specialization, and increased standard of living.
[正] This theory has been successfully applied to the study of the demographic transition and urbanization and specialization, in addition to that of increased standard of living.

 

[誤] Here, we consider the five points raised by Miller in his treatment of parliamentary republics. However, we study these in a broader context that includes parliamentary republics as well as presidential republics.
[正] Here, we consider the five points raised by Miller in his treatment of parliamentary republics. However, we study these in a broader context that includes presidential republics as well as parliamentary republics.

[誤] Experiments were performed for the cases of both increasing temperature as well as decreasing temperature.
[正] Experiments were performed for the cases of both increasing temperature and decreasing temperature.
[正] Experiments were performed for the case of increasing temperature as well as decreasing temperature.

 

[注1] 「as well as」には主な用法が2つあります。そのひとつはここで取り扱うもので、もうひとつは「as [副詞・形容詞] as」という一般的なパターンの一例として、つまり「~と同じ程度によく(うまく)」という意味で用いられる場合です。後者の用法では「in as satisfactory a way as」、「with equal skill as」、「with equal thoroughness as」、「as carefully as」、「to the same degree/extent as」、「as much as」などの表現と同じ意味を持ちます。そのような意味で用いられる場合、誤用は比較的少ないのでここでは取り扱いません。また、標準的ではない用法もいくつか存在しますが、それらをここで考察することはしません。

詳しい解説についてはグレン・パケット:『科学論文の英語用法百科〈第1編〉よく誤用される単語と表現』(京都大学学術出版会,2004)の第19章をご参照ください。

化学論文での「as well as」の利用例

Typically, a [3]-ladderane is attached to the central sn-2 position by an ether linkage; [5]- and [3]-ladderane lipids, as well as common straight-chain lipids, are found ether- or ester-linked at the sn-1 position. 引用: 10.1021/jacs.6b10706

According to Blanchet’s research, this catalyst was successfully applied to the direct amidation of aliphatic, α- hydroxyl, aromatic, heteroaromatic acids, and N-Boc-protected amino acids as well as primary, secondary, and heterocyclic amines. 引用:10.1021/acs.joc.6b02358

Ideally, this alternative activation mode would provide complimen- tary periselectivity, as well as enable cycloaddition with partners other than alkenes. 引用:10.1038/NCHEM.2594

%e8%8b%b1%e6%96%87%e6%a0%a1%e6%ad%a3%e3%82%a8%e3%83%8a%e3%82%b4

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ボタン一つで化合物を自動合成できる機械
  2. 磁性流体アートの世界
  3. アメリカで Ph. D. を取る –研究室に訪問するの巻–
  4. C-H酸化反応の開発
  5. 「世界最小の元素周期表」が登場!?
  6. 3Dプリンタとシェールガスとポリ乳酸と
  7. 「遠隔位のC-H結合を触媒的に酸化する」―イリノイ大学アーバナ・…
  8. アメリカ大学院留学:実験TAと成績評価の裏側

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 水素化ジイソブチルアルミニウム Diisobutylaluminium hydride
  2. 有機化学の理論―学生の質問に答えるノート
  3. 超高性能プラスチック、微生物で原料を生産
  4. クライン・プレログ表記法 Klyne-Prelog Nomenclature System
  5. 金属-有機構造体 / Metal-Organic Frameworks
  6. マイクロ波を用いた合成プロセス技術と実用化への道【終了】
  7. ケーニッヒ・クノール グリコシド化反応 Koenigs-Knorr Glycosidation
  8. コンプラナジンAの全合成
  9. とあるカレイラの天然物〜Pallambins〜
  10. 大日本インキが社名変更 来年4月1日から「DIC」に

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

典型元素触媒による水素を還元剤とする第一級アミンの還元的アルキル化

第149回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科 博士後期課程3年の木下 拓也 (きの…

有機合成化学協会誌7月号:ランドリン全合成・分子間interrupted Pummerer反応・高共役拡張ポルフィリノイド・イナミド・含フッ素ビニルスルホニウム塩・ベンゾクロメン

化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年7月号がオンライン公開されました。今月号のキ…

ウィリアム・ロウシュ William R. Roush

ウィリアム・R・ロウシュ(William R. Roush、1952年2月20日(Chula Vis…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP