[スポンサーリンク]

ケムステニュース

理研も一般公開するよ!!

 

130412-0002.jpg

 先日のケムステニュース春のデートはNIMSで決まりデス!」なんて書きましたが、いやいや理研も忘れちゃ困るぜ!って事で、こちらも一般公開が行われます。イベント、レクチャー、施設見学と色々ありそうなので、ぜひHPをご確認ください◎ 播磨地区は遠いんだけど、SPring-8見たいなぁ?

 

4月19−20日 筑波地区

4月19−20日 和光地区

4月19−20日 播磨地区 

 

 

  • 関連サイト

理化学研究所HP イベント/シンポジウム

関連記事

  1. 「元素戦略プロジェクト」に関する研究開発課題の募集について
  2. サリドマイドが骨髄腫治療薬として米国で承認
  3. 不斉触媒研究論文引用回数、東大柴崎教授が世界1位
  4. 世界医薬大手の05年売上高、欧州勢伸び米苦戦・武田14位
  5. オリーブ油の苦み成分に鎮痛薬に似た薬理作用
  6. NICT、非揮発性分子を高真空中に分子ビームとして取り出す手法を…
  7. 理化学研究所、植物の「硫黄代謝」を調節する転写因子を発見
  8. 製造過程に発がん性物質/テフロンで米調査委警告

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 同仁化学研、ビオチン標識用キットを発売
  2. ライオン、男性の体臭の原因物質「アンドロステノン」の解明とその抑制成分の開発に成功
  3. アミロイド線維を触媒に応用する
  4. 摩訶不思議なルイス酸・トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン
  5. 過塩素酸カリウム (potassium perchlorate)
  6. 元素のふしぎ展に行ってきました
  7. 富士フイルムが医薬事業に本格参入
  8. 化学Webギャラリー@Flickr 【Part1】
  9. フタロシアニン-化学と機能-
  10. モーリス・ブルックハート Maurice S. Brookhart

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

“かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP