[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

メントール /menthol

メントール(menthol)は、モノテルペンの一種で、ハッカ(ペパーミント)に多く含まれる香料成分です。

  • 歴史・用途

スッとする清涼感のある香り(いわゆるハッカの香り)を醸し出す化学成分です。医薬品、サプリメント、嗜好品、食物、アロマテラピーなど、もろもろの分野で用いられています。 たとえば歯磨き粉やリップクリームには香りづけのために添加されています。メントール入りのタバコやガムも市販されています。

ほとんどのメントールは、高砂香料によって開発された人工化学合成プロセスによって供給されています。野依良治らによって開発されたロジウム-BINAP触媒による不斉異性化反応がその鍵工程となっています。

 

menthol_synth.gif
  • 関連文献

 

  • 関連商品

  • 関連リンク

メントール – Wikipedia

ミント – Wikipedia

Menthol – Wikipedia

Peppermint – Wikipedia

2001年ノーベル化学賞 (有機って面白いよね!)

野依不斉水素化反応 (ODOOS)

不斉合成 (有機って面白いよね!)

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. グリチルリチン酸 (glycyrrhizic acid)
  2. アデノシン /adenosine
  3. アピオース apiose
  4. ブレビコミン /Brevicomin
  5. カリックスアレーン /calixarene
  6. ポリアクリル酸ナトリウム Sodium polyacrylate…
  7. サリチル酸 (salicylic acid)
  8. ストリゴラクトン : strigolactone

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 一重項分裂 singlet fission
  2. ジェイムス・ブル エナンチオ過剰率決定法 James-Bull Method for Determination of Enantiomeric Excess
  3. 史跡 土肥金山
  4. 「人工知能時代」と人間の仕事
  5. 化学者に役立つWord辞書
  6. ホウ素と窒素固定のおはなし
  7. 【ジーシー】新たな治療価値を創造するテクノロジー -BioUnion-
  8. ODOOSをリニューアル!
  9. 米FDA立て続けに抗肥満薬承認:Qsymia承認取得
  10. 浅野・県立大教授が化学技術賞

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

嫌気性コリン代謝阻害剤の開発

嫌気性コリン代謝を選択的に阻害する小分子が開発された。これは、嫌気性微生物の代謝による疾患のメカニズ…

ケムステイブニングミキサー2019ー報告

3月16日から19日の日本化学会第99春季年会に参加されたみなさま、おつかれさまでした!甲南大学…

モリブデンのチカラでニトロ化合物から二級アミンをつくる

川上原料のニトロアレーンとアリールボロン酸を用いた二級アミン合成法が報告された。空気下で安定なモリブ…

化学的に覚醒剤を隠す薬物を摘発

化学変化を加えると覚醒剤に加工できる指定薬物を密輸しようとしたなどとして、東京税関成田支署と成田空港…

ニコラス-ターナー Nicholas Turner

ニコラス ターナー (Nicholas Turner, 1960年6月2日イギリス、ケント州Orpi…

博士課程に進学したあなたへ

どういった心構えで研究生活を送るべきかについて、昨年ですが面白い記事がNatureに出ていたので、紹…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP