[スポンサーリンク]

化学地球儀

史跡 土肥金山

静岡県伊豆市指定の史跡。

概要

土肥金山は、佐渡金山に次ぐ生産量を誇った金山。推定産出量は金 40t、銀400t。昭和40年の閉山後は観光坑道として利用され、現在は江戸時代の採掘作業の風景を再現するなどアミューズメントパークとなっている。

金山に関する資料や鉱石などの展示があり。ギネス認定の、世界一の重さを誇る250kgの巨大金塊(時価10億円以上)に触ることもできる。

 

マップ

その他の化学地球儀はこちらからどうぞ

 

関連リンク

土肥金山

 

関連書籍

The following two tabs change content below.
ペリプラノン

ペリプラノン

有機合成化学が専門。主に天然物化学、ケミカルバイオロジーについて書いていきたいと思います。
ペリプラノン

最新記事 by ペリプラノン (全て見る)

関連記事

  1. エッフェル塔
  2. イトムカ鉱山
  3. メンデレーエフスカヤ駅
  4. 多摩霊園
  5. 筑波山
  6. 住友化学歴史資料館
  7. ストックホルム市庁舎
  8. アルゼンチン キプロス

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. グローブボックスあるある
  2. 私がケムステスタッフになったワケ(4)
  3. 生物活性物質の化学―有機合成の考え方を学ぶ
  4. つり革に つかまりアセる ワキ汗の夏
  5. 浅野・県立大教授が化学技術賞
  6. 自己組織化ホスト内包接による水中での最小ヌクレオチド二重鎖の形成
  7. エコエネルギー 家庭で競争
  8. 芳香族化合物のニトロ化 Nitration of Aromatic Compounds
  9. ホウ素は求電子剤?求核剤?
  10. 書籍「Topics in Current Chemistry」がジャーナルになるらしい

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP