[スポンサーリンク]

C

クメン法 Cumene Process

 

概要

アセトンおよびフェノールの工業的合成法。

Friedel-Craftsアルキル化によりクメンを得た後、ラジカル開始剤存在下酸素または空気を吹き込み、クメンヒドロペルオキシドを得る。これを酸加水分解すると、フェノールとアセトンが生成する。

基本文献

 

反応機構

cumene_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 野依不斉水素移動反応 Noyori Asymmetric Tra…
  2. ハートウィグ ヒドロアミノ化反応 Hartwig Hydroam…
  3. 辻・ウィルキンソン 脱カルボニル化反応 Tsuji-Wilkin…
  4. ジアゾメタン diazomethane
  5. バートン脱アミノ化 Barton Deamination
  6. トリプトファン選択的タンパク質修飾反応 Trp-Selectiv…
  7. シリル系保護基 Silyl Protective Group
  8. 椎名マクロラクトン化 Shiina Macrolactoniza…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ケムステも出ます!サイエンスアゴラ2013
  2. ブルース・ギブ Bruce C. Gibb
  3. 第32回 液晶材料の新たな側面を開拓する― Duncan Bruce教授
  4. シイタケ由来成分に抗アレルギー効果を確認
  5. MacでChem3Dー新たなる希望ー
  6. アシル系保護基 Acyl Protective Group
  7. ゴキブリをバイオ燃料電池、そしてセンサーに
  8. 熱すると縮む物質を発見 京大化学研
  9. 藤原・守谷反応 Fujiwara-Moritani Reaction
  10. シェンヴィ イソニトリル合成 Shenvi Isonitrile Synthesis

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズ

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

固体NMR

固体NMR(Solid State NMR)とは、核磁気共鳴 (NMR) 分光法の一種で固体そのもの…

NMRの基礎知識【測定・解析編】

本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP