[スポンサーリンク]

C

クメン法 Cumene Process

[スポンサーリンク]

 

概要

アセトンおよびフェノールの工業的合成法。

Friedel-Craftsアルキル化によりクメンを得た後、ラジカル開始剤存在下酸素または空気を吹き込み、クメンヒドロペルオキシドを得る。これを酸加水分解すると、フェノールとアセトンが生成する。

基本文献

 

反応機構

cumene_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. ウィッティヒ転位 Wittig Rearrangement
  2. ブルック転位 Brook Rearrangement
  3. ベンジル保護基 Benzyl (Bn) Protective G…
  4. マーデルング インドール合成 Madelung Indole S…
  5. シュタウディンガー反応 Staudinger Reaction
  6. シリル系保護基 Silyl Protective Group
  7. 植村酸化 Uemura Oxidation
  8. 福山インドール合成 Fukuyama Indole Synthe…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 被引用回数の多い科学論文top100
  2. グラファイト、グラフェン、ナノグラフェンの構造と電子・磁気機能【終了】
  3. エピスルフィド合成 Episulfide Synthesis
  4. 三共と第一製薬が正式に合併契約締結
  5. 界面活性剤の市場分析と各社事業戦略について調査結果を発表
  6. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)イリジウム(I) (ダイマー):Chloro(1,5-cyclooctadiene)iridium(I) Dimer
  7. 第30回「化学研究の成果とワクワク感を子供たちにも伝えたい」 玉尾皓平教授
  8. ボロールで水素を活性化
  9. 宮坂 力 Tsutomu Miyasaka
  10. 2009年ロレアル・ユネスコ女性科学者 日本奨励賞発表

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第一回ケムステVプレミアレクチャー「光化学のこれから ~ 未来を照らす光反応・光機能 ~」を開催します!

ノーベル賞の発表も来週に迫っていますし、後期も始まりますね。10月から新しく始まるシーズンに、どこと…

細胞懸濁液をのせて、温めるだけで簡単に巨大ながんスフェロイドができる

第276回のスポットライトリサーチは、東京農工大学大学院工学研究院 准教授の吉野 大輔(よしの だい…

クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2020」を発表!

9月23日に、クラリベイト・アナリティクス社から、2020年の引用栄誉賞が発表されました。こ…

アズワンが第一回ケムステVプレミアレクチャーに協賛しました

さて先日お知らせいたしましたが、ケムステVプレミアクチャーという新しい動画配信コンテンツをはじめます…

化学者のためのエレクトロニクス講座~代表的な半導体素子編

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第121回―「亜鉛勾配を検出する蛍光分子の開発」Lei Zhu教授

第121回の海外化学者インタビューは、Lei Zhu教授です。フロリダ州立大学 化学・生化学科で、亜…

高知市で「化学界の権威」を紹介する展示が開催中

明治から昭和にかけて“化学界の権威”として活躍した高知出身の化学者=近重真澄を紹介する展示が高知市で…

ケムステバーチャルプレミアレクチャーの放送開始決定!

主に最先端化学に関する講演者をテーマ別で招待しオンライン講演を行っていただくケムステバーチャルシンポ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP