[スポンサーリンク]

C

クメン法 Cumene Process

[スポンサーリンク]

 

概要

アセトンおよびフェノールの工業的合成法。

Friedel-Craftsアルキル化によりクメンを得た後、ラジカル開始剤存在下酸素または空気を吹き込み、クメンヒドロペルオキシドを得る。これを酸加水分解すると、フェノールとアセトンが生成する。

基本文献

 

反応機構

cumene_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluorobor…
  2. ストライカー試薬 Stryker’s Reagent…
  3. パリック・デーリング酸化 Parikh-Doering Oxid…
  4. 北エステル化反応 Kita Esterification
  5. 求核的フルオロアルキル化 Nucleophilic Fluoro…
  6. N-カルバモイル化-脱アルキル化 N-carbamoylatio…
  7. ピーターソンオレフィン化 Peterson Olefinatio…
  8. コーリー・キム酸化 Corey-Kim Oxidation

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 分子模型を比べてみた
  2. 錯体と有機化合物、触媒はどっち?
  3. 黒田チカ Chika Kuroda
  4. 私立武蔵高 の川崎さんが「銀」 国際化学オリンピック
  5. 日本発元素がついに周期表に!!「原子番号113番」の命名権が理研に与えられる
  6. Late-Stage C(sp3)-H活性化法でステープルペプチドを作る
  7. 杏林製薬、ノバルティス社と免疫抑制剤「KRP-203」に関するライセンス契約を締結
  8. 福山インドール合成 Fukuyama Indole Synthesis
  9. 「さくら、さくら」劇場鑑賞券プレゼント結果発表!
  10. 2015年ケムステ人気記事ランキング

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第40回「分子エレクトロニクスの新たなプラットフォームを目指して」Paul Low教授

第40回の海外化学者インタビューは、ポール・ロウ教授です。英国ダラム大学の化学科に所属(訳注:200…

有機合成化学協会誌2019年12月号:サルコフィトノライド・アミロイドβ・含窒素湾曲π電子系・ペプチド触媒・ジチオールラジアレン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年12月号がオンライン公開されました。…

窒化ガリウムの低コスト結晶製造装置を開発

科学技術振興機構(JST)は2019年11月15日、東京農工大学と大陽日酸と共同で進める産学共同実用…

第39回「発光ナノ粒子を用いる生物イメージング」Frank van Veggel教授

第39回の海外化学者インタビューは、フランク・ファン・ヴェッゲル教授です。カナダのブリティッシュ・コ…

ロータリーエバポレーターの回転方向で分子の右巻き、左巻きを制御! ―生命のホモキラリティーの起源に踏み込む―

第236回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所 石井研究室で博士研究員をされていた、服…

「あの人は仕事ができる」と評判の人がしている3つのこと

仕事を辞めて、転職をしたいと思う動機の一つとして、「今の会社で評価されていない」という理由がある。し…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP