[スポンサーリンク]

C

クメン法 Cumene Process

[スポンサーリンク]

 

概要

アセトンおよびフェノールの工業的合成法。

Friedel-Craftsアルキル化によりクメンを得た後、ラジカル開始剤存在下酸素または空気を吹き込み、クメンヒドロペルオキシドを得る。これを酸加水分解すると、フェノールとアセトンが生成する。

基本文献

 

反応機構

cumene_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. アセタール系保護基 Acetal Protective Grou…
  2. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Me…
  3. シャープレス不斉アミノヒドロキシル化 Sharpless Asy…
  4. 硤合不斉自己触媒反応 Soai Asymmetric Autoc…
  5. コープ脱離 Cope Elimination
  6. ヴィルスマイヤー・ハック反応 Vilsmeier-Haack R…
  7. 可逆的付加-開裂連鎖移動重合 RAFT Polymerizati…
  8. ヒュスゲン環化付加 Huisgen Cycloaddition

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. バニリン /Vanillin
  2. ヴィンス・ロテロ Vincent M. Rotello
  3. ジャン=ピエール・ソヴァージュ Jean-Pierre Sauvage
  4. 研究活動の御用達!PDF加工のためのクラウドサービス
  5. シンクロトロン放射光を用いたカップリング反応機構の解明
  6. 究極のエネルギーキャリアきたる?!
  7. ケムステの記事が3650記事に到達!
  8. ウォール・チーグラー臭素化 Wohl-Ziegler Bromination
  9. 二丁拳銃をたずさえ帰ってきた魔弾の射手
  10. 京都の高校生の学術論文が優秀賞に輝く

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP