[スポンサーリンク]

C

クメン法 Cumene Process

 

概要

アセトンおよびフェノールの工業的合成法。

Friedel-Craftsアルキル化によりクメンを得た後、ラジカル開始剤存在下酸素または空気を吹き込み、クメンヒドロペルオキシドを得る。これを酸加水分解すると、フェノールとアセトンが生成する。

基本文献

 

反応機構

cumene_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 細見・櫻井アリル化反応 Hosomi-Sakurai Allyl…
  2. ダフ反応 Duff Reaction
  3. ヘメツバーガー インドール合成 Hemetsberger Ind…
  4. アシロイン縮合 Acyloin Condensation
  5. タングステン酸光触媒 Tungstate Photocataly…
  6. コルベ・シュミット反応 Kolbe-Schmitt Reacti…
  7. フォン・リヒター反応 von Richter Reaction
  8. カニッツァロ反応 Cannizzaro Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 第96回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part I
  2. コランヌレン : Corannulene
  3. 「不斉化学」の研究でイタリア化学会主催の国際賞を受賞-東理大硤合教授-
  4. 134回日本薬学会年会ケムステ付設展示会キャンペーン!
  5. sp3炭素のクロスカップリング反応の機構解明研究
  6. 【PR】Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ募集】
  7. ポール・ロゼムンド Paul W. K. Rothemund
  8. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III):Tris(2,4-pentanedionato)iron(III)
  9. 95%以上が水の素材:アクアマテリアル
  10. 誰でも使えるイオンクロマトグラフ 「Eco IC」新発売:メトローム

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

元素手帳 2018

今年も残すところあと1ヶ月半となってきました。来年に向けて、そろそろアレを購入される方もいら…

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP