[スポンサーリンク]

C

クメン法 Cumene Process

 

概要

アセトンおよびフェノールの工業的合成法。

Friedel-Craftsアルキル化によりクメンを得た後、ラジカル開始剤存在下酸素または空気を吹き込み、クメンヒドロペルオキシドを得る。これを酸加水分解すると、フェノールとアセトンが生成する。

基本文献

 

反応機構

cumene_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ニトロンの1,3-双極子付加環化 1,3-Dipolar Cyc…
  2. エステル、アミド、ニトリルの金属水素化物による部分還元 Par…
  3. 四酸化オスミウム Osmium Tetroxide (OsO4)…
  4. ハネシアン・ヒュラー反応 Hanessian-Hullar Re…
  5. タングステン酸光触媒 Tungstate Photocataly…
  6. ピナー反応 Pinner Reaction
  7. ウルフ・デッツ反応 Wulff-Dotz Reaction
  8. ウィッティヒ転位 Wittig Rearrangement

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 錬金術博物館
  2. ハートウィグ有機遷移金属化学
  3. 根岸 英一 Eiichi Negishi
  4. 歯車クラッチを光と熱で制御する分子マシン
  5. Horner-Emmons 試薬
  6. 国際化学オリンピックで日本代表4人メダル受賞
  7. 水中で光を当てると水素が湧き出るフィルム
  8. 原子移動ラジカル重合 Atom Transfer Radical Polymerization
  9. ニセクロハツの強毒原因物質を解明 “謎の毒キノコ” 京薬大准教授ら
  10. トリ(2-フリル)ホスフィン:Tri(2-furyl)phosphine

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2018年12月号:シアリダーゼ・Brook転位・末端選択的酸化・キサンテン・ヨウ素反応剤・ニッケル触媒・Edoxaban中間体・逆電子要請型[4+2]環化付加

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年12月号がオンライン公開されました。…

Googleの面接で話した自分の研究内容が勝手に特許出願された

This is what happened when I went to visit a giant…

信頼度の高い合成反応を学ぶ:Science of Synthesis(SoS)

今回はScience of Synthesis(SoS)という合成化学のオンラインデータベースを紹介…

ホイスラー合金を用いる新規触媒の発見と特性調節

第174回目のスポットライトリサーチは、東北大学 学際科学フロンティア研究所・小嶋隆幸 助教にお願い…

START your chemi-story あなたの化学を探す 研究職限定 キャリアマッチングLIVE

さあついに今年も就職活動の時期がやってきました。私の研究室でも今年はさすがに何名か就職活動をはじめま…

【ジーシー】新卒採用情報(2020卒)

弊社の社是「施無畏」は、「相手の身になって行動する」といった意味があります。これを具現化することで存…

PAGE TOP