[スポンサーリンク]

C

クメン法 Cumene Process

[スポンサーリンク]

 

概要

アセトンおよびフェノールの工業的合成法。

Friedel-Craftsアルキル化によりクメンを得た後、ラジカル開始剤存在下酸素または空気を吹き込み、クメンヒドロペルオキシドを得る。これを酸加水分解すると、フェノールとアセトンが生成する。

基本文献

 

反応機構

cumene_2.gif

反応例

 

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. スマイルス転位 Smiles Rearrangement
  2. エシュバイラー・クラーク反応 Eschweiler-Clarke…
  3. ベンジルオキシカルボニル保護基 Cbz(Z) Protectin…
  4. バイヤー・ビリガー酸化 Baeyer-Villiger Oxid…
  5. 四酸化オスミウム Osmium Tetroxide (OsO4)…
  6. 金属カルベノイドのC-H挿入反応 C-H Insertion o…
  7. マイヤース 不斉アルキル化 Myers Asymmetric A…
  8. エヴァンスアルドール反応 Evans Aldol Reactio…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2009年ノーベル化学賞は誰の手に?
  2. 吸入ステロイド薬「フルタイド」の調査結果を発表
  3. ノーベル化学賞・受賞者一覧
  4. アゾベンゼンは光る!~新たな発光材料として期待~
  5. 四角い断面を持つナノチューブ合成に成功
  6. 2016年ケムステ人気記事ランキング
  7. リガンド結合部位近傍のリジン側鎖をアジド基に置換する
  8. カルボラン carborane
  9. フォン・ペックマン反応 von Pechmann Reaction
  10. アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応

第234回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院理学研究科・安達 琢真さんにお願いしました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP