[スポンサーリンク]

キャンペーン

付設展示会に行こう!ー和光純薬編ー

 

さてさてまだまだ続きます、「日本化学会年会はもちろんのこと加えて付設展示場へ行こう!キャンペーン!」、ワイリージャパンシグマアルドリッチジャパンに引き続き、第三弾はSiyaku.com、安いよろしいでおなじみの試薬会社和光純薬!いつも大変お世話になっております。

そろそろ、3回目なのでなんのことやらよくわからない方にご説明。この企画は日本化学会の付設展示会に出展する各企業様に勝手にお願いしまして、ケムステ読者様だけに特典を付けてもらいましょうという、なんという強引な企画。ご協力いただいている企業様にこの場を借りて御礼申し上げます。では、早速!

【追記】東北地方太平洋沖地震に伴う、日本化学会年会の中止の為、各種キャンペーンも中止となりました。被災者の方々に、心よりお見舞い申し上げます。

和光純薬付設展示会情報

labolockII.png

Labo Lock

 まずは付設展示会の情報から。

「和光純薬では、第91回日本化学会年会付設展示会場にて、鈴木-宮浦カップリング反応関連試薬(有機環状トリオールボレート、ボロン酸1,8-ジアミノナフタレン保護試薬)を中心に選択的還元触媒や超脱水溶媒等をご紹介します。 また、コーニング社製デジタルホットプレートスターラーや、薬品管理に安心な電子薬品庫/電子鍵ボックス管理システム新製品「Labo Lock II」のデモ機を展示します。 他にも進化した試薬検索サイトSiyaku.comの化学構造式検索機能のご紹介も実施の予定です。 是非、和光純薬の展示ブースにご来場下さい。

B(dan).png

ボロン酸1,8-ジアミノナフタレン保護試薬B(dan)といえば、京都大学、杉野目道紀先生。個人的に好きなので少し宣伝。試薬は残念ながらつかったことはありませんが…。

さて、本番のケムステ読者様への特典はこちら!

cross-coupling_book.pngのサムネール画像
以前ケムステでも紹介しました(元記事)書籍、「クロスカップリング反応 基礎と産業応用」を10名様にプレゼント!!
他にもNMRチューブ等が 当たるくじに参加できます。(プレゼントがなくなり次第終了)

そのくじの参加方法は….そろそろケムステフリークの方はご察しでしょう。

「ケムステを見た」

この合い言葉をいってくじに参加!
まだまだ続きます!定期的にチェックしてくださいね!

The following two tabs change content below.
webmaster

webmaster

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ルーブ・ゴールドバーグ反応 その1
  2. アセトンを用いた芳香環のC–Hトリフルオロメチル化反応
  3. 光刺激で超分子ポリマーのらせんを反転させる
  4. 2008年ノーベル化学賞『緑色蛍光タンパクの発見と応用』
  5. ReaxysPrize2015ファイナリスト発表!
  6. 脳を透明化する手法をまとめてみた
  7. 自励振動ポリマーブラシ表面の創製
  8. アミドをエステルに変化させる触媒

注目情報

ピックアップ記事

  1. 研究者へのインタビュー
  2. 化学の力で迷路を解く!
  3. 企業の研究を通して感じたこと
  4. シンガポールへ行ってきた:NTUとNUS化学科訪問
  5. 「マイクロリアクター」装置化に成功
  6. アカデミックの世界は理不尽か?
  7. ビス(ヘキサフルオロアセチルアセトナト)銅(II)水和物 : Bis(hexafluoroacetylacetonato)copper(II) Hydrate
  8. 秋田の女子高生が「ヒル避け」特許を取得
  9. 野依不斉水素移動反応 Noyori Asymmetric Transfer Hydrogenation
  10. ダイエット食から未承認薬

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

bothの使い方

形容詞もしくは代名詞の働きをする場合(接続詞としての用法もあります)、「both」は日本人学者によっ…

単一分子を検出可能な5色の高光度化学発光タンパク質の開発

第76回のスポットライトリサーチは、大阪大学産業科学研究所永井研究室の鈴木和志さんにお願いしました。…

国連番号(UN番号)

危険な化学品を飛行機や船を使って輸送することは、現代では日常的に行われていることである。安全に化学品…

生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!

生物は豊富にあるケイ素を利用しない。このたび、ケイ素と化学結合を形成して体内の生化学経路に取り込むこ…

H-1B ビザの取得が難しくなる!?

先日、米国の博士研究員の最低賃金変更についてお伝えしました。トランプ政権では、専門職に就くために…

高速エバポレーションシステムを使ってみた:バイオタージ「V-10 Touch」

タイトルから何だそれ?と思った方々。正しいです。高速のエバポ?どういうこと?と思うことでしょう。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP