[スポンサーリンク]

一般的な話題

スイスの博士課程ってどうなの?3〜面接と入学手続き〜

前回前々回はヨーロッパの博士課程の概略と出願方法について紹介しました。今回は、日本から飛び立ちヨーロッパでの面接について紹介します。また、その後の合格後の手続きについてもまとめましたので、順に紹介していきます。

面接

Interview

メールによる書類審査に通過したら、次はinterviewに進みます。日本人の場合、スカイプを使用することもありますが、現地に行くことを強くお勧めします。

実際のところ、いくらたくさんの面接を行ってきた教授でも候補者と2-3時間接したところで、その人の性格や知識レベル、実験技術について知るには限界があります。スカイプ面接ならば尚更です。だからこそ、教授にとって直接会いに来てくれる熱意のある学生の方が、そうでない学生に比べて印象にも残りやすいですし、採用したいと思うのは自然な成り行きではないでしょうか。少々汚くシビアな言い方になりますが、教授はその面接一つでその学生のために4年分の人件費やその他研究資金(額にして2500万円を普通に超えます)の支出が可能か判断しなければなりません。教授は学生が奨学金を持ってこない限りは、このような大金を払うことになるわけですから、実際の実力と熱意を兼ね備えた優秀な学生を採用したいと考えるわけです。(余談ですが、私がMax Plankのあるラボを受けた際、同じ時期にアプライした日本人がいたようですが、面接に進めたのは現地に行く旨を伝えた私でした。そのラボは面接で失敗したので落ちましたが。。。

一方で、あなたにとっても実際に海外に行ってみて研究室がどんなところかを見て、メンバーの前で研究発表し、ボスと一対一で話すのは良い経験になるのではないでしょうか。話が弾めばラボメイトとも友達にもなりますし、将来国際学会で会ったり、もしかしたらお互いPIになってコラボレーションすることになるかもしれません。

面接当日のスケジュール

  1. 教授と挨拶
  2. 研究発表、質疑応答
  3. 教授との面談
  4. (Senior scientist やPost docとの面談)
  5. 教授と挨拶

面接当日は研究室によっても異なりますが、まず教授と挨拶を兼ねた短い話しをした後に、グループミーティングで自分の研究概要を15分程度発表し、ディスカッションを15分程度行います。実際にこのプレゼンで問われるのは研究の量(修士の間しっかり実験していたかどうか)と実際に行った研究について理解しているかどうかなどです。続く15分程度のDiscussionの中では、どうしてその反応条件を用いたか、反応機構やその合成の意義などを質問される程度で、堂々として発表していれば問題ありません。質問者の英語が早すぎて分からない場合は、ゆっくりしゃべってもらえるように聞き返しても全く問題ありません。

 

研究発表の後、1時間程度、教授の面接を受けます。教授からの質問内容は

  • これまでの研究に関すること、指導教授との関係性
  • なぜ海外に出るのか、なぜヨーロッパに留学するのか
  • 研究分野における一般的な知識に関する質問、化学に関する一般的な質問
  • 研究室を選んだ理由、具体的にどんな研究がしたいのか
  • 志願者の性格、現在の研究室でのキャラクター、目標とする人について
  • 研究を開始したい時期
  • 将来の夢、職業
  • 他の研究室に応募しているのかについて
  • 研究をする上で気をつけていること、研究者として必要なこと、実験に失敗した時どうリカバリーするかについて
  • 趣味の話、食べ物の話

などです。また、応募者にも質問の機会が与えられるのでぜひ質問しましょう。一対一で教授と話せるビックチャンスです。これほどゆっくり話を聞ける機会は学会に行っても絶対にありません。論文に関すること、ラボの運営方針に関すること、group meetingについて、研究生活について、など聞きたいことは山のようにあるはずです。その後、PostdocやSenior scientistとの面談がある場合があります。最後に、教授に別れの挨拶をして終了です。全体で3-4時間程度です。

面接が終わったら、教授には当日のうちにお礼のメールを送ります。実際にラボを見てみてどんなところに関心をもったかなど、伝えておくとよいでしょう。印象が良ければ、一週間以内に受け入れのメールが届きます。教授も優秀な学生は喉から手が出るほど欲しがりますので、頑張ってアピールしてください!ヨーロッパの学生は、博士課程の応募の準備から決まるまで3ヶ月程度かけるようです。言語テストや奨学金の申請をする場合、1年を超えるでしょう(ちなみに私は7月8月の2ヶ月程度でした)。

 

これまで、ヨーロッパの博士課程とその出願方法について理解、関心を深めていただけたのではないでしょうか。ここからは、留学の準備について簡単に紹介します。

 

VISA、滞在許可証

awsweis

スイスの滞在許可書。

スイスの場合、日本と二国間協定があるので留学にVISAは必要ありません。そのため、大使館に行って手続きする必要は一切ありません。

そのかわり、給料をもらって働くことになるので州政府(Kanton)から滞在許可を得る必要があります。この就労手続きは主に研究室の秘書さんがやってくれるので、指示に従ってなるべく早く申請書類を提出します。日本人の場合、手続きには本当に時間がかかるので少なくとも3ヶ月以上前から申請を出してください。近年、外国人の増加(スイスに住んでいる約25%が外国人!)で滞在許可の取得が難しくなってきていますが、今のところ研究者の場合はほぼ確実に許可が得られます。渡航が近くなると、州の外国人警察から滞在就労許可の確約書が送られてくるので、それを持参して渡航すればOKです。

 

入学手続き

研究を開始する日が決まったら、大学院の入学手続きを行います。滞在許可の申請は研究室の秘書さんが 行ってくれますが、こちらの大学の入学手続きは自分で行います。入学要項は英語版のものがあるので、大学のHPから見つけだし必要書類と併せて提出します。渡航前には卒業証明書などの公的な書類は全て余分に用意し、必ずPDF化してまとめておきましょう。

手続き書類を日本から送る際はEMSか、少なくとも普通郵便にしましょう(安いからといってレターパックなどで送った際、到着までに1ヶ月以上かかったことがあります)。

 

家探し

Zimmer

シェアフラット探しはこのwebsiteか、大学のmarktplatz

 

次に、家探しです。スイスの家探しはとても大変です。日本の比じゃありません。普通、スイスのチューリッヒやジュネーブ、ドイツではミュヘンなどの都市でアパートを借りる場合、一つの空きアパートの内覧に10-20人の応募が集まります。ヨーロッパの場合、その候補者の中から大家さんが一番気に入った人を選ぶのが一般的なので、現地の言語が話せない日本人がアパートを借りるのはとても大変です。アパートを借りるためにするべきことは、不動産屋のHPをこまめにチェックし、内覧日には必ずアパートに行き、応募書類をもらいます。もらったらすぐに応募書類に記入し、給与明細もしくはボスとの契約書、借金の無いことを証明する書類などと一緒に、郵便局に応募書類を出しに行きます。

残念なことですが、こういった住宅事情につけ込む詐欺師もいます(知り合いの先輩が詐欺に遭いました)。一番簡単な方法は、秘書さんに頼み大学の寮に応募することです。ただし、できるだけ早い時期に申請を出さないと、予約で埋まってしまうことが多いので注意が必要です。その他、知り合いの家や研究室のメンバーの家をしばらく間借りするのも方法の一つでしょう。研究室から卒業するメンバーや日本に帰る先輩の部屋を引き継ぐ方法もあります。

 

保険、予防接種

スイスの場合、国民皆保険なので、健康保険への加入が義務づけられています。申し込みはスイスに来てから3ヶ月以内、保険会社やパッケージは自由に選べ、年齢や住む都市、オプションによって料金が変わってきます。具体的にはcomparis.chなどでhome doctorモデルなどのパッケージを検索し、気に入った保険のプランを保険会社のHPで申し込むと言った具合です。このホームページ、日本でいうkakaku.comみたいな感じです。料金が気になるところですが、通常の健康保険はとても高いです。26歳の私の場合、Zurichで25万まで自腹、25万以上で1割負担、歯科治療カバー無しの一番保険料が安いBasicコースで月々260CHFかかっています。また、swiss careのような外国人留学生用の格安保険会社も存在します。しかし、これらの格安保険会社は住む都市によってその保険に入れるかどうか異なるので留学先の留学生に聞いてみるのをお勧めします。

歯科、眼科はとても高いので渡航前に歯科治療をして行くことをお勧めします。眼鏡も予備を作っていきましょう。

ドイツでは給料から天引きされるらしいです。休みの日には登山に行きたい方はライム病などの予防接種を日本でしておくと良いかもしれません。

事故保険(研究室内での事故だけでなく、旅行先での怪我などがカバーされる)は大学側が給与から天引きする形で支払ってくれるので、改めて加入する必要がありません。

 

最後に

留学ははっきり言って大変です。でも私はそれに見合うだけの収穫もあると思います。留学自体もそうですが、それに至るプロセスを含め学べることは沢山あります。これからの時代、有機合成ができて、コミュニケーション能力があって、、、、では足りない、何かその他プラスアルファが求められる時代が来るかもしれません。実際のところ、留学して得たものが結果的にその後の人生に大きく寄与するプレミアになるかどうかは実際ケースバイケースで分かりません。しかし、留学先で研鑽を積めばその他大勢の同期とは異なる人材としての希少性を高めることができ、自分をブランディングすることができます。現在、多くの日本企業がグローバル事業をますます強化しており、そういった環境で働ける留学経験者の需要は増えるのでは無いかと考えられます。したがって、留学という変わった道を歩むのも悪くは無いのでは無いでしょうか?

これまでの留学記事にもありましたが、私も留学はそれほど気負うものではないと考えています。現在ではネットからたくさんの情報を得ることもできますし、留学経験者もたくさんいて、留学の難しさは間違い無く下がっています。そして、ある程度の学力と研究遂行能力さえあれば、ヨーロッパの大学院の博士課程に合格できます。学振が取れそうになかったら、ちょっと取っ付きにくいかもしれませんが、トライだけならしてみる価値はあるのではないでしょうか。学振に落ちて折角の社会人生活を借金を背負った状態からスタートするのは何とも忍びありません。(海外で日本の博士課程の状況を話すと本当に驚かれます。)留学により、将来の就職など不安定要素が増える可能性は否定できませんが、その不安定さを武器に自分をプラスの方向にもっていく努力をすれば得られる果実はより大きなものになるかもしれません。

あなたは一人ではないはずです。あなたもちょっと変わったことをする人や、一生懸命に頑張ってトライしている人は応援したくなりますよね? だから、あなたが留学したいなんてちょっと変わった?ことを言い出せば皆きっと応援してくれるはずです。私が留学しようとしていた時も、なんだかんだみんなが応援してくれました。海外で働いてみたい方、ブラックラボから脱出したい方ボスといざこざを起こしてしまってどうしようもない方、学振はとれなさそうだけど経済的に自立したい方、変わった研究者人生を歩んでみたい方は、日本だけでなくヨーロッパ、アメリカも視野に入れてみてはいかがでしょうか。研究において、日本との大きな違いは日本語が通じないことだけです。学問に国境はありません。やりたい研究が国外にあるのなら、挑戦してみては?!

 

最後までおつきあいいただきありがとうございました。今後もヨーロッパ関連の記事を中心に書けたらと思いますのでよろしくお願いします。

2016.12.31 加筆修正

 

notice1

関連書籍

 

関連リンク

The following two tabs change content below.

Gakushi

スイスでPh.Dの学生をしています。ハンドルネームはGakushiですが、修士号を持っています。博士号をとって、Hakaseになる予定です(なりたいです)。

関連記事

  1. C70の中に水分子を閉じ込める
  2. 文具に凝るといふことを化学者もしてみむとてするなり⑫:「コクヨの…
  3. ERATO伊丹分子ナノカーボンプロジェクト始動!
  4. ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞…
  5. 香料:香りの化学3
  6. 金属中心に不斉を持つオレフィンメタセシス触媒
  7. 第96回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part II…
  8. UCリアクター「UCR-150N」:冷媒いらずで-100℃!

コメント

    • うりょ
    • 2016年 8月 22日

    こんにちは。
    私は現在修士1年で分子腫瘍学を専攻しているものです。非常に参考になる記事をありがとうございます。
    私も博士課程をヨーロッパで取ることを考えており、ネットで色々と調べているのですが、PhDプログラムというのをよくみかけます。出願期間も指定されているので、GAKUSHIさんがおっしゃっている教授に直接アプライするものと異なるものなのかと思うのですが、GAKUSHIさんはそのようなプログラムには応募したのでしょうか?

      • Gakushi
      • 2016年 8月 22日

      うりょさま
      コメントありがとうございます。

      化学、生物学を含めた一般的なことについて書かせていただきます。まず、大学院の出願の仕組みについて。うりょ様がお調べになったように、ヨーロッパにも日本のように大学院に応募して、その後研究室を探すという方式でも博士課程に進学することは可能です。しかし、この方法は以下の3つの点でお勧めできません。

      1、まず、大学院への入学が許可されたとしても、人数の関係で自分の行きたい研究室に所属できるかどうか不明です。さらに、すべての研究室で人数枠が埋まっていた場合、合格したとしても研究室に割り当ててもらえないという可能性があります(知り合いの友達に事故例アリ)。
      2、実際の大学院では研究室に所属して働き、奨学金を持っていかない限り、その研究室を主宰する教授から労働の対価として直接給与をもらうという雇用関係になります。教授から給与を貰う場合は、採用されるかされないかは、学生の資質はもちろんですが、研究室の懐具合に大きく依存します。そのため、ヨーロッパでは給料を払える分だけしか学生を雇わず、応募者多数の場合は競争となります。
      3、多くの教授は、適当に大学院に行ければどんな研究でもいいやと思っている学生よりも、自分の研究に興味を持って応募してくれる学生の方を採用したいと考えてると思います。応募してくる学生は山のようにいますので、少なくとも自分の興味関心をアピールできる応募方法にした方がいいと思います。

      実際のところ、奨学金を持ってきてくれる学生は、ほぼ無条件で受け入れてくれる研究室が多いのが現状です。ですので、大学院にアプライして教授を後から探す方法でも大丈夫な場合も、多数あるとは思われます。しかし、それでも自分の行きたい研究室に所属できるかどうかについては不明な部分が拭えません。こちらでは研究したい研究室、教授から大学院を選ぶのが一般的ですし、うりょ様にもお薦めします。

      (ここからは混乱させるようなので微妙なのですが。。。。どこの大学も研究所もリクルーティングの経費を毎年計上していて、海外から優秀な研究者や学生を呼び込むために、面接日を設けたり、面接のための渡航費用を全額もしくは一部免除したり、、、、、することがどうやらあるようです。ですので、このようなスキームに応募する場合はそういう補助や面接日があるのかどうなのか、事前に調べ、少なくとも教授との面接の日程調整をする前に教授ではなく事務に直接聞いてみてからでもいいかもしれません。ただ、面接等の渡航費用ぐらいはスイスで一ヶ月学生として働けば余裕で浮くレベルなので、あまり気にしない方がいいと思います。私は渡航当時、このようなことは全然知りませんでしたが、一応存在するようですので書いておきます。)

      大学院はspring semesterとfall semesterの二つに分かれており、研究室で働き始めた時期によってどちらかのセメスターから大学院の組織に所属することになります。が、記事にも書いたように、研究室での研究は教授との合意さえあればいつからでも始められるというのが一般的です。教授が自分の研究室で〇〇月〇〇日から受け入れていいと言ってくれれば、秘書さんがどのセメスターにアプライすればいいのか、どんな書類をいつまでに出せばいいのか手取り足取り教えてくれ、セメスターにアプライできます。ですので、どちらかというと大学院組織のセメスターは形だけで、実質的にセメスターの開始時期と研究の開始時期がずれていたとしても問題が生じることは全くないので、心配しなくて大丈夫です。

      とういうわけで、僕は直接教授にアプライしました。その後、秘書さんに言われるがままに色々やっていたらうまくいったという感じです。頑張ってくださいね。さらに質問があれば、いつでもどうぞ。

      • Gakushi
      • 2016年 8月 23日

      PhDプログラム主導型の入学試験というのもあるようなので、参考にしてください。上に説明した個別出願の方法とはかなり異なっている部分もありますが、国や大学や研究機関によってそれぞれ違うということでご理解ください。申し訳ありません。

      例えばFMI (Friedrich Miescher Institute、Novartisが出資するスイスの研究機間)やIMP (The Research Institute of Molecular Pathology、Boehringer Ingelheimが出資するオーストリアの研究機関)、MPI (Max Planck Institute、ドイツの研究機関、恐らく場所にもよる)などでは一年に二回程度PhDプログラムの一斉採用面接があります。たいていの場合、採用試験は同じような時期にあるので、うまく日程が調整できれば幾つかの研究機関の試験をまとめて受験できます。まとめて受験する場合、志望する書類審査が通過後、研究機関に直接問い合わせると、多少日程が被っていても調整してくれる場合もあるようです。

      このようなPhDプログラムの場合、大学や研究所HPのweb上のアプリケーションフォームに記入し、CVなど所定のものと併せてアップロードすることでアプライするのが一般的なようです。この場合においても教授に直接連絡を取ることは可能かと思われます。メールを送らないで欲しい場合や、アプライの場合は手紙しか受け取らない場合、などは研究室のHPに書いてあるのでしっかり確認し、その指示に従ってください。実際に教授にメールを送っても、PhD採用プログラムが用意されている場合、まずはそれに応募するように指示される場合もあります。このようなメールによって自分の評価が下がることはありませんので、教授の研究室で研究に励みたいのでPhDプログラムにアプライする予定である旨の連絡を取ることをお勧めします。

      PhDプログラムの試験は基本的には選考委員の教授4-5人の前での15分程度の研究発表と質疑応答、場合によっては2-3週間前に指示された論文四報の中から一報選んでその抄録をの発表と質疑応答(*1)、その他質問、の長くて一時間程度の試験があります。全体の試験に合格すれば(*2)、次に行きたい研究室のボスとの個別面接に進みます。全体試験と同様、ここでも研究発表とディスカッションなどがメインになるかと思います。

      旅費について。書類審査を通過し、面接に呼ばれた段階で、旅費や宿泊について連絡があります。特にお金持ちの大学や研究機関では面接に交通費を支給するのは普通で、タダで海外に面接に行けます(*3)。

      まとめ。結局のところ、アプライの方法や選考基準、選考方法は大学や研究機関によってマチマチで、個別に調べて一つ一つ潰していくしか方法はなさそうです。とても面倒臭いのですが、頑張って調べてトライしてください。

      (*1、抄録の発表は恐らく、論文をしっかり読めるだけの基本的な知識があるかどうか、思考ができるか、様々あるデータから要点をまとめられるかなどを問うものと思われます。)
      (*2、合格、不合格に関わらず教授との一対一の面接に進む場合もあります。全体の試験で一方で点数が低かったとしても、ヨーロッパの研究機関では雇用主が教授であるので、教授に気に入られればそのまま採用といった場合もあります。逆に、いくら教授に気に入られようと、一回目の試験に落ちたらサヨウナラという場合もあるようです。)
      (*3、複数の研究機関に応募し面接を受ける場合、問い合わせれば研究機関同士がどの割合で旅費を分担するかなど勝手に決めてくれる場合もあります。)

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 生物活性分子のケミカルバイオロジー
  2. 可視光酸化還元触媒 Visible Light Photoredox Catalyst
  3. プロワイプ:実験室を安価できれいに!
  4. モーリス・ブルックハート Maurice S. Brookhart
  5. 光照射によって結晶と液体を行き来する蓄熱分子
  6. ネイチャー論文で絶対立体配置の”誤審”
  7. トム・スタイツ Thomas A. Steitz
  8. ケー・シー・ニコラウ K. C. Nicolaou
  9. 稲垣伸二 Shinji Inagaki
  10. クロスカップリング用Pd触媒 小ネタあれこれ

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



最新記事

ストックホルム国際青年科学セミナー参加学生を募集開始 ノーベル賞のイベントに参加できます!

一週間スウェーデンに滞在し、ノーベル賞受賞者と直接交流するなどの貴重な機会が与えられるセミナーSto…

「電子の動きを観る」ーマックスプランク研究所・ミュンヘン大学・Krausz研より

「ケムステ海外研究記」の第13回目は、第6回目の志村さんのご紹介で、マックス・プランク量子光学研究所…

岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa

岩澤 伸治 (いわさわ のぶはる、19xx年x月x日-)は、日本の有機化学者である。東京工業大学 教…

NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」

ワシントン大学・Champak Chatterjeeらは、独自開発した固相担持ユニット「MEGAリン…

有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線

有機合成化学に関わる方ならばおなじみの有機合成化学協会誌。有機合成化学協会の会員誌であり、様々な有機…

エッセイ「産業ポリマーと藝術ポリマーのあいだ」について

Tshozoです。先日Angewandte Chemie International Edition…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP