[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

研究室で役立つ有機実験のナビゲーター―実験ノートのとり方からクロマトグラフィーまで

 

対象

有機化学系研究室配属を控えた大学生以上。

 

評価・解説

本書は、文献の調べ方や、基本的な実験操作・テクニックなど、有機合成の研究室生活を行う上で知っていると得するテクニックを紹介しています。経験を積んだ大学院生でも意外と知らない内容、今更聞けない初歩的内容も満載で、基礎を見直したりする目的にも役立ちます。文体もユーモアたっぷりで楽しく読めるので、特に研究室に入りたての方は、読んでみてはいかがでしょう?

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 【書籍】イシューからはじめよ~知的生産のシンプルな本質~
  2. 【書籍】研究者の仕事術~プロフェッショナル根性論~
  3. 【書籍】化学探偵Mr.キュリー5
  4. 次世代シーケンサー活用術〜トップランナーの最新研究事例に学ぶ〜
  5. 理系のための口頭発表術
  6. Dead Ends And Detours: Direct Wa…
  7. 有機反応の仕組みと考え方
  8. 企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. ReadCubeを使い倒す(3)~SmartCiteでラクラク引用~
  2. 大塚国際美術館
  3. 春の褒章2010-林民生教授紫綬褒章
  4. 薬の副作用2477症例、HP公開始まる
  5. リン Phosphorusー体の中の重要分子DNAの構成成分。肥料にも多用される
  6. グレッグ・フー Gregory C. Fu
  7. ブートキャンプ
  8. ロイ・ペリアナ Roy A. Periana
  9. 薬学会年会も付設展示会キャンペーンやっちゃいます
  10. 「発明の対価」8億円求め提訴=塩野義製薬に元社員-大阪地裁

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

どっちをつかう?:adequateとappropriate

日本人学者の論文で形容詞「adequate」と「appropriate」が混同されることはしばしば見…

大麻から作られる医薬品がアメリカでオーファンドラッグとして認証へ

FDA(アメリカ食品医薬品局)*1 は、ジャマイカの科学者 Dr. Henry Lowe によって開…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP