[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

シュミット転位 Schmidt Rearrangement

 

概要

カルボン酸に強酸存在下アジ化水素酸を作用させると、二酸化炭素を放出して、炭素数が一つ少ないアミンが生成する。アジ化水素は爆発性、毒性があるため代わりに安定かつ非爆発性のジフェニルリン酸アジド(DPPA)を用いると、温和な条件下アミンが得られる。

カルボン酸の他にアルデヒド・ケトンにおいても類似の反応が進行する(反応例参照)

基本文献

  •  Schmidt, R. F. Ber. 1924, 57, 704.
  •  Wolff, H. Org.React. 1946, 3, 307.
  •  Shioiri, T. Comp. Org. Syn. 1991, 6, 817.

 

反応機構

Curtius転位と同じ。アシルアジド中間体を経由する。

 

反応例

カルボン酸の代わりにアルデヒドを用いるとニトリルが、またケトンを用いると酸アミドが生成する(Aube-Schmidt転位)。
schmid2.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. ダンハイザー シクロペンテン合成 Danheiser Cyclo…
  2. 求核的フルオロアルキル化 Nucleophilic Fluoro…
  3. ピナコールカップリング Pinacol Coupling
  4. マーシャル プロパルギル化 Marshall Propargyl…
  5. 有機リチウム試薬 Organolithium Reagents
  6. ウルツ反応 Wurtz Reaction
  7. 金属カルベノイドのC-H挿入反応 C-H Insertion o…
  8. ローゼンムント・フォンブラウン反応 Rosenmund-von …

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2009年ノーベル化学賞は誰の手に?
  2. 並行人工膜透過性試験 parallel artificial membrane permeability assay
  3. シクロファン+ペリレンビスイミドで芳香環を認識
  4. 第3のエネルギー伝達手段(MTT)により化学プラントのデザインを革新する
  5. ジャンフェン・カイ Jianfeng Cai
  6. ドライアイスに御用心
  7. 多摩霊園
  8. イソプロポキシボロン酸ピナコール:Isopropoxyboronic Acid Pinacol Ester
  9. 2014年ノーベル化学賞・物理学賞解説講演会
  10. 2007年度ノーベル化学賞を予想!(2)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP