[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

シュミット転位 Schmidt Rearrangement

[スポンサーリンク]

 

概要

カルボン酸に強酸存在下アジ化水素酸を作用させると、二酸化炭素を放出して、炭素数が一つ少ないアミンが生成する。アジ化水素は爆発性、毒性があるため代わりに安定かつ非爆発性のジフェニルリン酸アジド(DPPA)を用いると、温和な条件下アミンが得られる。

カルボン酸の他にアルデヒド・ケトンにおいても類似の反応が進行する(反応例参照)

基本文献

  •  Schmidt, R. F. Ber. 1924, 57, 704.
  •  Wolff, H. Org.React. 1946, 3, 307.
  •  Shioiri, T. Comp. Org. Syn. 1991, 6, 817.

 

反応機構

Curtius転位と同じ。アシルアジド中間体を経由する。

 

反応例

カルボン酸の代わりにアルデヒドを用いるとニトリルが、またケトンを用いると酸アミドが生成する(Aube-Schmidt転位)。
schmid2.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. 過酸による求核的エポキシ化 Nucleophilic Epoxi…
  2. ニトロキシルラジカル酸化触媒 Nitroxylradical O…
  3. ペイン転位 Payne Rearrangement
  4. 求核置換反応 Nucleophilic Substitution…
  5. ハンチュ ジヒドロピリジン合成  Hantzsch Dihydr…
  6. シャープレス・香月不斉エポキシ化反応 Sharpless-Kat…
  7. オーヴァーマン転位 Overman Rearrangement
  8. ベックマン転位 Beckmann Rearrangement

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 元素ネイルワークショップー元素ネイルってなに?
  2. 君はPHOZONを知っているか?
  3. 近況報告Part III
  4. 第30回 弱い相互作用を活用した高分子材料創製―Marcus Weck教授
  5. 光学活性有機ホウ素化合物のカップリング反応
  6. 福山還元反応 Fukuyama Reduction
  7. マイクロリアクターによる合成技術【終了】
  8. 分子振動と協奏する超高速励起子分裂現象の解明
  9. ロバート・グラブス Robert H. Grubbs
  10. アッペル反応 Appel Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP