[スポンサーリンク]

ナノ化学

ペイドン・ヤン Peidong Yang

ペイドン・ヤン (Peidong Yang, 楊 培東, 1971年xx月xx日-)は、アメリカの材料化学者である。米カリフォルニア大学バークリー校教授(写真:P.Yang Group)。

 

経歴

1993 中国科学技術大学 学士号取得
1997 ハーバード大学 博士号取得 (Charles Lieber教授)
1997 カリフォルニア大学サンタバーバラ校 博士研究員 (Galen Stucky教授)
1999 カリフォルニア大学バークレー校 助教授
2004 カリフォルニア大学バークレー校 准教授
2007 カリフォルニア大学バークレー校 教授

 

受賞歴

1999 Camille and Henry Dreyfus New Faculty Award
2000 3M Untenured Faculty Award
2001 Research Innovation Award
2001 Alfred P. Sloan Fellow
2001 NSF CAREER Award
2001 Hellman Family Faculty Award
2001 ACS ExxonMobil Solid State Chemistry Award
2002 Beckman Young Investigator Award
2003 MIT Tech. Review TR 100
2003 ChevronTexaco Chair in Chemistry, Berkeley
2003 First Chairperson for American Chemical Society, Nanoscience subdivision
2004 Camille Dreyfus Teacher-Scholar Award
2004 Dupont Young Professor Award
2004 Julius Springer Prize for Applied Physics
2004 MRS Outstanding Young Investigator Award
2005 ACS Pure Chemistry Award
2006 University of Wisconsin McElvain Lectureship 2006 Chinese Academy of Science Molecular Science Forum Lectureship
2007 NSF A. T. Waterman Award
2008 Scientific American 50 Award

 

研究概要

一次元無機ナノワイヤー

 

コメント&その他

材料化学分野における論文引用回数世界第4位を記録している。

 

関連動画

 

Alan T. Waterman Award受賞におけるYang教授のインタビュー映像

関連文献

  • Law, M.;  Sirbuly, D.; Johnson, J.; Goldberger, J.; Saykally, R.;  Yang, P. Science, 2004, 305, 1269. DOI:10.1126/science.1100999
  • Law, M.;  Greene, L. E.;  Johnson, J. C.; Saykally, R.;  Yang, P. Nature Materials, 20054, 455.
  • He, R.; Yang, P. Nature Nanotech. 2006 1, 42.
  • Kuykendall, T.; Ulrich, P.; Aloni, S.; Yang, P. Nature Mater. 6, 951, 2007.
  • Habas, S.; Lee, H.; Radmilovic, V.; Somorjai, G.; Yang, P. Nature Mater. 2007, 6, 692.
  • Nakayama, Y.; Pauzauskie, P.  J.; Radenovic, A.;  Onorato, R. M.; Saykally, R. J.; Liphardt, J.; Yang,  P. Nature, 2007, 447, 1098.
  • Fan, R.; Huh, S.;  Yan, R.;  Arnold, J.; Yang, P. Nature Materials, 2008, 7, 303.
  • Hochbaum, A. I.; Chen, R.; Delgado, R. D.; Liang, W.; Garnett, E.  C.;  Najarian, M.;  Majumdar, A.;  Yang, P. Nature, 2008, 451, 163
  • Garnett, E.; Tseng, Y.; Khanal, D.;  Wu, J.; Bokor,  Yang, P. Nature Nanotech. 20094, 311.
  • Briseno, A. L.; Yang, P. Nature Mater. 2009, 8, 7. doi:10.1038/nmat2350
  • Yamada, Y.; Tsung, C.; Huang, W.; Huo, Z.; Habas, S. E.; Soejima, T.; Aliaga, C. E.; Somorjai, G. A.; Yang, P. Nature Chem. 2011, 3, 372. DOI: 10.1038/nchem.1018

 

関連書籍

関連リンク

The following two tabs change content below.
cosine

cosine

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. アンドレイ・ユーディン Andrei K. Yudin
  2. アンドレアス ファルツ Andreas Pfaltz
  3. マシュー・ゴーント Matthew J. Gaunt
  4. イライアス・コーリー E. J. Corey
  5. 劉 龍 Ryong Ryoo
  6. 山口健太郎 Kentaro Yamaguchi
  7. 日本学士院賞・受賞化学者一覧
  8. 布施 新一郎 Shinichiro Fuse

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

注目情報

ピックアップ記事

  1. 学振申請書を磨き上げるポイント ~自己評価欄 編(前編)~
  2. 積極的に英語の発音を取り入れてみませんか?
  3. マクマリーカップリング McMurry Coupling
  4. ライセルト反応 Reissert Reaction
  5. 武田薬の糖尿病治療薬、心臓発作を予防する効果も
  6. 2013年(第29回)日本国際賞 受賞記念講演会
  7. ケミカル・ライトの作り方
  8. 2005年6月分の気になる化学関連ニュース投票結果
  9. 自動車排ガス浄化触媒って何?
  10. 金属錯体化学を使って神経伝達物質受容体を選択的に活性化する

注目記事

関連商品

注目情報

試薬検索:東京化成工業



注目情報

最新記事

化学系プレプリントサーバー「ChemRxiv」のβ版が運用開始

2017年8月14日、米国化学会(ACS)は、化学分野のプレプリントサーバー“ChemRxiv”のベ…

光触媒で人工光合成!二酸化炭素を効率的に資源化できる新触媒の開発

第115回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 理学院 化学系 博士後期課程2年の栗木 亮さんに…

誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるための秘訣)

概要悪い例とよい例を比較しながら,実験ノートを具体的にどう書けばよいのかを懇切丁寧に説明する…

神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発

第114回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院薬学系研究科博士後期課程2年の山下 博子(やまし…

銀イオンクロマトグラフィー

以前、カラムクロマトグラフィーの吸引型手法の一つ、DCVCについてご紹介致しました。前回は操作に…

ニセ試薬のサプライチェーン

偽造試薬の一大市場となっている中国。その製造・供給ルートには、近所の印刷店など、予想だにしない人々ま…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP