[スポンサーリンク]

世界の化学者データベース

ジェニファー・ダウドナ Jennifer Doudna

ジェニファー・アン・ダウドナ(Jennifer Anne Doudna, 196x年xx月xx日-)は、アメリカの生化学者である。カリフォルニア大学バークレー校教授。

 

経歴

1985 ポモーナ大学(Pomona College) 卒業
1989 ハーバード大学博士号取得(Jack W. Szostak教授)
1989 マサチューセッツジェネラル・ホスピタル・ハーバード・メディカルスクール博士研究員(Jack W. Szostak教授)
1991 コロラド大学博士研究員(Lucille P. Markey Scholar)(Thomas R. Cech教授)
1994 エール大学教授(Henry Ford II Professor)
1997 ハワード・ヒューズ研究員
2003 ローレンスバークレー国立研究所研究員
2003 カリフォルニア大学バークレー校教授

 

受賞歴

1996 A Searle Scholar
1996 Beckman Young Investigators Award
1999 NAS Award for Initiatives in Research
2000 Alan T. Waterman Award
2002 Elected to the National Academy of Sciences
2010 Elected to the Institute of Medicine
2014 Lurie Prize in Biomedical Sciences from the Foundation for the National Institutes of Health
2014 Dr. Paul Janssen Award for Biomedical Research and Breakthrough Prize in Life Sciences, (Emmanuelle Charpentierと共同受賞)
2015 Named one of Time Magazine’s 100 most influential people in the world (Emmanuelle Charpentierと共同受賞)
2015 Princess of Asturias Awards(Emmanuelle Charpentierと共同受賞)
2015 Gruber Prize in Genetics(Emmanuelle Charpentierと共同受賞)

 

研究業績

ゲノム編集ツールCRISPR/Cas9の開発

2012年、シャルパンティエと共同で、ゲノム編集技術CISPR/Cas9を開発[1]。ZFN (Zinc Finger Nuclease、ジンクフィンガーヌクレアーゼ)、TALEN (ターレン、Transcription Activator-Like Effector Nuclease)に続く第三世代のゲノム情報の書き換え技術(任意のDNA塩基配列を改変する)として注目され、現在爆発的に普及している。

CRISPRとは(Clustered Regularly Interspaced Short Palindromic Repeat)の略であり、1987年に大阪大学の中田篤男名誉教授、石野良純教授(現九州大学教授)らにより大腸菌のDNAを調べている際に、発見された繰り返し配列である[2]。この配列は、原核生物における一種の獲得免疫系として働く座位として知られていたが、その詳しい役割については知られていなかった。

ダウドナとシャルパンティエのチームはCas9 (CRISPR associated protein 9)と呼ばれるタンパク質に注目した。Casにより外来したDNAはCRISPER領域に取り込まれ、「ガイド鎖RNA」と呼ばれるRNAと複合体を形成し、ガイド鎖RNAと相補的な2本鎖DNAを切断することを発見した。すなわち、

  1.  ガイド鎖RNAが相補的なDNAと2重らせんを形成し、2本鎖DNAをほどく
  2. Cas9はほどかれた2本のDNA鎖を切断する
  3. ゲノムDNA中の切断部位が修復される過程でDNAの塩基配列に変異が起こるとゲノム情報が書き換えられる

といった仕組みである。様々なガイド鎖RNAを用いることで、DNAの任意の場所を切断することができる。既にこの手法を改良した研究や、利用した研究が多数報告され、一躍ノーベル賞受賞対象の研究となっている[3]。

 

2015-09-27_22-55-43

CRISPR-Cas9 (出典:文献[2]より)

名言集

 

コメント&その他

 

関連動画

 

関連文献

  1. Jinek, M.; Chylinski, K.; Fonfara, I.; Hauer, M.; Doudna, J. A.; Charpentier, E.; Science 2012, 337, 816. DOI: 10.1126/science.1225829
  2. Ishino, Y.; Shinagawa, H.; Makino, K.; Amemura, M.; Nakata, A.;J. Bacteriol. 1987, 169, 5429.
  3. Review: Doudna, J. A.; Charpentier, E.;Science 2014346, 6213. DOI: 10.1126/science.1258096

 

関連書籍

 

外部リンク

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. デヴィッド・クレネマン David Klenerman
  2. ゲイリー・モランダー Gary A. Molander
  3. アジズ・サンジャル Aziz Sancar
  4. エリック・フェレイラ Eric M. Ferreira
  5. ジョン・スティル John K. Stille
  6. ベン・デイヴィス Ben G. Davis
  7. 新海征治 Seiji Shinkai
  8. 北原武 Takeshi Kitahara

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ノーベル化学賞・下村さん帰国
  2. 斬新な官能基変換を可能にするパラジウム触媒
  3. 高分子材料中の微小異物分析技術の実際【終了】
  4. The Art of Problem Solving in Organic Chemistry
  5. 大型リチウムイオン電池の基礎知識【終了】
  6. 生きた細胞内でケイ素と炭素がはじめて結合!
  7. 天然の日焼け止め?
  8. クリストファー・ウォルシュ Christopher Walsh
  9. 固体NMR
  10. プラスチック類の選別のはなし

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

AIで世界最高精度のNMR化学シフト予測を達成

理化学研究所(理研)環境資源科学研究センター環境代謝分析研究チームの菊地淳チームリーダー、伊藤研悟特…

イミニウム励起触媒系による炭素ラジカルの不斉1,4-付加

2017年、カタルーニャ化学研究所・Paolo Melchiorreらは、イミニウム有機触媒系を可視…

ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】

各媒体からかき集めた情報を元に、「未来にノーベル化学賞の受賞確率がある化学者」をリストアップしていま…

巨大複雑天然物ポリセオナミドBの細胞死誘導メカニズムの解明

第161回目のスポットライトリサーチは、早田敦 (はやた あつし)さんにお願いしました。早田…

イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」

Tshozoです。今年もIg Nobel賞、発表されましたね。色々と興味深い発表が続く中、NHKで放…

最近のwebから〜固体の水素水?・化合物名の商標登録〜

皆様夏休みはいかがお過ごしでしたでしょうか。大学はそろそろ後学期が始まってきたところです。小…

PAGE TOP