[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

山口マクロラクトン化 Yamaguchi Macrolactonizaion

 

概要

2,4,6-トリクロロベンゾイルクロライドを作用させて混合酸無水物を調製後、DMAPを加え高希釈条件下マクロラクトン化を行う反応。Corey-Nicolaou法よりも活性が高い。通常reflux条件が必要。

基本文献

  • Inanaga, J.; Hirata, K.; Saeki, H.; Katsuki, T.; Yamaguchi, M. Bull. Chem. Soc. Jpn. 1979, 52, 1989. DOI: 10.1246/bcsj.52.1989
  • Kawanami, Y.; Dainobu, Y.; Inanaga, J.; Katsuki, T.; Yamaguchi, M. Bull. Chem. Soc. Jpn. 1981, 54, 943. DOI: 10.1246/bcsj.54.943

 

反応機構

ベンゾイル基オルト位の立体障害のため、混合酸無水物とDMAPとの反応は位置選択的に起きる。 (参考:Org. Lett. 2006, 8, 47.)
yamaguchi_macrolactone_2.gif

反応例

あらゆるマクロライド系化合物の合成に適用される。条件の穏和さ故、現在でも頻繁に用いられる反応の一つである。以下に適用例(Cryptophycin-24の合成)[1]を示す。
yamaguchi_macrolactone_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Eggen, M.; Mossman, C. J. et al. J. Org. Chem. 200065, 7792. DOI: 10.1021/jo000767+

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. コーリー・チャイコフスキー反応 Corey-Chaykovsky…
  2. ナザロフ環化 Nazarov Cyclization
  3. コーリー・ウィンターオレフィン合成 Corey-Winter O…
  4. スズアセタールを用いる選択的変換 Selective Trans…
  5. ネフ反応 Nef Reaction
  6. フォルスター・デッカー アミン合成 Forster-Decker…
  7. ボイランド・シムズ酸化 Boyland-Sims Oxidati…
  8. 交差アルドール反応 Cross Aldol Reaction

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 今年も出ます!!サイエンスアゴラ2015
  2. 医薬品の合成戦略ー医薬品中間体から原薬まで
  3. ドウド・ベックウィズ環拡大反応 Dowd-Beckwith Ring Expansion
  4. クリスティーナ・ホワイト M. Christina White
  5. 色素増感太陽電池の 実用化に向けたモジュール製造/セル作製技術【終了】
  6. 世界医薬大手の05年売上高、欧州勢伸び米苦戦・武田14位
  7. L・スターンバック氏死去 精神安定剤開発者
  8. 光薬理学 Photopharmacology
  9. ウォルター・カミンスキー Walter Kaminsky
  10. 松本・早大教授の論文、学会は「捏造の事実無し」

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ウラジミール・ゲヴォルギャン Vladimir Gevorgyan

ウラジミール・ゲヴォルギャン(Vladimir Gevorgyan、1956年8月12日-)は、アメ…

有機合成化学協会誌2018年11月号:オープンアクセス・英文号!

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年11月号がオンライン公開されました。今月…

観客が分泌する化学物質を測定することで映画のレーティングが可能になるかもしれない

映画には、年齢による鑑賞制限が設けられているものがあります。その制限は映画の内容に応じて各国の審査団…

庄野酸化 Shono Oxidation

概要アルコール溶媒中にアミドまたはカルバメートを電解酸化し、N,O-アセタールを得る反応。アミン…

ゲルセジン型アルカロイドの網羅的全合成

ゲルセジン型アルカロイドを網羅的に合成する手法が開発された。巧みな短工程骨格構築法により4種類の同ア…

3級C-H結合選択的な触媒的不斉カルベン挿入反応

2017年、エモリー大学・Huw M. L. Daviesらは独自に設計した不斉二核ロジウム触媒を用…

PAGE TOP