[スポンサーリンク]

odos 有機反応データベース

山口マクロラクトン化 Yamaguchi Macrolactonizaion

[スポンサーリンク]

 

概要

2,4,6-トリクロロベンゾイルクロライドを作用させて混合酸無水物を調製後、DMAPを加え高希釈条件下マクロラクトン化を行う反応。Corey-Nicolaou法よりも活性が高い。通常reflux条件が必要。

基本文献

  • Inanaga, J.; Hirata, K.; Saeki, H.; Katsuki, T.; Yamaguchi, M. Bull. Chem. Soc. Jpn. 1979, 52, 1989. DOI: 10.1246/bcsj.52.1989
  • Kawanami, Y.; Dainobu, Y.; Inanaga, J.; Katsuki, T.; Yamaguchi, M. Bull. Chem. Soc. Jpn. 1981, 54, 943. DOI: 10.1246/bcsj.54.943

 

反応機構

ベンゾイル基オルト位の立体障害のため、混合酸無水物とDMAPとの反応は位置選択的に起きる。 (参考:Org. Lett. 2006, 8, 47.)
yamaguchi_macrolactone_2.gif

反応例

あらゆるマクロライド系化合物の合成に適用される。条件の穏和さ故、現在でも頻繁に用いられる反応の一つである。以下に適用例(Cryptophycin-24の合成)[1]を示す。
yamaguchi_macrolactone_3.gif

実験手順

 

実験のコツ・テクニック

 

参考文献

[1] Eggen, M.; Mossman, C. J. et al. J. Org. Chem. 200065, 7792. DOI: 10.1021/jo000767+

 

関連反応

 

関連書籍

 

外部リンク

関連記事

  1. 椎名マクロラクトン化 Shiina Macrolactoniza…
  2. カルボニル化を伴うクロスカップリング Carbonylative…
  3. N-オキシドの合成 Synthesis of N-oxide
  4. コープ脱離 Cope Elimination
  5. 水素化ホウ素亜鉛 Zinc Bodohydride
  6. バートン ヨウ化ビニル合成 Barton Vinyl Iodid…
  7. ワイス反応 Weiss Reaction
  8. 宮浦・石山ホウ素化反応 Miyaura-Ishiyama Bor…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 理論的手法を用いた結晶内における三重項エネルギーの流れの観測
  2. 【速報】2013年イグノーベル化学賞!「涙のでないタマネギ開発」
  3. ビオチン標識 biotin label
  4. 疑惑の論文200本発見 米大が盗作探知プログラム開発
  5. フルオキセチン(プロザック) / Fluoxetine (Prozac)
  6. バイオディーゼル燃料による大気汚染「改善」への影響は…?
  7. 秋の褒章2010-化学
  8. 「生物素材で新規構造材料を作り出す」沼田 圭司 教授
  9. パット・ブラウン Patrick O. Brown
  10. 消せるボールペンのひみつ ~30年の苦闘~

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

特許情報から読み解く大手化学メーカーの比較

前回のIR情報から読み解く大手化学メーカーの比較では、IR情報からわかる売上や収益で比較を行いました…

千田憲孝 Noritaka Chida

千田憲孝(ちだ のりたか)は、日本の化学者である(写真はこちらより引用)。慶應義塾大学理工学部教授。…

荷電処理が一切不要な振動発電素子を創る~有機EL材料の新しい展開~

第262回のスポットライトリサーチは、千葉大学先進科学センター・石井久夫研究室 助教の田中有弥さんに…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP