[スポンサーリンク]

archives

ジピバロイルメタン:Dipivaloylmethane

D1678.gif


銅、鉄触媒を用いたフェノールのアリール化反応


Tailleferらは、銅または鉄触媒を用いたフェノールのアリール化反応について報告しています。それによれば、銅触媒存在下でのアリールクロリドとフェノールのカップリング反応において、ジピバロイルメタン
配位子として加えることにより、高収率でジアリールエーテルが得られます。この方法はパラジウム触媒を用いる従来の方法に比べ安価で、工業スケールでも利
用可能であることから、有用であると考えられます。また、鉄触媒存在下におけるアリールヨージドとフェノールのカップリング反応や、これらの反応を組み合
わせた非対称ポリエーテルのワンポット合成についても報告しています。
N. Xia, M. Taillefer, Chem. Eur. J., 2008, 14, 6037.

関連記事

  1. N-ヨードサッカリン:N-Iodosaccharin
  2. インドール一覧
  3. カルノシン酸 : Carnosic Acid
  4. ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成
  5. トリメトキシフェニルシラン:Trimethoxyphenylsi…
  6. ポリエチレングリコール結合ルテニウムカルベン錯体
  7. サーバーを移転しました
  8. 活性マグネシウム

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. セミナーチャンネルを開設
  2. 燃える化学の動画を集めてみました
  3. ウィルゲロット反応 Willgerodt Reaction
  4. 私がなぜケムステスタッフになったのか?
  5. 「フラストレイティド・ルイスペアが拓く革新的変換」ミュンスター大学・Erker研より
  6. 高専の化学科ってどんなところ? -その 1-
  7. ヨードホルム (iodoform)
  8. マシュー・ゴーント Matthew J. Gaunt
  9. 氷河期に大量のメタン放出 十勝沖の海底研究で判明
  10. 「男性型脱毛症薬が登場」新薬の承認を審議

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

研究のための取引用語

企業の研究員や研究室のスタッフになると、必要な機器や物品を自ら購入する機会が多々ある。その際に知って…

研究室でDIY!~割れないマニホールドをつくろう~

どこでも誰でも使える、ちょっとしたDIYテクニックを共有し、皆でラボを便利に使いましょう・節約しまし…

材料研究分野で挑戦、“ゆりかごから墓場まで”データフル活用の効果

材料研究分野でデータを“ゆりかごから墓場まで”フル活用するシステムの構築が進んでいる。人工知能(AI…

150度以上の高温で使える半導体プラスチック

Perdue大学のMei教授らは、150ºC以上の高温でも安定的に電気を流せる半導体ポリマー材料を開…

化学構造式描画のスタンダードを学ぼう!【応用編】

前回の【基本編】に引き続き、化学構造式描画の標準ガイドラインをご紹介します。“Graphical…

アジドの3つの窒素原子をすべて入れる

ホスフィン触媒を用い、アジド化合物とα,β-エノンからβ-アミノα-ジアゾカルボニル化合物を合成した…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP