[スポンサーリンク]

archives

ジピバロイルメタン:Dipivaloylmethane

[スポンサーリンク]

D1678.gif


銅、鉄触媒を用いたフェノールのアリール化反応


Tailleferらは、銅または鉄触媒を用いたフェノールのアリール化反応について報告しています。それによれば、銅触媒存在下でのアリールクロリドとフェノールのカップリング反応において、ジピバロイルメタン
配位子として加えることにより、高収率でジアリールエーテルが得られます。この方法はパラジウム触媒を用いる従来の方法に比べ安価で、工業スケールでも利
用可能であることから、有用であると考えられます。また、鉄触媒存在下におけるアリールヨージドとフェノールのカップリング反応や、これらの反応を組み合
わせた非対称ポリエーテルのワンポット合成についても報告しています。
N. Xia, M. Taillefer, Chem. Eur. J., 2008, 14, 6037.

関連記事

  1. ビス(ヘキサフルオロアセチルアセトナト)銅(II)水和物 : B…
  2. 高分子学会年次大会 「合成するぞ!」Tシャツキャンペーン
  3. ニュースタッフ追加
  4. 位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化
  5. 創薬・医療分野セミナー受講者募集(Blockbuster TOK…
  6. カルボニルトリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I)ヒドリド…
  7. ボロントリフルオリド – エチルエーテル コンプレッ…
  8. セレノフェン : Selenophene

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. シリリウムカルボラン触媒を用いる脱フッ素水素化
  2. 生物学的等価体 Bioisostere
  3. マイクロフロー瞬間pHスイッチによるアミノ酸NCAの高効率合成
  4. 高い発光性を示すヘリセンの迅速的合成
  5. リチウムイオン電池の正極・負極≪活物質技術≫徹底解説セミナー
  6. 比色法の化学(前編)
  7. アルミニウム Aluminium 最も多い金属元素であり、一円玉やアルミホイルの原料
  8. 国際化学オリンピックのお手伝いをしよう!
  9. Zoomオンライン革命!
  10. ボロントリフルオリド – エチルエーテル コンプレックス : Boron Trifluoride – Ethyl Ether Complex

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

光/熱で酸化特性のオン/オフ制御が可能な分子スイッチの創出に成功

第244回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院総合化学院・林 裕貴さんにお願いしました。…

続・企業の研究を通して感じたこと

自分は、2014年に「企業の研究を通して感じたこと」という記事を執筆しましたが、それから5年が経ち、…

第49回―「超分子の電気化学的挙動を研究する」Angel Kaifer教授

第49回の海外化学者インタビューは、エンジェル・カイファー教授です。マイアミ大学化学科で超分子系電気…

日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学

■ 概要企画名:    市民公開講座 夢をかなえる科学主催:        公益社団法人…

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP