[スポンサーリンク]

archives

ジピバロイルメタン:Dipivaloylmethane

D1678.gif


銅、鉄触媒を用いたフェノールのアリール化反応


Tailleferらは、銅または鉄触媒を用いたフェノールのアリール化反応について報告しています。それによれば、銅触媒存在下でのアリールクロリドとフェノールのカップリング反応において、ジピバロイルメタン
配位子として加えることにより、高収率でジアリールエーテルが得られます。この方法はパラジウム触媒を用いる従来の方法に比べ安価で、工業スケールでも利
用可能であることから、有用であると考えられます。また、鉄触媒存在下におけるアリールヨージドとフェノールのカップリング反応や、これらの反応を組み合
わせた非対称ポリエーテルのワンポット合成についても報告しています。
N. Xia, M. Taillefer, Chem. Eur. J., 2008, 14, 6037.

関連記事

  1. (-)-MTPA-Cl
  2. トリス(ペンタフルオロフェニル)ボラン : Tris(penta…
  3. エポキシ樹脂の硬化特性と硬化剤の使い方【終了】
  4. (+)-MTPA-Cl
  5. テトラキス[3,5-ビス(トリフルオロメチル)フェニル]ほう酸ナ…
  6. トリス(トリフェニルホスフィン)ロジウム(I) クロリド:Tri…
  7. 乳化剤の基礎とエマルション状態の評価【終了】
  8. 位置選択性の制御が可能なスチレンのヒドロアリール化

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. イオンペアによるラジカルアニオン種の認識と立体制御法
  2. 磯部 寛之 Hiroyuki Isobe
  3. 石見銀山遺跡
  4. 鋳型合成 Templated Synthesis
  5. メーヤワイン・ポンドルフ・ヴァーレイ還元 Meerwein-Ponndorf-Verley (MPV) Reduction
  6. 化学のちからで抗体医薬を武装する
  7. ライオン、男性の体臭の原因物質「アンドロステノン」の解明とその抑制成分の開発に成功
  8. アザ-ウィティッヒ反応 Aza-Wittig Reaction
  9. 自在に分解できるプラスチック:ポリフタルアルデヒド
  10. 溶媒としてアルコールを検討しました(笑)

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

【なんと簡単な!】 カーボンナノリングを用いた多孔性ナノシートのボトムアップ合成

第 164 回目のスポットライトリサーチは東京大学大学院新領域創成科学研究科 物質系専攻の森泰造 (…

PAGE TOP