[スポンサーリンク]

archives

ジピバロイルメタン:Dipivaloylmethane

[スポンサーリンク]

D1678.gif


銅、鉄触媒を用いたフェノールのアリール化反応


Tailleferらは、銅または鉄触媒を用いたフェノールのアリール化反応について報告しています。それによれば、銅触媒存在下でのアリールクロリドとフェノールのカップリング反応において、ジピバロイルメタン
配位子として加えることにより、高収率でジアリールエーテルが得られます。この方法はパラジウム触媒を用いる従来の方法に比べ安価で、工業スケールでも利
用可能であることから、有用であると考えられます。また、鉄触媒存在下におけるアリールヨージドとフェノールのカップリング反応や、これらの反応を組み合
わせた非対称ポリエーテルのワンポット合成についても報告しています。
N. Xia, M. Taillefer, Chem. Eur. J., 2008, 14, 6037.

関連記事

  1. スルホニルフルオリド
  2. 位置およびエナンチオ選択的Diels-Alder反応に有効な不斉…
  3. Ugi反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニトリル・カルボ…
  4. 太陽電池バックシートの開発と評価【終了】
  5. 3-ベンジル-5-(2-ヒドロキシエチル)-4-メチルチアゾリウ…
  6. 連続フロー水素化反応に適したポリシラン担持パラジウム触媒
  7. トリフルオロ酢酸パラジウム(II):Palladium(II) …
  8. クロロ(1,5-シクロオクタジエン)ロジウム(I) (ダイマー)…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. クラウス・ミューレン Klaus Müllen
  2. 有機反応の立体選択性―その考え方と手法
  3. 「不斉有機触媒の未踏課題に挑戦する」—マックス・プランク石炭化学研究所・List研より
  4. ベンゼン環が速く・キレイに描けるルーズリーフ
  5. (−)-Salinosporamide Aの全合成
  6. 植物の受精効率を高める糖鎖「アモール」の発見
  7. 「パキシル」服用の自殺者増加 副作用の疑い
  8. 新たなクリックケミストリーを拓く”SuFEx反応”
  9. Newton別冊「注目のスーパーマテリアル」が熱い!
  10. マイクロリアクターで新時代!先取りセミナー 【終了】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

C–NおよびC–O求電子剤間の還元的クロスカップリング

C–N求電子剤とC–O求電子剤間のクロスカップリング反応が初めて開発された。有機化合物中に普遍的に存…

Principles and Applications of Aggregation-Induced Emission

内容This book explores the aggregation-induced e…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP