[スポンサーリンク]

archives

ジピバロイルメタン:Dipivaloylmethane

D1678.gif


銅、鉄触媒を用いたフェノールのアリール化反応


Tailleferらは、銅または鉄触媒を用いたフェノールのアリール化反応について報告しています。それによれば、銅触媒存在下でのアリールクロリドとフェノールのカップリング反応において、ジピバロイルメタン
配位子として加えることにより、高収率でジアリールエーテルが得られます。この方法はパラジウム触媒を用いる従来の方法に比べ安価で、工業スケールでも利
用可能であることから、有用であると考えられます。また、鉄触媒存在下におけるアリールヨージドとフェノールのカップリング反応や、これらの反応を組み合
わせた非対称ポリエーテルのワンポット合成についても報告しています。
N. Xia, M. Taillefer, Chem. Eur. J., 2008, 14, 6037.

関連記事

  1. 大型リチウムイオン電池及び関連商品・構成材料の開発【終了】
  2. 4-メルカプト安息香酸:4-Mercaptobenzoic Ac…
  3. 亜鉛トリフラート触媒:Zinc Triflate
  4. NHC (Bode触媒2) と酸共触媒を用いるα,β-不飽和アル…
  5. マイクロリアクターによる合成技術【終了】
  6. 有機・高分子合成における脱”レアメタル”…
  7. 1-ブチル-3-メチルイミダゾリウムヘキサフルオロホスファート:…
  8. イリジウム錯体:Iridium-complex

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 近況報告Part III
  2. 複雑な化合物を効率よく生成 名大チーム開発
  3. 化学業界と就職活動
  4. 18F-FDG(フルオロデオキシグルコース)
  5. コラボリー/Groups(グループ):サイエンスミートアップを支援
  6. ヴィクター・スニーカス Victor A. Snieckus
  7. カルシウムイオン濃度をモニターできるゲル状センサー
  8. ジピバロイルメタン:Dipivaloylmethane
  9. 製薬各社の被災状況②
  10. このホウ素、まるで窒素ー酸を塩基に変えるー

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

NMRの基礎知識【測定・解析編】

本シリーズでは、NMRの原理から実例までをできるだけ分かりやすくご紹介したいと思います。前回の【原理…

「人工知能時代」と人間の仕事

デジタル技術の進歩は著しく、特に、人工知能(AI)と呼ばれる機械学習システムの進歩は、世界の労働者の…

特定の刺激でタンパク質放出速度を制御できるスマート超分子ヒドロゲルの開発

第134回のスポットライトリサーチは、京都大学大学院 工学研究科 合成·生物化学専攻 浜地研究室の重…

有機合成化学協会誌2018年1月号:光学活性イミダゾリジン含有ピンサー金属錯体・直截カルコゲン化・インジウム触媒・曲面π構造・タンパク質チオエステル合成

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年1月号が昨日オンライン公開されました。…

アミン化合物をワンポットで簡便に合成 -新規還元的アミノ化触媒-:関東化学

アミン化合物は医薬品、農薬などの生理活性物質をはじめ、ポリマーなどの工業材料に至るまで様々な化学物質…

独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成

近年単離されたアルカロイド(—)-himalensine Aの全合成に初めて成功した。独自開発した二…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP