[スポンサーリンク]

archives

ポリエチレングリコール結合ルテニウムカルベン錯体

[スポンサーリンク]

P1427.gif

東京化成工業】
 
ポリエチレングリコール結合ルテニウムカルベン錯体:Polyethylene Glycol-bound Ruthenium Carbene Complex
CAS: 321922-26-3
製品コード : P1427
値段: 100mg 20,700円(2008.10.22 現在)
用途:触媒
説明:Hoveyda第一世代型のオレフィンメタセシス触媒をPEGに担持することで触媒が回収可能となる。反応後,貧溶媒としてジエチルエーテルを加え,ポリエチレングリコール担持触媒を析出させ,回収,再利用できる。
文献:Q. Yao, Angew. Chem. Int. Ed., 2000, 39, 389.
その他メタセシスに関する触媒:オレフィンメタセシス触媒 (TCIメール)

関連記事

  1. 第七回 巧みに非共有結合相互作用をつかうー Vince Rote…
  2. 潤滑油、グリースおよび添加剤の実践的分離【終了】
  3. グラファイト、グラフェン、ナノグラフェンの構造と電子・磁気機能【…
  4. 高透明性耐熱樹脂の開発技術と将来予測【終了】
  5. π-アリルパラジウム錯体
  6. 有機合成者でもわかる結晶製品生産の最適化と晶析操作【終了】
  7. 研究者・開発者に必要なマーケティング技術と活用方法【終了】
  8. ロジウム(I)触媒を用いるアリールニトリルの炭素‐シアノ基選択的…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~
  2. ジュリア・コシエンスキー オレフィン合成 Julia-Kocienski Olefination
  3. 武田薬品工業、米バイオベンチャー買収へ 280億円で
  4. 光親和性標識法の新たな分子ツール
  5. Macユーザに朗報?ChemDrawバージョンアップ
  6. バートン反応 Barton Reaction
  7. エルゼビアからケムステ読者に特別特典!
  8. オルトチタン酸テトライソプロピル:Tetraisopropyl Orthotitanate
  9. コープ転位 Cope Rearrangement
  10. オープンアクセス論文が半数突破か

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

ボロン酸エステルをモノ・ジフルオロメチル基に変える

ボロン酸エステルを原料としたモノ、ジフルオロメチル化反応が開発された。立体特異的に進行する本反応では…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP