[スポンサーリンク]

archives

ポリエチレングリコール結合ルテニウムカルベン錯体

P1427.gif

東京化成工業】
 
ポリエチレングリコール結合ルテニウムカルベン錯体:Polyethylene Glycol-bound Ruthenium Carbene Complex
CAS: 321922-26-3
製品コード : P1427
値段: 100mg 20,700円(2008.10.22 現在)
用途:触媒
説明:Hoveyda第一世代型のオレフィンメタセシス触媒をPEGに担持することで触媒が回収可能となる。反応後,貧溶媒としてジエチルエーテルを加え,ポリエチレングリコール担持触媒を析出させ,回収,再利用できる。
文献:Q. Yao, Angew. Chem. Int. Ed., 2000, 39, 389.
その他メタセシスに関する触媒:オレフィンメタセシス触媒 (TCIメール)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. イソプロポキシボロン酸ピナコール:Isopropoxyboron…
  2. A-Phosパラジウム錯体
  3. インドール一覧
  4. ニュースタッフ参加
  5. FT-IR(赤外分光法)の基礎と高分子材料分析の実際2【終了】
  6. ケムステ新コンテンツ「化学地球儀」
  7. セリ科植物に含まれる生理活性成分
  8. リチウムイオン電池製造の勘どころ【終了】

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 製薬、3強時代に 「第一三共」きょう発足
  2. コーリー・フックス アルキン合成 Corey-Fuchs Alkyne Synthesis
  3. (S)-5-(ピロリジン-2-イル)-1H-テトラゾール:(S)-5-(Pyrrolidin-2-yl)-1H-tetrazole
  4. ウギ反応 Ugi Reaction
  5. 可逆的付加-開裂連鎖移動重合 RAFT Polymerization
  6. キャロライン・ベルトッツィ Carolyne R. Bertozzi
  7. ノーベル化学賞・受賞者一覧
  8. 第18回「化学の職人」を目指すー京都大学 笹森貴裕准教授
  9. 素粒子と遊ぼう!
  10. ベンジル酸転位 Benzilic Acid Rearrangement

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2018年3月2日:ケムステ主催「化学系学生対象 企業合同説明会」

2月も後半となり、3月1日の就活解禁に向けて、2019年卒業予定の学生のみなさんは、就活モードが本格…

高専シンポジウム in KOBE に参加しました –その 2: 牛の尿で発電!? 卵殻膜を用いた燃料電池–

1 月 27 日に開催された第 23 回 高専シンポジウム in KOBE の参加報告の後編です。前…

化学探偵Mr.キュリー7

昨年3月からついに職業作家となった、化学小説家喜多喜久氏。その代表作である「化学探偵Mr.キュリー」…

き裂を高速で修復する自己治癒材料

第139回目のスポットライトリサーチは、物質・材料研究機構(NIMS) 構造材料研究拠点 長田 俊郎…

新コース開講! 東大発の無料オンライン英語講座!

研究室でのプレゼン、国際学会、海外留学など、国際化する研究環境にいまや英語は欠かせません。Engli…

脱水素型クロスカップリング重合法の開発

第138回目のスポットライトリサーチは、筑波大学 神原・桑原研究室の青木 英晃さん(博士前期課程2年…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP