[スポンサーリンク]

archives

ポリエチレングリコール結合ルテニウムカルベン錯体

[スポンサーリンク]

P1427.gif

東京化成工業】
 
ポリエチレングリコール結合ルテニウムカルベン錯体:Polyethylene Glycol-bound Ruthenium Carbene Complex
CAS: 321922-26-3
製品コード : P1427
値段: 100mg 20,700円(2008.10.22 現在)
用途:触媒
説明:Hoveyda第一世代型のオレフィンメタセシス触媒をPEGに担持することで触媒が回収可能となる。反応後,貧溶媒としてジエチルエーテルを加え,ポリエチレングリコール担持触媒を析出させ,回収,再利用できる。
文献:Q. Yao, Angew. Chem. Int. Ed., 2000, 39, 389.
その他メタセシスに関する触媒:オレフィンメタセシス触媒 (TCIメール)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. トルキセン : Truxene
  2. 取扱いが容易なトリフルオロアセチル化試薬
  3. トリフェニル-2,6-キシリルビスムトニウムテトラフルオロボラー…
  4. ターボグリニャール試薬
  5. 大型リチウムイオン電池の基礎知識【終了】
  6. ナノ粒子の機能と応用 ?コロイダルシリカを中心に?【終了】
  7. 2,9-ジブチル-1,10-フェナントロリン:2,9-Dibut…
  8. XPhos

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 化学小説まとめ
  2. ブラム・イッター アジリジン合成 Blum-Ittah Aziridine Synthesis
  3. 盧 煜明 Dennis Yuk-ming Lo
  4. サレン-Mn錯体
  5. あなたの合成ルートは理想的?
  6. ファイトスルフォカイン (phytosulfokine)
  7. 私がケムステスタッフになったワケ(3)
  8. 耐薬品性デジタルマノメーター:バキューブランド VACUU・VIEW
  9. エレクトライド:大量生産に道--セメント原料から次世代ディスプレーの材料
  10. カラッシュ・ソスノフスキ-酸化 Kharasch-Sosnovsky Oxidation

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2つのグリニャールからスルホンジイミンを作る

グリニャール試薬とスルフィニルアミンを用いたスルホンジイミン合成が達成された。爆発性物質、臭気性物質…

赤外光で分子の結合を切る!

第224回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所芦原研究室の森近一貴(もりちか いっき)…

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP