[スポンサーリンク]

archives

ポリエチレングリコール結合ルテニウムカルベン錯体

P1427.gif

東京化成工業】
 
ポリエチレングリコール結合ルテニウムカルベン錯体:Polyethylene Glycol-bound Ruthenium Carbene Complex
CAS: 321922-26-3
製品コード : P1427
値段: 100mg 20,700円(2008.10.22 現在)
用途:触媒
説明:Hoveyda第一世代型のオレフィンメタセシス触媒をPEGに担持することで触媒が回収可能となる。反応後,貧溶媒としてジエチルエーテルを加え,ポリエチレングリコール担持触媒を析出させ,回収,再利用できる。
文献:Q. Yao, Angew. Chem. Int. Ed., 2000, 39, 389.
その他メタセシスに関する触媒:オレフィンメタセシス触媒 (TCIメール)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. N,N-ジメチルアセトアミドジメチルアセタール : N,N-Di…
  2. n型半導体特性を示すペリレン誘導体
  3. 日本の海底鉱物資源の開発状況と課題、事業展望【終了】
  4. イリジウム錯体:Iridium-complex
  5. インドール一覧
  6. 4-(ジメチルアミノ)ベンゼンチオール : 4-(Dimethy…
  7. ヘテロアレーンカルボニル化キナアルカロイド触媒を用いたアジリジン…
  8. Xantphos

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 浦野 泰照 Yasuteru Urano
  2. 国際化学五輪、日本代表に新高校3年生4人決定/化学グランプリ2017応募始まる
  3. イヴ・ショーヴァン Yves Chauvin
  4. NMR Chemical Shifts ー溶媒のNMR論文より
  5. 林 雄二郎 Yujiro Hayashi
  6. マーティン・カープラス Martin Karplus
  7. 「非晶質ニッケルナノ粒子」のユニークな触媒特性
  8. 「先端触媒構造反応リアルタイム計測ビームライン」が竣工
  9. C-H酸化反応の開発
  10. O-アシルイソペプチド法 O-acylisopeptide Method

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

トーマス・レクタ Thomas Lectka

トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

有機合成化学協会誌2017年12月号:四ヨウ化チタン・高機能金属ナノクラスター・ジシリルベンゼン・超分子タンパク質・マンノペプチマイシンアグリコン

2017年も残すところあとわずかですね。みなさまにとって2017年はどのような年でしたでしょうか。…

イミデートラジカルを経由するアルコールのβ位選択的C-Hアミノ化反応

オハイオ州立大学・David A. Nagibらは、脂肪族アルコールのラジカル関与型β位選択的C(s…

翻訳アルゴリズムで化学反応を予測、IBMの研究者が発表

有機化学を原子や分子ではなく、単語や文と考えることで、人工知能(AI)アルゴリズムを用いて化学反応を…

細胞をつなぐ秘密の輸送路

細胞から細く長く伸びるワイヤー状の管。サイトネームやトンネルナノチューブと呼ばれるこの管は、離れた細…

IGZO

インジウム (Indium) 、ガリウム (Gallium) 、亜鉛 (Zinc) 、酸素 (Oxy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP