[スポンサーリンク]

archives

ポリエチレングリコール結合ルテニウムカルベン錯体

[スポンサーリンク]

P1427.gif

東京化成工業】
 
ポリエチレングリコール結合ルテニウムカルベン錯体:Polyethylene Glycol-bound Ruthenium Carbene Complex
CAS: 321922-26-3
製品コード : P1427
値段: 100mg 20,700円(2008.10.22 現在)
用途:触媒
説明:Hoveyda第一世代型のオレフィンメタセシス触媒をPEGに担持することで触媒が回収可能となる。反応後,貧溶媒としてジエチルエーテルを加え,ポリエチレングリコール担持触媒を析出させ,回収,再利用できる。
文献:Q. Yao, Angew. Chem. Int. Ed., 2000, 39, 389.
その他メタセシスに関する触媒:オレフィンメタセシス触媒 (TCIメール)

関連記事

  1. フィルム製造プロセスのスキルアップ【終了】
  2. REACH/RoHS関連法案の最新動向【終了】
  3. マテリアルズ・インフォマティクスの基礎知識とよくある誤解
  4. フルオラス向山試薬 (Fluorous Mukaiyama re…
  5. 材料開発を効率化する、マテリアルズ・インフォマティクス人材活用の…
  6. スーパーブレンステッド酸
  7. ケムステV年末ライブ & V忘年会2020を開催します…
  8. 10-メチルアクリジニウム触媒を用いたBaeyer-Villig…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. その構造、使って大丈夫ですか? 〜創薬におけるアブナいヤツら〜
  2. ピリジン同士のラジカル-ラジカルカップリング
  3. 化学者も参戦!?急成長ワクチン業界
  4. Baird芳香族性、初のエネルギー論
  5. テクノシグマのミニオイルバス MOB-200 を試してみた
  6. MEXT-JST 元素戦略合同シンポジウム ~元素戦略研究の歩みと今後~
  7. ステファン・ヘル Stefan W. Hell
  8. 複雑天然物Communesinの新規類縁体、遺伝子破壊実験により明らかに!
  9. 水素化ジイソブチルアルミニウム Diisobutylaluminium hydride
  10. ウーロン茶に新薬開発の夢 県立大グループが新成分発見

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2009年12月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

最新記事

第11回 慶應有機化学若手シンポジウム

シンポジウム概要主催:慶應有機化学若手シンポジウム実行委員会共催:慶應義塾大…

薬学部ってどんなところ?

自己紹介Chemstationの新入りスタッフのねこたまと申します。現在は学部の4年生(薬学部)…

光と水で還元的環化反応をリノベーション

第609回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院薬学研究院(精密合成化学研究室)の中村顕斗 …

ブーゲ-ランベルト-ベールの法則(Bouguer-Lambert-Beer’s law)

概要分子が溶けた溶液に光を通したとき,そこから出てくる光の強さは,入る前の強さと比べて小さくなる…

活性酸素種はどれでしょう? 〜三重項酸素と一重項酸素、そのほか〜

第109回薬剤師国家試験 (2024年実施) にて、以下のような問題が出題されま…

産総研がすごい!〜修士卒研究職の新育成制度を開始〜

2023年より全研究領域で修士卒研究職の採用を開始した産業技術総合研究所(以下 産総研)ですが、20…

有機合成化学協会誌2024年4月号:ミロガバリン・クロロププケアナニン・メロテルペノイド・サリチル酸誘導体・光励起ホウ素アート錯体

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2024年4月号がオンライン公開されています。…

日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました

3月28日から31日にかけて開催された,日本薬学会第144年会 (横浜) に参加してきました.筆者自…

キシリトールのはなし

Tshozoです。 35年くらい前、ある食品メーカが「虫歯になりにくい糖分」を使ったお菓子を…

2つの結合回転を熱と光によって操る、ベンズアミド構造の新たな性質を発見

 第 608回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院 生命科学院 生命科学専攻 生命医…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP