[スポンサーリンク]

archives

ポリエチレングリコール結合ルテニウムカルベン錯体

[スポンサーリンク]

P1427.gif

東京化成工業】
 
ポリエチレングリコール結合ルテニウムカルベン錯体:Polyethylene Glycol-bound Ruthenium Carbene Complex
CAS: 321922-26-3
製品コード : P1427
値段: 100mg 20,700円(2008.10.22 現在)
用途:触媒
説明:Hoveyda第一世代型のオレフィンメタセシス触媒をPEGに担持することで触媒が回収可能となる。反応後,貧溶媒としてジエチルエーテルを加え,ポリエチレングリコール担持触媒を析出させ,回収,再利用できる。
文献:Q. Yao, Angew. Chem. Int. Ed., 2000, 39, 389.
その他メタセシスに関する触媒:オレフィンメタセシス触媒 (TCIメール)
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. トリ(2-フリル)ホスフィン:Tri(2-furyl)phosp…
  2. はてブ週間ランキング第四位を獲得
  3. 二酸化炭素の工業用有機材料への利用とその作製技術
  4. PdCl2(dppf)
  5. 研究者・開発者に必要なマーケティング技術と活用方法【終了】
  6. トリフェニル-2,6-キシリルビスムトニウムテトラフルオロボラー…
  7. ピバロイルクロリド:Pivaloyl Chloride
  8. N,N,N’,N’-テトラメチルエチレン…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 日本に居ながら、ナマの英語に触れる工夫
  2. トリニトロトルエン / Trinitrotoluene (TNT)
  3. 北川 進 Susumu Kitagawa
  4. 構造式の効果
  5. 分子びっくり箱
  6. 東大キャリア教室で1年生に伝えている大切なこと: 変化を生きる13の流儀
  7. レビュー多すぎじゃね??
  8. 化学で「透明人間」になれますか? 人類の夢をかなえる最新研究15
  9. これからの研究開発状況下を生き抜くための3つの資質
  10. バートン脱アミノ化 Barton Deamination

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

葉緑素だけが集積したナノシート

第235回のスポットライトリサーチは、立命館大学 民秋研究室で博士研究員をされていた、庄司 淳(しょ…

第38回「分子組織化の多様な側面を理解する」Neil Champness教授

長らく更新が止まっていましたが、海外化学者インタビュー再開しました。Nature Chemistry…

排ガス原料のSAFでデリバリーフライトを実施

ANAは日本時間の10月30日、排ガスを原料とするSustainable Aviation Fuel…

“つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御

お申込み・詳細はこちら日程2020年1月9日(木)・10日(金)定員20名  先着順…

【日産化学】画期的な生物活性を有する新規除草剤の開発  ~ジオキサジン環に苦しみ、笑った日々~

日産化学は、コア技術である「精密有機合成」や「生物評価」を活かして自社独自開発の…

モノクローナル抗体を用いた人工金属酵素によるエナンチオ選択的フリーデル・クラフツ反応

第234回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院理学研究科・安達 琢真さんにお願いしました。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP