[スポンサーリンク]

archives

3-メチル-1-フェニル-2-ホスホレン1-オキシド:3-Methyl-1-phenyl-2-phospholene 1-Oxide

M0705.gif

アザ-Wittig環化反応

Marsdenらは、触媒的アザ-Wittig環化反応による含窒素複素環化合物の合成を報告しています。それによれば、例えば、安息香酸2-イソシアナトフェニルを触媒量の3-メチル-1-フェニル-2-ホスホレン1-オキシドと作用させることによりイミノホスホランが形成し、続く分子内アザ-Wittig環化反応によりベンゾオキサゾール誘導体が高収率で得られます。種々の含窒素複素環化合物の合成への応用が期待されます。
S. P. Marsden, A. E. McGonagle, B. McKeever-Abbas, Org. Lett., 2008, 10, 2589.

関連記事

  1. GlycoProfile アジド糖
  2. ビス(ピリジン)ヨードニウムテトラフルオロボラート:Bis(py…
  3. ヘテロアレーンカルボニル化キナアルカロイド触媒を用いたアジリジン…
  4. リチウム二次電池における次世代電極材料の開発【終了】
  5. リチウムイオン電池の特許動向から見た今後の開発と展望【終了】
  6. 2-トリメチルシリル-1,3-ジチアン:1,3-Dithian-…
  7. アクティブボロン酸~ヘテロ芳香環のクロスカップリングに~
  8. Passerini反応を利用できるアルデヒドアルデヒド・イソニト…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 【速報】2010年ノーベル化学賞決定!『クロスカップリング反応』に!!
  2. カルベンで炭素ー炭素単結合を切る
  3. 首席随員に野依良治氏 5月の両陛下欧州訪問
  4. 未来の科学者を育てる政策~スーパーサイエンスハイスクール(SSH)~
  5. クリストファー・ウォルシュ Christopher Walsh
  6. 住友化学歴史資料館
  7. 化学大手、原油高で原料多様化・ナフサ依存下げる
  8. セミナー/講義資料で最先端化学を学ぼう!【有機合成系・2016版】
  9. 京大北川教授と名古屋大学松田教授のグループが”Air Liquide Essential Molecules Challenge”にて入賞
  10. 武田薬の糖尿病治療薬、心臓発作を予防する効果も

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

ラジカルと有機金属の反応を駆使した第3級アルキル鈴木―宮浦型カップリング

第154回のスポットライトリサーチは、中村 公昭(なかむら きみあき)博士にお願いしました。中村さん…

有機合成化学協会誌2018年8月号:触媒的不斉全合成・分子ローター型蛍光核酸・インドロキナゾリンアルカロイド・非対称化・アズレン・ヒドラゾン-パラジウム触媒

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年8月号がオンライン公開されました。今…

Noah Z. Burns ノア・バーンズ

ノア・バーンズ(Noah Z. Burns、19xx年x月xx日-)は、米国の有機合成化学者である。…

結晶データの登録・検索サービス(Access Structures&Deposit Structures)が公開

ケンブリッジ結晶学データセンターとFIZ Karlsruhe は,無償で利用できる結晶データの登録・…

可視光で芳香環を立体選択的に壊す

キラルルイス酸光触媒を用いた不斉脱芳香族的付加環化反応が開発された。ヘテロ芳香環の芳香族性を壊しなが…

科学とは「世界中で共有できるワクワクの源」! 2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞

2018年7月18日、フランス大使公邸にて2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞の授賞…

PAGE TOP