[スポンサーリンク]

archives

3-メチル-1-フェニル-2-ホスホレン1-オキシド:3-Methyl-1-phenyl-2-phospholene 1-Oxide

[スポンサーリンク]

M0705.gif

アザ-Wittig環化反応

Marsdenらは、触媒的アザ-Wittig環化反応による含窒素複素環化合物の合成を報告しています。それによれば、例えば、安息香酸2-イソシアナトフェニルを触媒量の3-メチル-1-フェニル-2-ホスホレン1-オキシドと作用させることによりイミノホスホランが形成し、続く分子内アザ-Wittig環化反応によりベンゾオキサゾール誘導体が高収率で得られます。種々の含窒素複素環化合物の合成への応用が期待されます。
S. P. Marsden, A. E. McGonagle, B. McKeever-Abbas, Org. Lett., 2008, 10, 2589.

TCI

TCI

投稿者の記事一覧

有機試薬メーカーです。

関連記事

  1. Horner-Emmons 試薬
  2. “つける“と“はがす“の新技術―分子接合と表面制御
  3. 進化する カップリング反応と 応用展開
  4. ワインレブアミドを用いたトリフルオロメチルケトン類の合成
  5. ケミカルバイオロジーがもたらす創薬イノベーション ~ グローバル…
  6. アニオンUV硬化に有用な光塩基発生剤(PBG)
  7. Z選択的ホルナー-エモンズ試薬:Z-selective Horn…
  8. ≪Excel演習で学ぶ≫化学プロセスにおける研究開発時のコスト試…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ヴィドマン・ストーマー シンノリン合成 Widman-Stoermer Cinnoline Synthesis
  2. 【PR】 Chem-Stationで記事を書いてみませんか?【スタッフ募集】
  3. 化学の学びと研究に役立つiPhone/iPad app 9選
  4. カガン・モランダーカップリング Kagan-Molander Coupling
  5. アルデヒドからアルキンをつくる新手法
  6. エステルを使った新しいカップリング反応
  7. エーザイ、アルツハイマー治療薬でスウェーデン企業と提携
  8. テトラブチルアンモニウムビフルオリド:Tetrabutylammonium Bifluoride
  9. 英会話とプログラミングの話
  10. 有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

フィブロイン Fibroin

フィブロイン(Fibroin)は、繭糸(シルク)の主成分であり、繊維状タンパク質の一種である。…

「もはや有機ではない有機材料化学:フルオロカーボンに可溶な材料の創製」– MIT・Swager研より

ケムステ海外研究記の第36回はマサチューセッツ工科大学(MIT)化学科のPhD課程に在籍されている吉…

八木 政行 Masayuki Yagi

八木 政行(やぎ まさゆき、Yagi Masayuki、1968年 -)は、日本の化学者である (写…

有機化学を俯瞰する –古代ギリシャ哲学から分子説の誕生まで–【前編】

本連載では、生命体を特別視する "生気説" が覆されたことにより、有機合成化学の幕が開いたことについ…

第92回―「金属錯体を結合形成触媒へ応用する」Rory Waterman教授

第92回の海外化学者インタビューは、ロリー・ウォーターマン教授です。バーモント大学化学科に在籍し、有…

第五回ケムステVシンポジウム「最先端ケムバイオ」を開催します!

コロナウイルスの自粛も全国で解かれ、日本国内はだいぶ復帰に近づいてました(希望的観測)。しかし今年度…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP