[スポンサーリンク]

archives

3-メチル-1-フェニル-2-ホスホレン1-オキシド:3-Methyl-1-phenyl-2-phospholene 1-Oxide

M0705.gif

アザ-Wittig環化反応

Marsdenらは、触媒的アザ-Wittig環化反応による含窒素複素環化合物の合成を報告しています。それによれば、例えば、安息香酸2-イソシアナトフェニルを触媒量の3-メチル-1-フェニル-2-ホスホレン1-オキシドと作用させることによりイミノホスホランが形成し、続く分子内アザ-Wittig環化反応によりベンゾオキサゾール誘導体が高収率で得られます。種々の含窒素複素環化合物の合成への応用が期待されます。
S. P. Marsden, A. E. McGonagle, B. McKeever-Abbas, Org. Lett., 2008, 10, 2589.

関連記事

  1. グラファイト、グラフェン、ナノグラフェンの構造と電子・磁気機能【…
  2. オキソアンモニウム塩を用いたアルデヒドの酸化的なHFIPエステル…
  3. MNBA脱水縮合剤
  4. 固体高分子電解質の基礎、材料技術と実用化【終了】
  5. ビス(ピリジン)ヨードニウムテトラフルオロボラート:Bis(py…
  6. ターボグリニャール試薬
  7. ブロモジメチルスルホニウムブロミド:Bromodimethyls…
  8. カプサイシンβ-D-グルコピラノシド : Capsaicin b…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. Greene’s Protective Groups in Organic Synthesis 5th Edition
  2. 学振申請書を磨き上げる11のポイント [文章編・後編]
  3. これならわかるNMR/二次元NMR
  4. 吸入ステロイド薬「フルタイド」の調査結果を発表
  5. ノーベル博物館
  6. BASFとはどんな会社?-1
  7. ムギネ酸は土から根に鉄分を運ぶ渡し舟
  8. English for Presentations at International Conferences
  9. 鍛冶屋はなぜ「鉄を熱いうちに」打つのか?
  10. 第34回 生物学と合成化学のハイブリッド高分子材料を開発する―Jeroen Cornelissen教授

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

博士後期で学費を企業が肩代わり、北陸先端大が国内初の制度

 北陸先端科学技術大学院大学は、産業界と連携した博士人材の育成制度を2019年度から開始する。企業が…

有機ホウ素化合物を用いたSNi型立体特異的β-ラムノシル化反応の開発

第166回目のスポットライトリサーチは、慶應義塾大学理工学部博士課程・西 信哉(にし のぶや)さんに…

アルキルアミンをボロン酸エステルに変換する

不活性C(sp3)–N結合をボリル化する初めての反応が開発された。入手容易なアルキルアミンから様々な…

生物の仕組みに倣う:背景と光に応じて色が変わる顔料の開発

第165回目のスポットライトリサーチは、名古屋大学大学院工学研究科 ・坂井美紀(さかい みき)さんに…

イミデートラジカルを用いた多置換アミノアルコール合成

イミデートラジカルを用い、一挙に多置換アミノアルコールを合成する方法が開発された。穏和な条件かつ位置…

ジェフリー·ロング Jeffrey R. Long

ジェフリー·ロング(Jeffrey R. Long, 1969年xx月xx日-)は、アメリカの無機材…

PAGE TOP