[スポンサーリンク]

キャンペーン

エルゼビアからケムステ読者に特別特典!

[スポンサーリンク]

elsevier_csj91.png

 少し前に日本化学会展示会中止に伴い、ワイリーから特別キャンペーンを2つ紹介させていただきましたが、今回ケムステ読者様の為にエルゼビアからも特別特典を用意していただきました。

  •  Comprehensive Natural Products II, Handbook of Heterocyclic Chemistry等、化学全般の洋書を特価販売
book_elsevier.png
多数の新書がそろっています。この他にも多数取り扱いタイトルがございます。詳しくはこちら
ケムステ読者の方に、書籍購入時の特典!
先着20名様、カード型USBメモリ(2GB) または特製ポストイット& Reaxysクリアフォルダーセットをプレゼント!
■ご注文方法:注文書  に、
1)学会名「ケムステ!」
2)その横にご希望のプレゼント(USBメモリ、もしくはポストイット&クリアフォルダーセット)
3)ご希望の書籍名、ISBN(販売リストからお選びください)及び必要事項をご記入の上、
(株)ディジタルデータマネジメント社 (FAX: 03-5641-1772/E-mail: tech@ddmcorp.com)へ送付ください。
ご注文の書籍と共に、先着20名の方には同梱してお送りいたします。
販売リスト、注文書ファイルのダウンロードはこちらから
 ーComprehensive Natural Products IIHandbook of Heterocyclic Chemistry, Third Editionは私も欲しいので買いたいと思います(前者は非常に高いですが…)。特価+ケムステ特典でぜひ希望の書籍をゲットしてください!
elzspecial.png
webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 二重可変領域を修飾先とする均質抗体―薬物複合体製造法
  2. 知の市場:無料公開講座参加者募集のご案内
  3. 水素社会実現に向けた連続フロー合成法を新開発
  4. マタタビの有効成分のはなし
  5. 黒板に描くと着色する「魔法の」チョークを自作してみました
  6. 高活性な不斉求核有機触媒の創製
  7. 有機反応を俯瞰する ー付加脱離
  8. リニューアル?!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 「不斉化学」の研究でイタリア化学会主催の国際賞を受賞-東理大硤合教授-
  2. 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2018年版】
  3. STAP細胞問題から見えた市民と科学者の乖離ー後編
  4. ダイキン、特許を無償開放 代替フロンのエアコン冷媒
  5. 化学系ラボでSlackを使ってみた
  6. 「化学五輪」準備組織が発足、委員長に野依氏
  7. 【速報】2010年ノーベル生理医学賞決定ーケンブリッジ大のエドワード氏
  8. 溶媒としてアルコールを検討しました(笑)
  9. 今年はキログラムに注目だ!
  10. 外国人研究者あるある

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成

脱芳香族化を伴う直接的な酸化により芳香族化合物からアレーンオキシドとオキセピンを合成する手法が開発さ…

ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2020年版】

It's no secret that the COVID-19 pandemic ha…

スポットライトリサーチムービー:動画であなたの研究を紹介します

5年前、ケムステ15周年の際に新たな試みとしてはじめたコンテンツ「スポットライトリサーチ」。…

第110回―「動的配座を制御する化学」Jonathan Clayden教授

第110回の海外化学者インタビューは、ジョナサン・クレイデン教授です。マンチェスター大学化学科(訳注…

化学研究で役に立つデータ解析入門:エクセルでも立派な解析ができるぞ編

化学分野でのAIを使った研究が多数報告されていてデータ解析は流行のトピックとなっていますが、専門外か…

高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

アルケンのエナンチオ選択的ヒドロアリール化反応

パラジウム触媒を用いたアルケンの還元的Heck型ヒドロアリール化反応が開発された。容易に着脱可能なキ…

第109回―「サステイナブルな高分子材料の創製」Andrew Dove教授

第109回の海外化学者インタビューは、アンドリュー・ダヴ教授です。ワーウィック大学化学科に所属(訳注…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP