[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

ビタミンB12 /vitamin B12

vitb12.gif

ビタミンB12(vitamin B12)は、水溶性ビタミンの一種である。化合物名はシアノコバラミン(cyanocobalamin)

  • 歴史・用途

X線解析により構造決定を果たしたドロシー・ホジキンは1964年のノーベル化学賞を受賞している。

  • 合成法

ノーベル化学賞受賞者でもある、ロバート・ウッドワードらによって化学全合成が達成されている。ありふれた分子ながら構造は複雑であり、その後誰一人として全合成を達成していない。

  • 関連文献
  • 関連書籍
  • 関連リンク
  •  

    シアノコバラミン – Wikipedia

    Cyanocobalamin – Wikipedia

    The following two tabs change content below.
    cosine

    cosine

    博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

    関連記事

    1. メチルトリメトキシシラン (methyltrimethoxysi…
    2. グルコース (glucose)
    3. ギンコライド ginkgolide
    4. プロリン ぷろりん proline
    5. 亜酸化窒素 Nitrous oxide
    6. 酢酸フェニル水銀 (phenylmercuric acetate…
    7. サリチル酸 (salicylic acid)
    8. トリクロロアニソール (2,4,6-trichloroaniso…

    コメント、感想はこちらへ

    注目情報

    ピックアップ記事

    1. 最期の病:悪液質
    2. パーコウ反応 Perkow Reaction
    3. ラッセル・コックス Rusesl J. Cox
    4. 被引用回数の多い科学論文top100
    5. 伊藤嘉彦京都大名誉教授死去
    6. タンパク質立体構造をPDBjViewerで表示しよう
    7. BASFとはどんな会社?-2
    8. ERATO伊丹分子ナノカーボンプロジェクト始動!
    9. 【詳説】2013年イグノーベル化学賞!「涙のでないタマネギ開発」
    10. ベンジル位アセタールを選択的に酸素酸化する不均一系触媒

    関連商品

    注目情報

    注目情報

    最新記事

    ベンゼンの直接アルキル化

    ベンゼンにアルキル基を導入したいとき、皆さんはどのような手法を用いますか? (さらに&hel…

    アメリカ大学院留学:TAの仕事

    私がこれまでの留学生活で経験した一番の挫折は、ティーチングアシスタント(TA)です。慣れない英語で大…

    2017年の注目分子はどれ?

    今年も残りあとわずかとなり、毎年おなじみのアメリカ化学会(ACS)によるMolecules of t…

    アルデヒドのC-Hクロスカップリングによるケトン合成

    プリンストン大学・David W. C. MacMillanらは、可視光レドックス触媒、ニッケル触媒…

    “かぼちゃ分子”内で分子内Diels–Alder反応

    環状水溶性ホスト分子であるククルビットウリルを用いて生体内酵素Diels–Alderaseの活性を模…

    トーマス・レクタ Thomas Lectka

    トーマス・レクタ (Thomas Lectka、19xx年xx月x日(デトロイト生)-)は、米国の有…

    Chem-Station Twitter

    PAGE TOP