[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

ビタミンB12 /vitamin B12

vitb12.gif

ビタミンB12(vitamin B12)は、水溶性ビタミンの一種である。化合物名はシアノコバラミン(cyanocobalamin)

  • 歴史・用途

X線解析により構造決定を果たしたドロシー・ホジキンは1964年のノーベル化学賞を受賞している。

  • 合成法

ノーベル化学賞受賞者でもある、ロバート・ウッドワードらによって化学全合成が達成されている。ありふれた分子ながら構造は複雑であり、その後誰一人として全合成を達成していない。

  • 関連文献
  • 関連書籍
  • 関連リンク
  •  

    シアノコバラミン – Wikipedia

    Cyanocobalamin – Wikipedia

    The following two tabs change content below.
    cosine

    cosine

    博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

    関連記事

    1. バトラコトキシン (batrachotoxin)
    2. 二フッ化酸素 (oxygen difluoride)
    3. カーボンナノチューブ /carbon nanotube (CNT…
    4. A-ファクター A-factor
    5. リベロマイシンA /Reveromycin A
    6. カンファー(camphor)
    7. レスベラトロール /resveratrol
    8. カプロラクタム (caprolactam)

    コメント、感想はこちらへ

    注目情報

    ピックアップ記事

    1. カルボン酸を触媒のみでアルコールに還元
    2. 独バイエル、世界全体で6100人を削減へ
    3. 科学を伝える-サイエンスコミュニケーターのお仕事-梅村綾子さん
    4. 有機合成化学協会の公式ページがリニューアル!!
    5. Stephacidin Bの全合成と触媒的ヒドロアミノアルキル化反応
    6. フタロシアニン鉄(II) : Phthalocyanine Iron(II)
    7. 積水化学、工業用接着剤で米最大手と提携
    8. アルケンとニトリルを相互交換する
    9. Nsアミン誘導体
    10. カメレオン変色のひみつ 最新の研究より

    関連商品

    注目情報

    注目情報

    最新記事

    水素社会実現に向けた連続フロー合成法を新開発

    第179回のスポットライトリサーチは、東京大学理学系研究科化学専攻有機合成化学教室の宮村浩之先生にお…

    【大阪開催2月26日】 「化学系学生のための企業研究セミナー」

    2020年卒業予定の学生の皆さんは、3月から就活本番を迎えますが、すでに企業の選考がスタートしている…

    Nature 創刊150周年記念シンポジウム:ポスター発表 募集中!

    本年、Nature 創刊150周年を迎えるそうです。150年といえば、明治時代が始まったばかり、北海…

    アルケニルアミドに2つアリールを入れる

    ニッケル触媒を用いたアルケニルアミドの1,2-ジアリール化反応が開発された。フマル酸エステルを配位子…

    蛍光標識で定性的・定量的な解析を可能に:Dansyl-GSH

    反応性代謝物の存在を調べたい。代謝化学の実験をしていれば、ほとんどの人がそう思うのではないでしょうか…

    アメリカで医者にかかる

    アメリカの大学院に進学する際、とても悩んだのが、医療保険についてです。アメリカでは医療費がとても高い…

    Chem-Station Twitter

    PAGE TOP