[スポンサーリンク]

身のまわりの分子

ビタミンB12 /vitamin B12

[スポンサーリンク]

vitb12.gif

ビタミンB12(vitamin B12)は、水溶性ビタミンの一種である。化合物名はシアノコバラミン(cyanocobalamin)

  • 歴史・用途

X線解析により構造決定を果たしたドロシー・ホジキンは1964年のノーベル化学賞を受賞している。

  • 合成法

ノーベル化学賞受賞者でもある、ロバート・ウッドワードらによって化学全合成が達成されている。ありふれた分子ながら構造は複雑であり、その後誰一人として全合成を達成していない。

  • 関連文献
  • 関連書籍
  • 関連リンク
  •  

    シアノコバラミン – Wikipedia

    Cyanocobalamin – Wikipedia

    The following two tabs change content below.
    cosine

    cosine

    博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。 関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。 素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

    関連記事

    1. フラーレン /Fullerene
    2. ビリジカタムトキシン Viridicatumtoxin
    3. アブシジン酸(abscisic acid; ABA)
    4. 二フッ化酸素 (oxygen difluoride)
    5. アクリルアミド /acrylamide
    6. トラネキサム酸 / tranexamic acid
    7. サブフタロシアニン SubPhthalocyanine
    8. 酒石酸/Tartaric acid

    コメント、感想はこちらへ

    注目情報

    ピックアップ記事

    1. 名古屋メダル―受賞者一覧
    2. 金大大学院、ナノ微粒子開発 医薬品や塗料などに応用も
    3. ゲルマニウム触媒でアルキンからベンゼンをつくる
    4. 大学生向け”オイシイ”情報の集め方
    5. 18万匹のトコジラミ大行進 ~誘因フェロモンを求めて①~
    6. 四酸化ルテニウム Ruthenium Tetroxide (RuO4)
    7. ルテニウム触媒によるC-C結合活性化を介した水素移動付加環化型カップリング
    8. ジョン・トーソン Jon S. Thorson
    9. 水素化ジイソブチルアルミニウム Diisobutylaluminium hydride
    10. 芳香環のハロゲン化 Halogenation of Aromatic Ring

    関連商品

    注目情報

    注目情報

    最新記事

    第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

    第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

    女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

    印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

    tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

    畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

    第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

    第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

    長期海外出張のお役立ちアイテム

    ぼちぼち中堅と呼ばれる年齢にさしかかってきたcosineです。そんなお年頃のせいでしょうか、…

    使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

    理系の理想の働き方を考える研究所「リケラボ」とコラボレーションとして「有機合成実験テクニック」の特集…

    Chem-Station Twitter

    PAGE TOP