[スポンサーリンク]

archives

セレノフェン : Selenophene

 

エレクトロクロミズム材料ビルディングブロック

セレノフェンはチオフェンよりも低い酸化電位と電子供与性を有し,共役ポリセレノフェンポリマーが新しい機能性材料として注目されています。Toppareらは,セレノフェンを原料に用いた共役セレノフェンモノマーの合成について報告しています。またこのモノマーから電解重合により作成したエレクトロクロミック素子は,電圧0.0 Vで薔薇色,1.3 Vで青色,応答速度0.5-0.6秒の良好なエレクトロクロミズムを示し,2000サイクルの電圧印加の後もその特性を保持します。

“A bis-selenophene substituted alkoxy benzene derivative as a highly stable novel electrochromic polymer”

Y. A. Udum, S. Tarkuc, L. Toppare, Synth. Met. 2009159, 361. DOI: 10.1016/j.synthmet.2008.08.012

 

Up to date there are few studies reporting the use of selenophene derivatives as electrochromic polymers. This report highlights the synthesis of a selenophene containing multi-ring aromatic polymer which possesses reasonable optical contrasts at both visible and near-IR regions. Electrochemical synthesis of a conducting polymer from a multi-ring aromatic monomer, 2-(2,5-bis(hexyloxy)-4-(selenophen-2-yl)phenyl)selenophene (BSB(OC6H13)2), was achieved at a lower potential than its corresponding parent, selenophene. The strong absorption band for the undoped polymer was 474 nm and the onset energy for the π–π* transition (Eg) was 1.9 eV (645 nm).

A novel dual-polymer electrochromic device was constructed in sandwich configuration where poly(BSB(OC6H13)2) was used as the anodically coloring material. It is the first electrochromic device where a selenophene-containing polymer was used as an active layer. The device switches between a rose-colored state and a blue-colored state with a fast response time (less than 1 s).

関連記事

  1. チアゾリジンチオン
  2. 亜鉛トリフラート触媒:Zinc Triflate
  3. Grubbs第一世代触媒
  4. 9,10-Dihydro-9,10-bis(2-carboxye…
  5. マイクロリアクターで新時代!先取りセミナー 【終了】
  6. N-ヨードサッカリン:N-Iodosaccharin
  7. ジブロモイソシアヌル酸:Dibromoisocyanuric A…
  8. [(オキシド)フェニル(トリフルオロメチル)-λ4-スルファニリ…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. サイエンスアゴラ参加辞退のお知らせ
  2. エッフェル塔
  3. 実験ノートを復刻し公開へ 高峰譲吉らのアドレナリン
  4. 炭素-炭素結合活性化反応 C-C Bond Activation
  5. 「夢・化学-21」 夏休み子ども化学実験ショー
  6. 第7回HOPEミーティング 参加者募集!!
  7. フロンよりもオゾン層を破壊しているガスがある
  8. 最強の文献管理ソフトはこれだ!
  9. PCC/PDC酸化 PCC/PDC Oxidation
  10. 投票!2017年ノーベル化学賞は誰の手に!?

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Noah Z. Burns ノア・バーンズ

ノア・バーンズ(Noah Z. Burns、19xx年x月xx日-)は、米国の有機合成化学者である。…

結晶データの登録・検索サービス(Access Structures&Deposit Structures)が公開

ケンブリッジ結晶学データセンターとFIZ Karlsruhe は,無償で利用できる結晶データの登録・…

可視光で芳香環を立体選択的に壊す

キラルルイス酸光触媒を用いた不斉脱芳香族的付加環化反応が開発された。ヘテロ芳香環の芳香族性を壊しなが…

科学とは「世界中で共有できるワクワクの源」! 2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞

2018年7月18日、フランス大使公邸にて2018年度ロレアル-ユネスコ女性科学者 日本奨励賞の授賞…

クリストフ・レーダー Christoph Rader

クリストフ・レーダー(Christoph Rader、19xx年x月xx日-)は、米国の生化学者・分…

2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル保護基 Teoc Protecting Group

概要2-(トリメチルシリル)エトキシカルボニル(2-(trimethylsilyl)ethoxy…

PAGE TOP