[スポンサーリンク]

archives

アニオンUV硬化に有用な光塩基発生剤(PBG)

O0396.gif


2-(9-オキソキサンテン-2-イル)プロピオン酸1,5,7-トリアザビシクロ[4.4.0]デカ-5-エン(1)は有光らによって開発された強塩基のTBDを放出する光塩基発生剤(PBG)です。1は高効率に光脱炭酸反応(量子収率φ=0.64程度)を示すメチルキサントン酢酸とTBDの塩を形成しており,UV光照射(254 nmおよび365 nm)により遊離のTBDが発生します。例えば,1を加えたエポキシモノマーとチオールモノマーからなる反応性樹脂に光照射すると,室温でのアニオンUV硬化させることが可能です。また,TBDを放出可能な塩基増殖剤との共存下,光照射することによりTBDが増殖的に発生することが報告されています。メチルキサントン酢酸はTBDに限らず他の塩基との組み合わせも可能であり,様々な光パターニング材料への応用が期待されています。

※本製品は東京理科大学の許諾を得て,有光晃二准教授の技術指導により製品化したものです。

有光晃二, 有機合成化学協会誌 2012, 70, 508.
有光晃二, 学校法人東京理科大学, 特開2011-236416.
有光晃二, 学校法人東京理科大学, 特開2012-237776.

弊社では光重合開始剤を多数取り揃えております。製品情報はこちらを参照ください。
>> 光重合開始剤

関連記事

  1. 活性マグネシウム
  2. テトラキス[3,5-ビス(トリフルオロメチル)フェニル]ほう酸ナ…
  3. 1-(3-ジメチルアミノプロピル)-3-エチルカルボジイミド :…
  4. (S,S)-DACH-phenyl Trost ligand
  5. インドール一覧
  6. 低分子ゲル化剤の分子設計、合成法と応用技術【終了】
  7. Z選択的ホルナー-エモンズ試薬:Z-selective Horn…
  8. N-ヨードサッカリン:N-Iodosaccharin

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. アルデヒドからアルキンをつくる新手法
  2. 第17回 研究者は最高の実験者であるー早稲田大学 竜田邦明教授
  3. “follow”は便利!
  4. 研究職の転職で求められる「面白い人材」
  5. アハメド・ズウェイル Ahmed H. Zewail
  6. 有機トリフルオロボレート塩 Organotrifluoroborate Salt
  7. カフェイン caffeine
  8. Pixiv発!秀作化学イラスト集【Part 2】
  9. 第五回 化学の力で生物システムを制御ー浜地格教授
  10. ケミカルジェネティクス chemical genetics

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル保護基 Troc Protecting Group

概要2,2,2-トリクロロエトキシカルボニル(2,2,2-trichloroethoxycarb…

二重可変領域抗体 Dual Variable Domain Immunoglobulin

抗体医薬はリウマチやガンなどの難治性疾患治療に有効であり、現在までに活発に開発が進められてきた。…

サイエンスイングリッシュキャンプin東京工科大学

産業のグローバル化が進み、エンジニアにも国際的なセンスや語学力が求められているなか、東京工科大学(東…

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP