[スポンサーリンク]

archives

DABを用いた一級アミノ基の選択的保護および脱保護反応

[スポンサーリンク]

A2555.gif
B1394.gif


1,3-ジメチル-5-アセチルバルビツル酸(DAB)(1)は,一級および二級アミノ基を同時に持つ基質に対し,一級アミノ基のみと選択的に反応してエナミンを与えます。その為, 一級アミノ基の選択的保護に用いられます。脱保護はヒドラジンにより行われ,温和な条件で一級アミノ基が再生します。1を用いたスペルミジン誘導体4の合成では, (3-アミノプロピル)ベンジルアミンの一級アミノ基を選択的にDAB保護し,これにN-(4-ブロモブチル)フタルイミドでN-アルキル化した後,ヒドラジンの水溶液を用いて脱DAB保護することで,スペルミジン誘導体4を得ます。本反応はアミノリンカーの一級アミノ基の選択的な保護・脱保護に非常に有用な手法となります。

E. T. da Silva, E. L. S. Lima, Tetrahedron Lett. 2003, 44, 3621.

関連記事

  1. n型半導体特性を示すペリレン誘導体
  2. ビス[α,α-ビス(トリフルオロメチル)ベンゼンメタノラト]ジフ…
  3. トリス(2,4-ペンタンジオナト)鉄(III) : Tris(2…
  4. 4-(ジメチルアミノ)ベンゼンチオール : 4-(Dimethy…
  5. 【予告】ケムステ新コンテンツ「元素の基本と仕組み」
  6. ビス(ヘキサフルオロアセチルアセトナト)銅(II)水和物 : B…
  7. ビス(トリ-tert-ブチルホスフィン)パラジウム(0):Bis…
  8. 米国、カナダにおけるシェール・ガスによるLNGプロジェクトの事業…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 分子構造を 3D で観察しよう (1)
  2. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」④
  3. 中村栄一 Eiichi Nakamura
  4. ウィリアム・リプスコム William N. Lipscomb Jr.
  5. 海外で働いている僕の体験談
  6. 触媒的不斉交差ピナコールカップリングの開発
  7. IGZO
  8. 私がなぜケムステスタッフになったのか?
  9. 【速報】ノーベル化学賞2014ー超解像顕微鏡の開発
  10. コニア エン反応 Conia–Ene Reaction

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

赤外光で分子の結合を切る!

第224回のスポットライトリサーチは、東京大学生産技術研究所芦原研究室の森近一貴(もりちか いっき)…

トム・マイモニ Thomas J. Maimone

トーマス・J・マイモニ(Thomas J. Maimone、1982年2月13日–)は米国の有機化学…

キャリアデザイン研究講演会~化学研究と企業と君との出会いをさがそう!~

詳細はこちら:https://csjkinki.com/career/日時…

世界のエリートが今一番入りたい大学 ミネルバ

概要・校舎がない(4年間で世界の7都市をめぐる)・教師は「講義」も「テスト」もしない…

鴻が見る風景 ~山本尚教授の巻頭言より~

Tshozoです。先日公開され色々話題を呼んだ山本尚 元日本化学会会長による日本化学会論説 巻頭言(…

C–NおよびC–O求電子剤間の還元的クロスカップリング

C–N求電子剤とC–O求電子剤間のクロスカップリング反応が初めて開発された。有機化合物中に普遍的に存…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP