[スポンサーリンク]

一般的な話題

有機合成化学協会誌2019年10月号:芳香族性・O-プロパルギルオキシム・塩メタセシス反応・架橋型人工核酸・環状ポリアリレン・1,3-双極子付加環化反応

[スポンサーリンク]

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2019年10月号がオンライン公開されました。

先日は吉野彰先生のノーベル化学賞受賞に沸きましたね。有機合成化学の世界にも、素晴らしい研究がたくさんあるのでいつか受賞者が出ることを楽しみにしています。

有機合成化学協会誌、今月号も盛りだくさんの内容となっています。キーワードは、「芳香族性・O-プロパルギルオキシム・塩メタセシス反応・架橋型人工核酸・環状ポリアリレン・1,3-双極子付加環化反応」です。今回も、会員の方ならばそれぞれの画像をクリックすればJ-STAGEを通してすべてを閲覧することが可能です。

巻頭言:大学の有機合成化学

今月号は岐阜大学工学部 安藤 香織 教授による巻頭言です。

HWE反応の安藤法で有名な安藤教授の巻頭言です。本当の意味での「産官学連携」とは何なのか、ということを提案してくださっています。オープンアクセスです。

重原子導入による芳香族性の概念の拡張と錯体化学への展開

埼玉大学大学院理工学研究科 斎藤雅一

芳香族化合物の骨格元素である炭素を、同族の高周期元素であるスズや鉛に置き換えても芳香族性は発現するのか? そのような疑問を本総合論文ではジリチオメタロールの合成と性質解明の観点から紹介しています。さらに、ジリチオメタロールを配位子とした錯体化学への展開についても述べられています。

π-ルイス酸性金属触媒によるO-プロパルギルオキシムの骨格転位反応

東北大学大学院理学研究科 中村 達*、寺田眞浩

反応性官能基密集型化合物であるO-プロパルギルオキシムの骨格転位反応が紹介されています。膨大な研究成果が筆者の考え方とともにわかりやすくまとめられています。反応機構が面白い反応も非常に多いので、学生にとっては良い訓練になることも期待できます。ぜひご一読ください。

塩メタセシス反応を利用した水銀塩触媒反応の開発と不均一系触媒の設計

徳島文理大学薬学部薬学科 山本博文*、山崎直人、佐々木郁雄、今川 洋

連綿と受け継がれ、発展する水銀塩触媒の化学。塩メタセシスを巧みに利用して水銀トリフラート[Hg(OTf)2]の欠点を克服し、新しい水銀触媒反応、不均一系水銀触媒へと展開した著者らの研究が非常にわかりやすく解説されています。

架橋型人工核酸の機能強化を目的とした誘導体合成大阪大学大学院薬学研究科 山口卓男*、小比賀 聡*

著者らが精力的に取り組んでいる「架橋型人工核酸」の最先端について、設計指針から合成・機能評価に至るまで詳細に述べられています。核酸医薬の無限の可能性を感じることができる総合論文となっておりますので、ぜひご覧ください。

ヘテロ原子を含む環状ポリアリレン類の触媒的不斉合成

平成29年度企業冠賞 日産化学・有機合成新反応/手法賞受賞

早稲田大学先進理工学部化学・生命化学科 柴田高範

 環状ポリアリレン類の触媒的不斉合成について、硫黄などのヘテロ原子を含んだ7~11員環骨格の構築が展開されています。基質を巧みにデザインして新しい分子を次々と合成していく様子からは、次はどんな骨格が構築されるのかと想像力が駆り立てられます。

イリド形成反応を基盤とする触媒的不斉1,3-双極性付加環化反応

信州大学工学部物質化学科 菅 博幸*、戸田泰徳

1,3-双極子付加環化反応は、高度に多官能基化された連続不斉点を構築するために有用な反応です。本稿では、2つの異なる金属種の協働作用を鍵コンセプトとして、ビシクロ[3.2.1]オクタンに代表される様々な二環式化合物の触媒的不斉合成を実現しています。アキラル二核ロジウム錯体/キラルルイス酸のハイブリッド触媒系と、反応基質デザインの組み合わせの妙について、ぜひご一読ください。

Rebut de Debut:アニオンレセプター分子「シアノスター」の化学とリチウムイオン電池への応用展開

今月号のRebut de Debutは1件です。オープンアクセスですのでぜひごらんください。

アニオンレセプター分子「シアノスター」の化学とリチウムイオン電池への応用展開(静岡大学工学部)藤本圭佑

Message from Young Principal Researcher (MyPR):未開拓天然物資源を求めて

今月号のMessage from Young Principal Researcher (MyPR)は、北海道大学大学院薬学研究院 脇本敏幸 教授による寄稿記事です。

天然物化学のロマンを感じさせてくれる内容です。オープンアクセスです。

感動の瞬間:元素の置換え、思わぬ出会いから予期せぬ展開へ

今月号の感動の瞬間は、岐阜大学工学部 村井利昭 教授による寄稿記事です。

これまでの紹介記事は有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズを参照してください。

関連書籍

[amazonjs asin=”4759819320″ locale=”JP” title=”企業研究者たちの感動の瞬間: モノづくりに賭ける夢と情熱”] [amazonjs asin=”4759810803″ locale=”JP” title=”化学者たちの感動の瞬間―興奮に満ちた51の発見物語”]

Avatar photo

めぐ

投稿者の記事一覧

博士(理学)。大学教員。娘の育児に奮闘しつつも、分子の世界に思いを馳せる日々。

関連記事

  1. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑨
  2. 少年よ、大志を抱け、名刺を作ろう!
  3. 単分子の電気化学反応を追う!EC-TERSとは?
  4. 化学反応を“プローブ”として用いて分子内電子移動プロセスを検出
  5. 第6回ICReDD国際シンポジウム開催のお知らせ
  6. N-オキシドの性質と創薬における活用
  7. 金属から出る光の色を利用し、食中毒の原因菌を迅速かつ同時に識別す…
  8. 二核錯体による窒素固定~世界初の触媒作用実現~

注目情報

ピックアップ記事

  1. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2020年版】
  2. フレーザー・ストッダート James Fraser Stoddart
  3. 最新の電子顕微鏡法によりポリエチレン分子鎖の向きを可視化することに成功
  4. 金属中心に不斉を持つオレフィンメタセシス触媒
  5. 期待度⭘!サンドイッチ化合物の新顔「シクロセン」
  6. 毎年恒例のマニアックなスケジュール帳:元素手帳2023
  7. 鍛冶屋はなぜ「鉄を熱いうちに」打つのか?
  8. なぜクロスカップリングは日本で発展したのか?
  9. 今年も出ます!サイエンスアゴラ2014
  10. 分子の点群を帰属する

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2019年10月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目情報

最新記事

【11/20~22】第41回メディシナルケミストリーシンポジウム@京都

概要メディシナルケミストリーシンポジウムは、日本の創薬力の向上或いは関連研究分野…

有機電解合成のはなし ~アンモニア常温常圧合成のキー技術~

(出典:燃料アンモニアサプライチェーンの構築 | NEDO グリーンイノベーション基金)Ts…

光触媒でエステルを多電子還元する

第621回のスポットライトリサーチは、分子科学研究所 生命・錯体分子科学研究領域(魚住グループ)にて…

ケムステSlackが開設5周年を迎えました!

日本初の化学専用オープンコミュニティとして発足した「ケムステSlack」が、めで…

人事・DX推進のご担当者の方へ〜研究開発でDXを進めるには

開催日:2024/07/24 申込みはこちら■開催概要新たな技術が生まれ続けるVUCAな…

酵素を照らす新たな光!アミノ酸の酸化的クロスカップリング

酵素と可視光レドックス触媒を協働させる、アミノ酸の酸化的クロスカップリング反応が開発された。多様な非…

二元貴金属酸化物触媒によるC–H活性化: 分子状酸素を酸化剤とするアレーンとカルボン酸の酸化的カップリング

第620回のスポットライトリサーチは、横浜国立大学大学院工学研究院(本倉研究室)の長谷川 慎吾 助教…

高分子材料におけるマテリアルズ・インフォマティクスの活用:高分子シミュレーションの応用

開催日:2024/07/17 申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の影…

そうだ、アルミニウムを丸裸にしてみようじゃないか

N-ヘテロ環ボリロキシ配位子を用いることで、アニオン性かつ非環式、さらには“裸“という極めて不安定な…

カルベンがアシストする芳香環の開環反応

カルベンがアシストする芳香環の開環反応が報告された。カルベンとアジドによる環形成でナイトレンインダゾ…

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP