[スポンサーリンク]

archives

Grubbs第二世代触媒

[スポンサーリンク]

mfcd03453237.gif

【Aldrich 】
Grubbs第二世代触媒:1,3-Bis-(2,4,6-trimethylphenyl)-2-(imidazolidinylidene)(dichlorophenylmethylene)(tricyclohexylphosphine)ruthenium Benzylidene[1,3-bis(2,4,6-trimethylphenyl)-2-imidazolidinylidene]dichloro(tricyclohexylphosphine)ruthenium (1,3-Bis(2,4,6-trimethylphenyl)-2-imidazolidinylidene)dichloro(phenylmethylene)(tricyclohexylphosphine)ruthenium
分子量:848.97
CAS:  246047-72-3  
製品コード: 569747
値段: 100 mg 12,900 円 (2008.10.22 現在)
用途: 触媒
説明: Grubbsによって開発された第二世代の触媒。カルベン配位子を有していて活性が高い。最も現在よく用いられている触媒。
文献:Grubbs, R. H. Tetrahedron 2004, 60, 7117.
 
その他メタセシス触媒: メタセシス:ルテニウム触媒(Sigma-Aldrich有機合成関連製品)
 
The following two tabs change content below.
Hiro

Hiro

Hiro

最新記事 by Hiro (全て見る)

関連記事

  1. Gabriel試薬類縁体
  2. ケムステが文部科学大臣表彰 科学技術賞を受賞しました
  3. マイクロリアクターによる合成技術【終了】
  4. 大型リチウムイオン電池及び関連商品・構成材料の開発【終了】
  5. シランカップリング剤の反応、効果と応用【終了】
  6. 3-メチル-1-フェニル-2-ホスホレン1-オキシド:3-Met…
  7. インドール一覧
  8. 2,4,6-トリイソプロピルベンゼンスルホニルクロリド:2,4,…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. フロー法で医薬品を精密合成
  2. NHC (Bode触媒2) と酸共触媒を用いるα,β-不飽和アルデヒドとカルコンの[4+2]環化反応
  3. 地方の光る化学企業 ~根上工業殿~
  4. リガンド指向性化学を用いたGABAA受容体の新規創薬探索法の開発
  5. サイエンス・ダイレクトがリニューアル
  6. スケールアップのポイント・考え方とトラブル回避【終了】
  7. 徒然なるままにセンター試験を解いてみた(2018年版)
  8. 旭化成ファーマ、北海道に「コエンザイムQ10」の生産拠点を新設
  9. 小6、危険物取扱者乙種全類に合格 「中学で理科実験楽しみ」
  10. スイスに留学するならこの奨学金 -Swiss Government Excellence Scholarshipsー

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第48回―「周期表の歴史と哲学」Eric Scerri博士

第48回の海外化学者インタビューは、エリック・セリー博士です。英国で教育を受け、カリフォルニア大学ロ…

ペプチド縮合を加速する生体模倣型有機触媒

2019年、ニューヨーク大学のParamjit S. Aroraらは、活性アシル中間体への求核付加遷…

第47回―「ロタキサン・カテナン・クラウンエーテルの超分子化学」Harry Gibson教授

第47回の海外化学者インタビューは、ハリー・ギブソン教授です。バージニア工科大学の化学科に所属し、プ…

女優・吉岡里帆さんが、化学大好きキャラ「DIC岡里帆(ディーアイシーおか・りほ)」に変身!

印刷インキや有機顔料世界トップシェアのDIC株式会社は、2020年1月より、数々のヒット作に出演し、…

tRNAの新たな役割:大豆と微生物のコミュニケーション

畑に生えている大豆の根っこを抜いてみると、丸い粒みたいなものがたくさんできています。根粒(こんりゅう…

第46回―「分子レベルの情報操作を目指す」Howard Colquhoun教授

第46回の海外化学者インタビューは、ハワード・コルクホーン教授です。英国レディング大学の化学科に所属…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP