[スポンサーリンク]

ケムステまとめ

インフルエンザ治療薬と記事まとめ

[スポンサーリンク]

冬の大敵インフルエンザ。毎年年末に流行が始まりますが、今年は暖冬の影響なのか遅めの流行になっています。

これまでケムステではインフルエンザのお薬に関して、発売ニュースやお薬の合成法がメインですが紹介してきました。それら記事のまとめと現行のインフルエンザ治療薬の分子構造を簡単に紹介しましょう。

 

インフルエンザ治療薬

現在インフルエンザの治療薬はその作用機序に併せて分類されます。現在インフルエンザとして診断されたら処方されるのは「ノイラミニダーゼ阻害薬」というお薬です。現在この分類のお薬は以下の4つ。処方される「商品名」でいいますと、リレンザタミフルラピアクタイナビルです。

リレンザ(ザナミビル)は英国の製薬会社グラクソ・スミスクライン社が開発した世界で初めてのノイラミニダーゼ阻害薬。特徴として専用の吸入器で吸入投与する必要があります。経口投与できるのはおなじみのタミフル(オセルタミビル)。スイスの製薬会社ロシュが開発した薬(日本では中外製薬が販売)で、タミフル投与の子供の異常行動が話題になりました(現在でも10代以下には原則投与禁止)が、やっぱり良い薬です。新しい薬でよく聞くと評判のラピアクタ(ペラミビル)は、塩野義製薬がライセンスをもっている半分国産インフルエンザ薬。点滴投与で有るといった点が特徴です。最後はこれは純国産で第一三共が提供するイナピル。分子構造を見ていただければわかると思いますが、リレンザにそっくりです。リレンザ改良薬に位置するため、リレンザよりも効果が高いといわれています。

 

インフルエンザ治療薬:ノイラミニダーゼ阻害薬

インフルエンザ治療薬:ノイラミニダーゼ阻害薬

 

上記のノイラミニダーゼ阻害薬に当てはまらないインフルエンザ治療薬は4つ。アダマンタンにアミノ基が着いた形をもっている、フルマジン(リマンタジン)と、シンメトレル(アマンタジン)はインフルエンザウイルスのM2蛋白阻害薬。A型のインフルエンザに効くとされています。フルマジンに関しては日本では販売されていません。アビガン(ファビピラビル)は富山化学工業(現在:富士フィルム傘下)が長い年月をかけて開発したインフルエンザ治療薬(RNA依存性RNAポリメラーゼ阻害薬)。ノイラミニダーゼ阻害薬とは全く違う作用機序で話題となりましたが、いろいろあって残念ながら一般的には処方されることはありません。一方で、エボラウイルスに効果があるということで大変話題になった薬でもあります(関連記事:富士フイルムのインフルエンザ治療薬、エボラ治療に

最後は、コペガス(リバビリン)というお薬。アビガンと同じくRNAポリメラーゼ阻害薬の一種ですが、インフルエンザ治療薬としては、やはり上記のノイラミニダーゼ阻害薬がどうしてもダメな場合に処方されるかもしれません、という程度です。

 

インフルエンザ治療薬:その他

インフルエンザ治療薬:その他

 

2018年に発売されるとされている、塩野義製薬のインフルエンザ新薬は1日で治るといわれています。その名も「ゾフルーザ」(バロキサビルマルボキシル)。「ノイラミニダーゼ阻害薬」と作用機序が全く異なるため画期的新薬として注目を集めています。2018年5月以降に発売される見通しです。

「ゾフルーザ」(バロキサビルマルボキシル)

 

インフルエンザと治療薬に関する記事

 

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 化学小説まとめ
  2. 有機反応を俯瞰するシリーズーまとめ
  3. 研究者向けプロフィールサービス徹底比較!
  4. 有機合成テクニック集[ケムステ版]
  5. 分子マシンー2016年ノーベル化学賞より
  6. 機器分析の基礎知識【まとめ】
  7. 世界を股にかける「国際学会/交流会 体験記」
  8. 化学の成果で脚光を浴びた小・中・高校生たち

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 100年以上未解明だった「芳香族ラジカルカチオン」の構造を解明!
  2. 第45回―「ナノ材料の設計と合成、デバイスの医療応用」Younan Xia教授
  3. 化学の歴史
  4. 進撃のタイプウェル
  5. クラリベイト・アナリティクスが「引用栄誉賞2020」を発表!
  6. フラーレンが水素化触媒に???
  7. 日本酸素記念館
  8. 磁石でくっつく新しい分子模型が出資募集中
  9. 水素結合の発見者は誰?
  10. 「Natureダイジェスト」で化学の見識を広めよう!

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

第139回―「超高速レーザを用いる光化学機構の解明」Greg Scholes教授

第139回の海外化学者インタビューはグレッグ・ショールズ教授です。トロント大学化学科(訳注:現在はプ…

分子の対称性が高いってどういうこと ?【化学者だって数学するっつーの!: 対称操作】

群論を学んでいない人でも「ある分子の対称性が高い」と直感的に言うことはできるかと思います。しかし分子…

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP