[スポンサーリンク]

ケムステまとめ

インフルエンザ治療薬と記事まとめ

[スポンサーリンク]

冬の大敵インフルエンザ。毎年年末に流行が始まりますが、今年は暖冬の影響なのか遅めの流行になっています。

これまでケムステではインフルエンザのお薬に関して、発売ニュースやお薬の合成法がメインですが紹介してきました。それら記事のまとめと現行のインフルエンザ治療薬の分子構造を簡単に紹介しましょう。

 

インフルエンザ治療薬

現在インフルエンザの治療薬はその作用機序に併せて分類されます。現在インフルエンザとして診断されたら処方されるのは「ノイラミニダーゼ阻害薬」というお薬です。現在この分類のお薬は以下の4つ。処方される「商品名」でいいますと、リレンザタミフルラピアクタイナビルです。

リレンザ(ザナミビル)は英国の製薬会社グラクソ・スミスクライン社が開発した世界で初めてのノイラミニダーゼ阻害薬。特徴として専用の吸入器で吸入投与する必要があります。経口投与できるのはおなじみのタミフル(オセルタミビル)。スイスの製薬会社ロシュが開発した薬(日本では中外製薬が販売)で、タミフル投与の子供の異常行動が話題になりました(現在でも10代以下には原則投与禁止)が、やっぱり良い薬です。新しい薬でよく聞くと評判のラピアクタ(ペラミビル)は、塩野義製薬がライセンスをもっている半分国産インフルエンザ薬。点滴投与で有るといった点が特徴です。最後はこれは純国産で第一三共が提供するイナピル。分子構造を見ていただければわかると思いますが、リレンザにそっくりです。リレンザ改良薬に位置するため、リレンザよりも効果が高いといわれています。

 

インフルエンザ治療薬:ノイラミニダーゼ阻害薬

インフルエンザ治療薬:ノイラミニダーゼ阻害薬

 

上記のノイラミニダーゼ阻害薬に当てはまらないインフルエンザ治療薬は4つ。アダマンタンにアミノ基が着いた形をもっている、フルマジン(リマンタジン)と、シンメトレル(アマンタジン)はインフルエンザウイルスのM2蛋白阻害薬。A型のインフルエンザに効くとされています。フルマジンに関しては日本では販売されていません。アビガン(ファビピラビル)は富山化学工業(現在:富士フィルム傘下)が長い年月をかけて開発したインフルエンザ治療薬(RNA依存性RNAポリメラーゼ阻害薬)。ノイラミニダーゼ阻害薬とは全く違う作用機序で話題となりましたが、いろいろあって残念ながら一般的には処方されることはありません。一方で、エボラウイルスに効果があるということで大変話題になった薬でもあります(関連記事:富士フイルムのインフルエンザ治療薬、エボラ治療に

最後は、コペガス(リバビリン)というお薬。アビガンと同じくRNAポリメラーゼ阻害薬の一種ですが、インフルエンザ治療薬としては、やはり上記のノイラミニダーゼ阻害薬がどうしてもダメな場合に処方されるかもしれません、という程度です。

 

インフルエンザ治療薬:その他

インフルエンザ治療薬:その他

 

2018年に発売されるとされている、塩野義製薬のインフルエンザ新薬は1日で治るといわれています。その名も「ゾフルーザ」(バロキサビルマルボキシル)。「ノイラミニダーゼ阻害薬」と作用機序が全く異なるため画期的新薬として注目を集めています。2018年5月以降に発売される見通しです。

「ゾフルーザ」(バロキサビルマルボキシル)

 

インフルエンザと治療薬に関する記事

 

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 分子マシンー2016年ノーベル化学賞より
  2. SciFinder Future Leaders プログラム体験…
  3. 計算化学記事まとめ
  4. 「化学研究ライフハック」シリーズ 2017版まとめ
  5. 美しい化学構造式を書きたい方に
  6. 研究倫理問題について学んでおこう
  7. 世界を股にかける「国際学会/交流会 体験記」
  8. 日本人化学者による卓越した化学研究

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 落葉の化学~「コロ助の科学質問箱」に捧ぐ
  2. 書物から学ぶ有機化学4
  3. 高速液体クロマトグラフィ / high performance liquid chromatography, HPLC
  4. 280億円賠償評決 米メルク社治療薬副作用で死亡 テキサス州
  5. Thieme-IUPAC Prize in Synthetic Organic Chemistry ―受賞者一覧
  6. 米デュポン、高機能化学部門を分離へ
  7. マグネシウム Magnesium-にがりの成分から軽量化合物材料まで
  8. リチウムイオンバッテリーの容量を最大70%まで向上させる技術が開発されている
  9. 塩谷光彦 Mitsuhiko Shionoya
  10. 稀少な金属種を使わない高効率金属錯体CO2還元光触媒

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

Carl Boschの人生 その6

Tshozoです。安価で活性の高い触媒を見出した前回のつづき、早速いきます。(2)産業界との連携…

第80回―「グリーンな変換を実現する有機金属触媒」David Milstein教授

第80回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・ミルスタイン教授です。ワイツマン化学研究所の有機化学…

自己修復性高分子研究を異種架橋高分子の革新的接着に展開

第257回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 大学院物質理工学院・鶴岡あゆ子さんにお願いしまし…

コロナウイルス関連記事 まとめ

新型コロナウイルスの影響で、キャンパスが閉鎖となる大学も増えてきていますね。私の周りでは、コロナウイ…

機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する

第256回のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)・錯体化学触媒ユニット 狩俣…

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP