[スポンサーリンク]

ケムステニュース

大麻複合物が乳がんの転移抑止効果―米医療チームが発見

[スポンサーリンク]

カリフォルニア太平洋医療センター研究所の研究チームは大麻から得られるキャナビディオル(CBD)と呼ばれる複合物が、乳がんの転移抑止に効果があり、毒性がないため、化学療法のような副作用を起こさない抗がん剤として利用できることを発見した。このほど分子がん治療報告で明らかにした。

研究成果によると、CBDはがんの転移を活発にさせるId-1と呼ばれる遺伝子の活動を阻止することが分かった。過去の研究ではCBDは脳腫瘍の転移を防ぐ効果を持っていることが明らかにされていたが、今回の研究では乳がんの細胞に対しても同様の効果がみられたという。(引用:世界日報

 


以前にもCBDは狂牛病(BSE)に対し効果があるとの報告が。

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. トムソン:2008年ノーベル賞の有力候補者を発表
  2. 夏の必需品ー虫除けスプレーあれこれ
  3. 2016年化学10大ニュース
  4. ヘリウムガスのリサイクルに向けた検討がスタート
  5. タンチョウ:殺虫剤フェンチオンで中毒死増加
  6. 調光機能付きコンタクトレンズが登場!光に合わせてレンズの色が変化…
  7. 存命化学者達のハーシュ指数ランキングが発表
  8. 「発明の対価」8億円求め提訴=塩野義製薬に元社員-大阪地裁

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 私が思う化学史上最大の成果-1
  2. 2017年10大化学ニュース
  3. 置き去りのアルドール、launch!
  4. 黒田 一幸 Kazuyuki Kuroda
  5. Callipeltosideの全合成と構造訂正
  6. 独バイエル、世界全体で6100人を削減へ
  7. 光延反応 Mitsunobu Reaction
  8. 抗体触媒 / Catalytic Antibody
  9. 高収率・高選択性―信頼性の限界はどこにある?
  10. 四酸化ルテニウム Ruthenium Tetroxide (RuO4)

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2021年4月号:共有結合・ゲル化剤・Hoveyda-Grubbs型錯体・糸状菌ジテルペノイドピロン・Teleocidin B

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年4月号がオンライン公開されました。新…

第144回―「CO2を捕捉する多孔性金属-有機構造体の開発」Myunghyun Paik Suh教授

第144回の化学者インタビューは、ミョンヒョン・パク・ソ教授です。韓国のソウル大学で化学を専攻し、有…

ガラス器具を見積もりできるシステム導入:旭製作所

化学実験に欠かせないガラス器具。自分の使いやすいようにカスタマイズしたいと思いませんか? 昔は大学に…

陰イオン認識化学センサーの静水圧制御に成功~高選択的な分子検出法を確立~

東京工業大学 理学院 化学系の木下 智和 大学院生、福原 学 准教授、立命館大学の前田 大光 教授ら…

第143回―「単分子エレクトロニクスと化学センサーの研究」Nongjian (NJ) Tao 教授

第143回の化学者インタビューは、ノンジャン・タオ教授です。アリゾナ州立大学バイオデザイン研究所バイ…

不溶性アリールハライドの固体クロスカップリング反応

第305回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院工学研究院 (伊藤研究室)・瀬尾 珠恵さんにお…

化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門

hodaです。今回は筆者の勉強用に読んだ機械学習関連の書籍を紹介します。概要本書は、…

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP