[スポンサーリンク]

ケムステニュース

印民間で初の17億ドル突破、リライアンスの前3月期純益

[スポンサーリンク]

インド石油精製・化学最大手リライアンス・インダストリーズの2005年3月期の純利益は前期に比べ47%増加し、17億3100万ドル(約1835億円)となった。インドの民間企業で年間の純利益が17億ドルを突破したのは初めて。

 売上高も167億2500万ドル(約1兆7728億円)、同30%増と伸びた。リライアンスは世界第3位の石油精製設備をもち、売り上げの半分を石油精製事業で賄っている。石油製品価格が原油価格の上昇を大幅に上回ったことが同社の利益を押し上げた。 (引用:
フジサンケイビジネスアイ)

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. アミノ酸「ヒスチジン」が脳梗塞に有効――愛媛大が解明
  2. 有機EL、寿命3万時間 京セラ開発、18年春に量産開始
  3. 阪大で2億7千万円超の研究費不正経理が発覚
  4. エコエネルギー 家庭で競争
  5. 海水から「イエローケーキ」抽出に成功、米科学者グループが発表
  6. 金大大学院、ナノ微粒子開発 医薬品や塗料などに応用も
  7. 114番元素と116番元素の名称が間もなく決定!
  8. 危険!DDT入りの蚊取り線香

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. (1-ジアゾ-2-オキソプロピル)ホスホン酸ジメチル:Dimethyl (1-Diazo-2-oxopropyl)phosphonate
  2. 不斉触媒研究論文引用回数、東大柴崎教授が世界1位
  3. NMRの基礎知識【原理編】
  4. ガン細胞を掴んで離さない分子の開発
  5. OMCOS19に参加しよう!
  6. 極小の「分子ペンチ」開発
  7. クロスカップリングの研究年表
  8. プメラー転位 Pummerer Rearrangement
  9. オリーブ油の苦み成分に鎮痛薬に似た薬理作用
  10. 光触媒-ニッケル協働系によるシステイン含有ペプチドのS-アリール化

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

第80回―「グリーンな変換を実現する有機金属触媒」David Milstein教授

第80回の海外化学者インタビューは、デヴィッド・ミルスタイン教授です。ワイツマン化学研究所の有機化学…

自己修復性高分子研究を異種架橋高分子の革新的接着に展開

第257回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 大学院物質理工学院・鶴岡あゆ子さんにお願いしまし…

コロナウイルス関連記事 まとめ

新型コロナウイルスの影響で、キャンパスが閉鎖となる大学も増えてきていますね。私の周りでは、コロナウイ…

機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する

第256回のスポットライトリサーチは、沖縄科学技術大学院大学(OIST)・錯体化学触媒ユニット 狩俣…

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

研究助成金&海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

令和2年度はじまりました。とはいってもほとんどの大学講義開始は延期、講義もオンライン化が進み、いつも…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP