[スポンサーリンク]

ケムステニュース

印民間で初の17億ドル突破、リライアンスの前3月期純益

インド石油精製・化学最大手リライアンス・インダストリーズの2005年3月期の純利益は前期に比べ47%増加し、17億3100万ドル(約1835億円)となった。インドの民間企業で年間の純利益が17億ドルを突破したのは初めて。

 売上高も167億2500万ドル(約1兆7728億円)、同30%増と伸びた。リライアンスは世界第3位の石油精製設備をもち、売り上げの半分を石油精製事業で賄っている。石油製品価格が原油価格の上昇を大幅に上回ったことが同社の利益を押し上げた。 (引用:
フジサンケイビジネスアイ)

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 『国際化学オリンピック』 日本代表が決定
  2. 【10周年記念】Chem-Stationの歩み
  3. ITを駆使して新薬開発のスピードアップを図る米国製薬業界
  4. 日本化学会第85回春季年会
  5. 『分子科学者がいどむ12の謎』
  6. 秋の褒章2010-化学
  7. ソモライ教授2008年プリーストリー賞受賞
  8. 「携帯」の電池で電車走る・福井大などが実験に成功

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. タンパク質の構造と機能―ゲノム時代のアプローチ
  2. 化学分野での特許無効審判における 実験データの戦略的な活用方法【終了】
  3. ミヤコシンA (miyakosyne A)
  4. サリドマイドが骨髄腫治療薬として米国で承認
  5. 太陽電池を1から作ろう:色素増感太陽電池 実験キット
  6. SciFinderマイスター決定!
  7. ゴム状硫黄は何色?
  8. 有機合成化学者が不要になる日
  9. 呉羽化学に課徴金2億6000万円・価格カルテルで公取委
  10. 若手化学者に朗報!YMC研究奨励金に応募しよう!

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

三種類の分子が自発的に整列した構造をもつ超分子共重合ポリマーの開発

第123回のスポットライトリサーチは、テキサス大学オースティン校博士研究員(Jonathan L. …

超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018

「超分子化学と機能性材料に関する国際シンポジウム2018」CEMS International Sy…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP