[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

【2分クッキング】シキミ酸エスプレッソ

[スポンサーリンク]

ちょっと古い論文ですが,インパクトのある面白い論文だったので紹介します.安価な調味料から有用な有機化合物をエスプレッソマシンを使って抽出したという話です.

“New Method for the Rapid Extraction of Natural Products: Efficient Isolation of Shikimic Acid from Star Anise”

Jeremy Just, Bianca J. Deans, Wesley J. Olivier, Brett Paull, Alex C. Bissember, and Jason A. Smith. Org. Lett. 2015, 17, 2428−2430. DOI: 10.1021/acs.orglett.5b00936

main scheme

 

今回話題になっているのはシキミ酸という化合物です.シキミ酸?知らない子ですね...という方もいらっしゃるかもしれませんが,植物内ではフェニルアラニン,チロシン,トリプトファンがシキミ酸から生成されるといえばその重要性がお分かりいただけるかと思います.また,ロシュ社は抗インフルエンザウィルス剤として有名なタミフルをシキミ酸から誘導することで合成しています(→詳細).構造を見比べるとシキミ酸の持つ官能基と光学活性点をフルに生かしていることがわかります.

シキミ酸

 

シキミ酸の構造については連続したヒドロキシ基が3つ,カルボキシル基,不飽和結合と官能基に富んでいる上に,3つの不斉炭素がコンパクトな空間に密集しており,光学活性化合物合成の出発物質として利用価値のある非常にありがたい分子です.

そんな素敵分子なシキミ酸ですが,つい最近まで大量かつ医薬品の原料として使える純度のものを生産する方法は確立されていませんでした.前述したようにタミフルはシキミ酸を原料としています,鳥インフルエンザの脅威が迫る中,シキミ酸の大量生産方法確立は最重要案件の一つでした.

2009年にやっとコーヒー粕麹法という手法が確立されます.これはコーヒー粕(コーヒーの搾りかす)を発酵させ,得られたクロロゲン酸を加水分解することでキナ酸へと誘導し,シキミ酸を得るというものです.

クロロゲン酸

 

前置きが長くなってしまいました.今回の論文ではもっと容易に,安価にシキミ酸を単離するという話でした.筆者たちは抽出源として八角(別名:トウシキミ,原文:Star Anise)という香料を用いています.中華料理屋で見た!(^ν^)という方も多いかもしれません.

早速,抽出をいかに行っているか見てみましょう.SIから実験の手順を追ってみると

乾燥させた八角( 20 g)をコーヒー豆挽きで細く挽き,2 gの砂と混ぜる.混合物をエスプレッソマシンのホルダーに入れ,熱した30% EtOH/H2O 200 mlで抽出する.(原文訳)

コーヒー豆の操作をそのまま八角に置き換えたという感じですね.

そして殺伐としたSIに...

_人人人人人人人人人人人人_
>突然のエスプレッソマシン <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

スクリーンショット 2015-06-13 23.40.59

 

 

うわぁ...本当にエスプレッソマシン使ってるよ....でもここまでで使っているのはほとんど台所でそろうものばかり.砂だけ綺麗なものを使えばこのエスプレッソマシンも使い続けられる(?)ちなみに筆者らによればエスプレッソマシンでの加熱,加圧条件が抽出成功のキモらしいです.

実はこの段階では不純物としてアネトールとp-アニスアルデヒドが混入しているそうです(あれ?2分で終わらない...?).そこでこの後の操作として,抽出液にシリカを入れてエバポで溶媒を飛ばしています.乾燥したらシリカへの吸着能の違いを利用して不純物を洗い落とし,さらに高極性の溶媒でシリカを本洗いし,ろ液を濃縮すればシキミ酸が2.21 g(5.50 % w/w)で取れてきます.たしかに従来の酵母を使用する方法と比べると,エスプレッソマシン並みの熱と圧力に耐えうるだけの抽出装置を作れれば,素直で環境負荷も小さそうな手法です.

また,筆者らはエスプレッソマシンからの抽出液からダイレクトに官能基保護されたシキミ酸を得ることも試みており.以下のような化合物を得ています(ただしカラムでの生成が必要).

protected

 

 

紙面では述べられていませんが,この保護体,光延反応を経れば隣り合った3つのヒドロキシ基が全て同じ方向を向いている,合成化学上利用価値の高い珍しい化合物を与えます.

mitsunobu

 

さて最後にですがこの方法,本当に経済的なのか.シキミ酸の値段を調べてみました.

TCI: ¥14,700/g

Aldrich: ¥22,100/g

八角:¥33/g

 

圧倒的に安い!!!ということなので,もしシキミ酸を合成で使いたいけど高いからボスに作れと言われた,なんてときは八角を買って抽出したほうが楽で安いかもしれませんよ.

 

関連商品

関連記事

  1. リケジョ注目!ロレアル-ユネスコ女性科学者日本奨励賞-2013
  2. Al=Al二重結合化合物
  3. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑦(解答編…
  4. 小型質量分析装置expression® CMSを試してみた
  5. 日本化学会 第100春季年会 市民公開講座 夢をかなえる科学
  6. 神経変性疾患関連凝集タンパク質分解誘導剤の開発
  7. 研究者へのインタビュー
  8. 5分でできる!Excelでグラフを綺麗に書くコツ

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 杏林製薬 耳鳴り治療薬「ネラメキサン」の開発継続
  2. ヘリウム新供給プロジェクト、米エアプロダクツ&ケミカルズ社
  3. フィンケルシュタイン反応 Finkelstein Reaction
  4. 独自の有機不斉触媒反応を用いた (—)-himalensine Aの全合成
  5. アルケンのE/Zをわける
  6. マーティンスルフラン Martin’s Sulfurane
  7. サラシノール/Salacinol
  8. MNBA脱水縮合剤
  9. アルバート・エッシェンモーザー Albert Eschenmoser
  10. 岩田忠久 Tadahisa Iwata

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2015年6月
« 5月   7月 »
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

注目情報

注目情報

最新記事

第159回―「世界最大の自己組織化分子を作り上げる」佐藤宗太 特任教授

第159回の海外化学者インタビューは日本から、佐藤宗太 特任教授です。東京大学工学部応用化学科に所属…

π-アリルイリジウムに新たな光を

可視光照射下でのイリジウム触媒によるアリルアルコールの不斉アリル位アルキル化が開発されたキラルな…

うっかりドーピングの化学 -禁止薬物と該当医薬品-

「うっかりドーピング」という言葉をご存知でしょうか。禁止薬物に該当する成分を含む風邪…

第五回ケムステVプレミアレクチャー「キラルブレンステッド酸触媒の開発と新展開」

新型コロナ感染者数は大変なことになっていますが、無観客東京オリンピック盛り上がっ…

がん治療用の放射性物質、国内で10年ぶり製造へ…輸入頼みから脱却

政府は、がんの治療や臓器の検査をする医療用の放射性物質の国内製造を近く再開する。およそ10年ぶりとな…

三洋化成の新分野への挑戦

三洋化成と長瀬産業は、AI 技術を応用した人工嗅覚で匂いを識別する「匂いセンサー」について共同で事業…

ケムステSlack、開設二周年!

Chem-Stationが立ち上げた化学系オープンコミュニティ、ケムステSlackを開設して早くも二…

過酸がC–H結合を切ってメチル基を提供する

光増感剤とニッケル触媒を用いたC(sp3)–Hメチル化が開発された。合成終盤でのメチル化に威力を発揮…

化学の祭典!国際化学オリンピック ”53rd IChO 2021 Japan” 開幕!

2021年7月「オリンピック/パラリンピック 東京2020大会」も無観客ではあるものの無事開幕されま…

O-脱メチル化・脱アルキル化剤 基礎編

メトキシ基→ヒドロキシ基への変換、割と苦戦しますよね。保護基と呼ぶには利便性が数歩足…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP