[スポンサーリンク]

一般的な話題

Org. Proc. Res. Devのススメ

[スポンサーリンク]

皆さんは、Organic Process Research & Development (OPRD)という論文を知っていますか?(図:Organic Process Research & Development サイトより)

OPRDはJACSやOrganic Lettersなどと同じ、ACSから発行されている論文であり、プロセス化学研究に焦点をあてている論文誌です。

今回は、このOrganic Process Research & Developmentについて紹介したいと思います。

 

 

実際に読んでみると分かりますが、その内容は「THE・プロセス化学」であり、基本的には合成反応のスケールアップ研究が主です。

(私の個人的なイメージですが)その内容のせいか、基本的な著者、読者層は企業研究者(特にプロセス化学者)が大部分を占めているように感じます。

確かにプロセス化学という言葉からは、一見大学の研究者や大学院生には不向き(興味の対象外?)の論文誌のようにも思えます。

論文の内容もプロセス研究・開発の問題、そしてそれを如何にして解決したかというものであり、「新規性」を求めるアカデミアの研究者からは、何が言いたいんや!っと突っ込みを入れたくなる部分もあるかもしれません。

しかしながら、OPRDをいざしっかり読んでみると、へぇ~っと思う部分も数多く見られます

例えば、OPRDを読む際には、以下のような点に注目して読んでみるとアカデミアの方にも興味深く読んでもらえるのではないでしょうか?

 

1. 実際のプロセス化において、どのような反応が好んで使われているか?どのような部分でつまづくのか?

論文中には、どうしてこの反応を選択したのか、何故他の反応ではダメだったのかという理由が記述されていることも。

このことは、「どのような素反応の開発が工業的により理想的なのか」という目標設定の部分で役に立つのではないのでしょうか。

また、これを知っておくことは、企業に入ってプロセス化学をやりたいと思っている学生さんにはとても良い勉強になると思います。

2. テクニックを”盗む”

kg~トンスケールでの操作を考慮し、プロセス化学の操作はとても簡便である必要があります。

例えば、ラボではカラム精製によって化合物を得るような場面でも、プロセスの現場でそれを実践することが容易ではありません。

しかし、その代わりに濾過・洗浄のみで精製を終らせ、98%の純度の化合物を得ることもあります。

もちろん、そのためには化合物の溶解性などのデータを入念に調べる必要がありますが、似た化合物や反応であれば、日々の実験操作に簡単に応用できることもあると思います。プロセス化学だろうと、ラボスケールの反応であろうと有機化学、合成化学には変わりありません。

盗めそうなテクニックはどんどん盗みましょう!

これができれば普段の実験スピードも更にアップするかも?!

3. 教科書的な合成反応を楽しむ(学ぶ)

プロセス化学という学問柄、これまでに実績のある教科書に載るような反応を用いていることが多く、学部生やマスターコースの学生さんなどには単純に合成の勉強になるのではないでしょうか。

 

このような観点からOPRDを読んでみると、アカデミアの研究者の方々にも十分興味深い論文も多いのではないかと思います。

皆さんも、一読してみてはいかがですか?

今回は、OPRDという論文誌に焦点を当てましたが、色んな論文をそれぞれの立場で読むということは、論文を二倍三倍に楽しむ秘訣なのではないかと思います。

例えば、IFも低く雑誌会などで取り上げると微妙な空気になるような論文誌から面白いと思えるものを探してみたり、新規性の高い論文誌などからは、今後どのように研究が展開されて行くか、自分ならどのように展開するかを妄想してみるなど楽しみ方はタクサンあると思います。

最後は少し話が膨らんでしまいましたが、以上OPRDについての紹介でした。

今後、プロセス化学研究についても少しずつ紹介していきたいと思ってます。

関連書籍

 

carbene

投稿者の記事一覧

博士見習い。専門は分子触媒化学。化学史や反応や現象の成り立ちに興味がある。夢は化学を熱く語ることができるサイエンスライター。

関連記事

  1. 化学オリンピックを通して考える日本の理科教育
  2. ポルフィリン化学100年の謎を解明:calix[3]pyrrol…
  3. 鉄触媒を使い分けて二重結合の位置を自由に動かそう
  4. ネオ元素周期表
  5. 2015年化学生物総合管理学会春季討論集会
  6. テトラサイクリン類の全合成
  7. ポリエチレンテレフタレートの常温解重合法を開発
  8. 東大、京大入試の化学を調べてみた(有機編)

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 自由研究にいかが?1:ルミノール反応実験キット
  2. 4-メルカプト安息香酸:4-Mercaptobenzoic Acid
  3. ポリセオナミド :海綿由来の天然物の生合成
  4. 抗薬物中毒活性を有するイボガイン類の生合成
  5. 生越 友樹 Tomoki Ogoshi
  6. 【書籍】セルプロセッシング工学 (増補) –抗体医薬から再生医療まで–
  7. 第106回―「分子の反応動力学を研究する」Xueming Yang教授
  8. 危険物データベース:第4類(引火性液体)
  9. ルイス酸添加で可視光レドックス触媒の機構をスイッチする
  10. Essential Reagents for Organic Synthesis

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

月別アーカイブ

2011年10月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

注目情報

注目情報

最新記事

熱化学電池の蘊奥を開く-熱を電気に変える電解液の予測設計に道-

第448回のスポットライトリサーチは、東京工業大学 工学院 機械系 機械コース 村上陽一研究室の長 …

毎年恒例のマニアックなスケジュール帳:元素手帳2023

hodaです。去年もケムステで紹介されていた元素手帳2022ですが、2023年バージョンも発…

二刀流センサーで細胞を光らせろ!― 合成分子でタンパク質の蛍光を制御する化学遺伝学センサーの開発 ―

第447回のスポットライトリサーチは、東京大学大学院 理学系研究科化学専攻 生体分子化学研究室(キャ…

【12月開催】第4回 マツモトファインケミカル技術セミナー有機金属化合物「オルガチックス」の触媒としての利用-ウレタン化触媒としての利用-

■セミナー概要当社ではチタン、ジルコニウム、アルミニウム、ケイ素等の有機金属化合…

化学ゆるキャラ大集合

企業PRの手段の一つとして、キャラクターを作りホームページやSNSで登場させることがよく行われていま…

最先端バイオエコノミー社会を実現する合成生物学【対面講座】

開講期間2022年12月12日(月)13:00~16:202022年12月13日(火)1…

複雑なモノマー配列を持ったポリエステル系ブロックポリマーをワンステップで合成

第446回のスポットライトリサーチは、北海道大学 大学院工学研究院 応用化学部門 高分子化学研究室(…

河崎 悠也 Yuuya Kawasaki

河崎 悠也 (かわさき ゆうや) は、日本の有機化学者。九州大学先導物質化学研究所 …

研究者1名からでも始められるMIの検討-スモールスタートに取り組む前の3つのステップ-

開催日:2022/12/07  申込みはこちら■開催概要近年、少子高齢化、働き手の不足の…

吉田 優 Suguru Yoshida

 吉田 優(よしだ すぐる)は、日本の化学者。専門は、有機合成化学、ケミカルバイオロジー。2…

Chem-Station Twitter

実験器具・用品を試してみたシリーズ

スポットライトリサーチムービー

PAGE TOP