[スポンサーリンク]

一般的な話題

2020年ケムステ人気記事ランキング

[スポンサーリンク]

2020年も今日で終わり。今年はいかがでしたでしょうか。毎年人気記事ランキングを行っていますが、この記事にあるように、今年は忘年会と併せてライブ配信で行いました。新型コロナの蔓延・緊急事態宣言の発令など時代背景も相まって動画コンテンツに進出したケムステの今年を象徴しています。以下で視聴できますので時間があるときにぜひ振り返ってみてください。

本記事では、動画のなかで紹介されている論文や記事のリンクを掲載いたします。詳しくは動画を御覧ください。

ケムステが選ぶ今年の分子

nano[5]catenane

参考:分子集合体がつくるポリ[n]カテナン

ケムステスタッフの活躍

  • エステルダンス: Matsushita, K.; Takise, R.; Muto, K.; Yamaguchi, J. Ester dance reaction on the aromatic ringSci. Adv. 2020, 6, eaba7614. DOI 10.1126/sciadv.aba7614
  • タキソールの全合成:Kanda, Y.; Nakamura, H.; Umemiya, S.; Puthukanoori, R. K.; Appala, V. R. M.; Gaddamanugu, G. K.; Paraselli, B. R.; Baran, P. S. Two-Phase Synthesis of Taxol. J Am Chem Soc 2020, 142, 10526–10533.  DOI: 10.1021/jacs.0c03592

司会者が独断と偏見で選ぶ今年の化学

すごい機能

新しい合成ツール

スマートスターラー : Cherkasov et al., ACS Sens. 2020, 5, 2497−2502.DOI: 10.1021/acssensors.0c00720

ロボット合成: Burger, Cooper, et al., Nature 2020, 583, 237. DOI: https://doi.org/10.1038/s41586-020-2442-2 [関連ケムステ記事] 自律的に化学実験するロボット科学者、研究の自動化に成功 8日間で約700回の実験、人間なら数カ月

ドキッとした論文

カルバゾールの超残光は不純物由来: Chen, Liu et al., chemRxiv 2019, DOI: 10.26434/chemrxiv. 9895724. Impurity Conundrum of Organic Room Temperature Afterglow

Chen, Liu, et al., Nature Mater. 2020, DOI: 10.1038/s41563-020-0797-2.Carbazole isomers induce ultralong organic phosphorescence

個人的に印象に残っているもの

常温超伝導(ただし超高圧): Snider, Dias, et al., Nature 2020, 586, 373–377. DOI: 10.1038/s41586-020-2801-z

100%水分解光触媒: Takata, Domen, et al., Nature 2020, 581, 386-388. DOI:10.1038/s41586-020-2278-9  [関連ケムステ記事] 世界初の「窒化タンタル光触媒」、可視光で水分解

ケムステ人気記事ランキング

第10位使っては・合成してはイケナイ化合物 |第3回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

関連記事:お前はもう死んでいる:不安定な試薬たち|第4回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)もう別れよう:化合物を分離・精製する|第5回「有機合成実験テクニック」(リケラボコラボレーション)

第9位:痔の薬のはなし 真剣に調べる

関連記事:ショウリョウバッタが吐くアレについて「赤チン」~ある水銀化合物の歴史~

第8位私達の時間スケールでみても、ガラスは固体ではなかった − 7年前に分からなかった問題を解決 −

関連記事:X線分析の基礎知識【X線の性質編】導電性ゲル Conducting Gels: 流れない流体に電気を流すお話

第7位なぜ電子が非局在化すると安定化するの?【化学者だって数学するっつーの!: 井戸型ポテンシャルと曲率】

関連記事:化学者だって数学するっつーの! :シュレディンガー方程式と複素数化学者だって数学するっつーの! :定常状態と変数分離

第6位誤解してない? 電子の軌道は”軌道”ではない

第5位イグノーベル賞2020が発表 ただし化学賞は無し!

関連記事:イグノーベル化学賞2018「汚れ洗浄剤としてヒトの唾液はどれほど有効か?」【詳説】2013年イグノーベル化学賞!「涙のでないタマネギ開発」2011年イグノーベル賞決定!「わさび警報装置」

第4位「話すのが得意」でも面接が通らない人の特徴

関連記事:1次面接を突破するかどうかは最初の10分で決まる就活・転職・面接・仕事まとめ

第3位海外の教授にメールを送る-使える英語表現と文例

第2位ケムステ主催バーチャルシンポジウム「最先端有機化学」を開催します!

関連記事:ケムステVシンポまとめ

第1位:SNS予想で盛り上がれ!2020年ノーベル化学賞は誰の手に?

関連記事:ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2020年版】2020年ノーベル化学賞は「CRISPR/Cas9ゲノム編集法の開発」に!SNS予想と当選者発表

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. アロタケタールの全合成
  2. 人と人との「結合」を「活性化」する
  3. 製薬業界の現状
  4. 目指せ!! SciFinderマイスター
  5. 「芳香族共役ポリマーに学ぶ」ーブリストル大学Faul研より
  6. 合成とノーベル化学賞
  7. NCL用ペプチド合成を簡便化する「MEGAリンカー法」
  8. ハラスメントから自分を守るために。他人を守るために【アメリカで …

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 捏造のロジック 文部科学省研究公正局・二神冴希
  2. 5分でできる!Excelでグラフを綺麗に書くコツ
  3. 触媒のチカラで拓く位置選択的シクロプロパン合成
  4. varietyの使い方
  5. トシルヒドラゾンとボロン酸の還元的カップリング反応とその応用展開
  6. 機械的力で Cu(I) 錯体の発光強度を制御する
  7. 非古典的カルボカチオンを手懐ける
  8. 研究者のためのCG作成術③(設定編)
  9. 化学探偵Mr.キュリー7
  10. プラテンシマイシン /platensimycin

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

四国化成の新規複素環化合物群

四国化成のイミダゾール誘導体四国化成ではこれまでに蓄積した複素環合成技術を活かし、ヘテロ元素を含…

四国化成工業ってどんな会社?

私たち四国化成工業株式会社は、、企業理念「独創力」のもと「これまでになかったモノ」を「人とは違うアプ…

第15回ケムステVシンポジウム「複合アニオン」を開催します!

第14回ケムステVシンポが2月3日に開催されますが、その二日後にもアツいケムステVシンポが開催されま…

不斉反応ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

2021年化学企業トップの年頭所感を読み解く

2021年が本格始動し始めている中、化学企業のトップが年の初めに抱負や目標を述べる年頭所感を続々と発…

転職を成功させる「人たらし」から学ぶ3つのポイント

転職活動を始めた場合、まずは自身が希望する職種、勤務地、年収などの条件を元にインターネットで求人を検…

mRNAワクチン(メッセンジャーRNAワクチン)

病原体のタンパクをコードしたmRNAをベースとしたワクチン。従来のワクチンは、弱毒化・不活化した病原…

第139回―「超高速レーザを用いる光化学機構の解明」Greg Scholes教授

第139回の海外化学者インタビューはグレッグ・ショールズ教授です。トロント大学化学科(訳注:現在はプ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP