[スポンサーリンク]

ケムステしごと

研究最前線講演会 ~化学系学生のための就職活動Kickoffイベント~

[スポンサーリンク]

日本化学会近畿支部が主催する就職活動を開始する学生へのイベントのお知らせです。関西限定(大阪開催)ですが、3月5日・6日の2日間に渡り企業関係の講演会と企業ブース展示があるようなので、ぜひ訪れてはいかがでしょうか。無料の登録はこちらから!

URL: https://csjkinki.com/saizen/

以下詳細。

はじめに

来る3月5日(火)、6日(水)の両日に大阪府立大学I-siteなんばにて、近畿支部主催事業研究最前線講演会 ~化学系学生のための就職活動Kickoffイベント~」を開催致します。

本講演会は、昨年度から形を変え、産官でご活躍の中核研究者から研究への思いについてご講演頂く従来型の「研究最前線講演会」と、企業の人事担当者・若手研究者による「企業紹介プレゼンテーション」および「企業ブース」との同時開催とし、近畿地区の化学系学部学生・大学院生を主な対象として、企業における企画、研究、製品開発等を理解し、自身のキャリアデザインに役立てる『出会い』の場を提供する近畿支部主催事業としての定着を目指しています。

なお、大学院生をはじめとする学生の皆様の本事業への参加は全て無料です(一般の方は、講演会のみ事前申し込みで有料。)。ただし「研究最前線講演会」と「企業紹介プレゼンテーション」につきましては、事前の申し込みが必要です。

日時

2019年3月5日(火) 研究最前線講演会 13:00開始 + 交流会 17:00開始
企業ブース 11:00開場
2019年3月6日(水) 企業紹介プレゼンテーション 11:10開始
企業ブース 11:00開場

会場

会場 大阪府立大学I-siteなんば
556-0012 大阪市浪速区敷津東2丁目1番41号 南海なんば第1ビル2階

対象

①研究最前線講演会 + 交流会 企業の若手研究者,学部・大学院生,高専生
②企業ブース 2020年3月卒業・修了予定の化学系学部・大学院生,高専生
③企業紹介プレゼンテーション 2020年3月卒業・修了予定の化学系学部・大学院生,高専生

 

参加費

一般 学生
①研究最前線講演会 + 交流会 3,000円 無料
②企業ブース 無料
③企業紹介プレゼンテーション 無料

参加費は郵便振替(00900-9-9638公益社団法人日本化学会近畿支部)または銀行振込(三井住友銀行大阪中央支店普通預金 No.3649130 公益社団法人日本化学会近畿支部にほんかがくかいきんきしぶ)でご送金下さい。

* 参加費の送金は2019年3月1日以降にお願い致します。

参加登録

下記URLよりお申し込みください。お申し込み後、メールが届きますので、そのメールをプリントアウトしてお持ちください。

一般:https://kinki.chemistry.or.jp/eventform/view.php?id=21245

学生:https://csjkinki.com/saizen/form/

研究最前線講演会 プログラム

最新の科学技術,先端の技術を支える研究の動向から次代の展望を開こう!

頭脳立国日本の産業を支える企業の先端技術は、どのような着想、プロセスを経て生まれてきたのか。開発過程での困難な状況はいかに克服されてきたのか。またその技術の位置づけはどのようなものか。大学・企業研究者との交流を通じて、研究の喜びにふれよう。

3月5日(火) 13:00開始 講演は各社35分の予定

13:00

13:10

開会挨拶
13:10

13:45

情報社会を支える微細加工材料 島 基之

JSR株式会社 四日市研究センター
精密電子研究所 半導体材料開発室長

13:50

14:25

ナノアロイⓇエポキシ樹脂と高性能CFRPの開発 富岡 伸之

東レ株式会社 化成品研究所
ケミカル研究室 主任研究員

14:30

15:05

高屈折率低複屈折、特殊ポリカーボネート材料の開発 加藤 宣之

三菱ガス化学株式会社 機能化学品カンパニー
企画開発部光学材料グループ 主査

15:10

15:45

銀増幅イムノクロマト法を用いた高感度な迅速診断技術の開発 和田 淳彦

富士フイルム株式会社 R&D統括本部
医薬品・ヘルスケア研究所

15:50

16:25

靱性に優れた高耐熱ビスマレイミド樹脂の開発 大塚 恵子

地方独立行政法人大阪産業技術研究所
研究主幹

 

 

 

講演者を囲む会(交流会)

企業紹介プレゼンテーション(プログラム順)

3月6日(水) 11:10開始   1社30分の予定

11:10

11:40

三菱ケミカルと研究開発について 石田 優子

三菱ケミカル株式会社

人材・組織開発部 採用担当

13:25

13:45

マンダムの製品開発と技術研究について 久加 亜由美

株式会社マンダム
基盤研究所 生理解析研究室

14:10

14:40

「100年企業」の挑戦 松田 洋和

株式会社ダイセル 事業支援センター

人事グループ 採用担当部長

14:55

15:25

あなたに、すてきな化学反応を 志保 浩司

JSR株式会社

デジタルソリューション事業開発部 部長

15:40

16:10

花王R&Dの特徴と取組みについて 茅根 滋人

花王株式会社

研究開発部門人財開発部

企業ブース

3月5日(火) 11:00~17:00

大阪ガスケミカル株式会社 KHネオケム株式会社 三洋化成工業株式会社
株式会社ジーシー JXTGエネルギー株式会社 大八化学工業株式会社
ナガセケムテックス株式会社 日産化学株式会社 日産自動車株式会社
三井化学株式会社    

3月6日(水) 11:00~17:00

宇部興産株式会社 花王株式会社 JSR株式会社
シスメックス株式会社 株式会社ダイセル 田岡化学工業株式会社
東ソー株式会社 パナソニック株式会社 ハリマ化成グループ

株式会社

株式会社マンダム 三菱ケミカル株式会社  

主催・お問い合わせ

国立研究開発法人

公益社団法人日本化学会 近畿支部

〒550-0004
大阪府大阪市西区靱本町1-8-4 大阪科学技術センター6F
Tel:06-6441-5531 / Fax:06-6443-6685
E-mail : csjevent@kinki.chemistry.or.jp

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. 電子実験ノートもクラウドの時代? Accelrys Notebo…
  2. 有機ルイス酸触媒で不斉向山–マイケル反応
  3. ハイフン(-)の使い方
  4. 不斉アリル位アルキル化反応を利用した有機合成
  5. 【速報】2016年ノーベル化学賞は「分子マシンの設計と合成」に!…
  6. 「赤チン」~ある水銀化合物の歴史~
  7. 可視光レドックス触媒を用いた芳香環へのC-Hアミノ化反応
  8. わずか6工程でストリキニーネを全合成!!

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 高分子鎖デザインがもたらすポリマーサイエンスの再創造 進化する高分子材料 表面・界面制御アドバンスト コース
  2. クロム(η6-アレーン)カルボニル錯体 Cr(η6-arene)(CO)3 Complex
  3. 単一細胞レベルで集団を解析
  4. ジブロモインジゴ dibromoindigo
  5. 二酸化炭素の工業用有機材料への利用とその作製技術
  6. Ph.D.化学者が今年のセンター試験(化学)を解いてみた
  7. 橋頭位二重結合を有するケイ素化合物の合成と性質解明
  8. ニック・ホロニアック Nicholas Holonyak, Jr.
  9. 【太陽HD】新卒採用情報(20年卒)
  10. 若手研究者vsノーベル賞受賞者 【基礎編】

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

巧みに設計されたホウ素化合物と可視光からアルキルラジカルを発生させる

第268回のスポットライトリサーチは、金沢大学医薬保健研究域薬学系(大宮研究室)の佐藤 由季也(さと…

第111回―「予防・診断に有効なナノバイオセンサーと太陽電池の開発」Ted Sargent教授

第111回の海外化学者インタビューは、Ted Sargent教授です。トロント大学電気・計算機工学科…

アレノフィルを用いるアレーンオキシドとオキセピンの合成

脱芳香族化を伴う直接的な酸化により芳香族化合物からアレーンオキシドとオキセピンを合成する手法が開発さ…

ケムステニュース 化学企業のグローバル・トップ50が発表【2020年版】

It's no secret that the COVID-19 pandemic ha…

スポットライトリサーチムービー:動画であなたの研究を紹介します

5年前、ケムステ15周年の際に新たな試みとしてはじめたコンテンツ「スポットライトリサーチ」。…

第110回―「動的配座を制御する化学」Jonathan Clayden教授

第110回の海外化学者インタビューは、ジョナサン・クレイデン教授です。マンチェスター大学化学科(訳注…

化学研究で役に立つデータ解析入門:エクセルでも立派な解析ができるぞ編

化学分野でのAIを使った研究が多数報告されていてデータ解析は流行のトピックとなっていますが、専門外か…

高分子化学をふまえて「神経のような動きをする」電子素子をつくる

第267回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院工学研究科 バイオ工学専攻 三ツ石研究室 助教の…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP