[スポンサーリンク]

会告

第7回HOPEミーティング 参加者募集!!

[スポンサーリンク]

主催: 独立行政法人日本学術振興会

日程: 2015年3月1日(日)3月5日(木)

※このうち3月1日(日)は「Nobel Prize Dialogue Tokyo」に参加(予定)

開催地: 東京(予定)

 

今年もHOPEミーティングの募集の時期がやって来ました。

このプログラムは、アジア・太平洋地域等の博士課程学生/ポスドク約100人がノーベル賞受賞者と1週間合宿しながら、研究者としての研鑚を行う、日本学術振興会(JSPS)主催の企画です。気ままに有機化学さんでも過去に紹介されています(こちらこちら)。

 

募集要項・参加申し込みはこちら

 

主なプログラムはノーベル賞受賞者や対象分野著名研究者による講演、講演者を囲んでのグループディスカッション、参加者によるポスターセッション、そして文化プログラムや研究施設の見学などといったものです。前回第六回HOPEミーティングでは、2008年ノーベル物理学賞を受賞した小林 誠先生、2010年ノーベル化学賞を受賞した根岸 英一教授らがご講演されています。

第五回・第六回HOPEミーティングに参加した方の体験レポートもありますので、興味のある方は是非御覧ください。(第五回  第六回

英語の鍛錬にもなりますし、博士課程学生・ポスドクの方は、応募を検討されてみてはいかがでしょうか。刺激的な1週間が待っています! 応募締め切りは9月12日(金)です!お忘れなく!!

 

募集要項や参加申し込みはこちら

The following two tabs change content below.
レオ

レオ

Ph.D取得を目指す大学院生。有機太陽電池の高効率を目指して日々研究中。趣味は一人で目的もなく電車に乗って旅行をすること。最近は研究以外の分野にも興味を持ち日々勉強中。
レオ

最新記事 by レオ (全て見る)

関連記事

  1. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」④
  2. 仕事の進め方を見直してみませんか?-SEの実例から
  3. タンパクの骨格を改変する、新たなスプライシング機構の発見
  4. 有機反応を俯瞰する ーヘテロ環合成: C—X 結合で切る
  5. 有機合成化学協会誌2018年8月号:触媒的不斉全合成・分子ロータ…
  6. 人と人との「結合」を「活性化」する
  7. フラッシュ自動精製装置に新たな対抗馬!?: Reveleris(…
  8. 「科学者の科学離れ」ってなんだろう?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 国際化学オリンピックで今年も好成績!
  2. 国際化学オリンピック2016でもメダルラッシュ!
  3. ブラッド・ペンテルート Bradley L. Pentelute
  4. 二つのCO2を使ってアジピン酸を作る
  5. グラフィカルアブストラクト付・化学系ジャーナルRSSフィード
  6. なぜあなたは論文が書けないのか
  7. 「発明の対価」8億円求め提訴=塩野義製薬に元社員-大阪地裁
  8. 小さなフッ素をどうつまむのか
  9. 第99回日本化学会年会 付設展示会ケムステキャンペーン Part III
  10. 【10周年記念】Chem-Stationの歩み

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

免疫の生化学 (1) 2018年ノーベル医学賞解説

私事ですが4月より大学院生になり、最近は生物学を勉強しています。学部1、…

構造化学の研究を先導する100万件のビッグデータ

Cambridge Structural Databaseに収録された結晶構造が100万件に到達し,…

高校教科書に研究が載ったはなし

高校高学年向け化学の教科書が2019年度から新しくなりました。その作成の一部に関わる貴重な体験ができ…

発見が困難なガンを放射性医薬品で可視化することに成功

A novel class of radiopharmaceuticals has proven…

化学探偵Mr.キュリー8

化学小説家喜多喜久さん。すでに多くの化学(科学)小説を執筆されている人気作家です。特に化学探偵シリー…

旭化成の吉野彰氏 リチウムイオン電池技術の発明・改良で 2019 年欧州発明家賞を受賞

日本から4 年ぶり、史上2 度目の「非ヨーロッパ諸国部門」獲得【ウィーン/ミュンヘン(ドイツ) …

Chem-Station Twitter

PAGE TOP