[スポンサーリンク]

会告

第7回HOPEミーティング 参加者募集!!

主催: 独立行政法人日本学術振興会

日程: 2015年3月1日(日)3月5日(木)

※このうち3月1日(日)は「Nobel Prize Dialogue Tokyo」に参加(予定)

開催地: 東京(予定)

 

今年もHOPEミーティングの募集の時期がやって来ました。

このプログラムは、アジア・太平洋地域等の博士課程学生/ポスドク約100人がノーベル賞受賞者と1週間合宿しながら、研究者としての研鑚を行う、日本学術振興会(JSPS)主催の企画です。気ままに有機化学さんでも過去に紹介されています(こちらこちら)。

 

募集要項・参加申し込みはこちら

 

主なプログラムはノーベル賞受賞者や対象分野著名研究者による講演、講演者を囲んでのグループディスカッション、参加者によるポスターセッション、そして文化プログラムや研究施設の見学などといったものです。前回第六回HOPEミーティングでは、2008年ノーベル物理学賞を受賞した小林 誠先生、2010年ノーベル化学賞を受賞した根岸 英一教授らがご講演されています。

第五回・第六回HOPEミーティングに参加した方の体験レポートもありますので、興味のある方は是非御覧ください。(第五回  第六回

英語の鍛錬にもなりますし、博士課程学生・ポスドクの方は、応募を検討されてみてはいかがでしょうか。刺激的な1週間が待っています! 応募締め切りは9月12日(金)です!お忘れなく!!

 

募集要項や参加申し込みはこちら

The following two tabs change content below.
レオ

レオ

Ph.D取得を目指す大学院生。有機太陽電池の高効率を目指して日々研究中。趣味は一人で目的もなく電車に乗って旅行をすること。最近は研究以外の分野にも興味を持ち日々勉強中。
レオ

最新記事 by レオ (全て見る)

関連記事

  1. 水分子が見えた! ー原子間力顕微鏡を用いた水分子ネットワークの観…
  2. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑦
  3. 来年は世界化学年:2011年は”化学の年”…
  4. 炭素をつなげる王道反応:アルドール反応 (2)
  5. 「大津会議」参加体験レポート
  6. カラムやって
  7. 【書籍】『これから論文を書く若者のために』
  8. ここまでできる!?「DNA折り紙」の最先端 ③ ~立体を作ろう!…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 幾何学の定理を活用したものづくり
  2. アクリルアミド /acrylamide
  3. アミロイド線維を触媒に応用する
  4. ルドルフ・クラウジウスのこと① エントロピー150周年を祝って
  5. ヒト遺伝子の ヒット・ランキング
  6. 科学史上最悪のスキャンダル?! “Climategate”
  7. コルチスタチン /Cortistatin
  8. 太陽光変換効率10%での人工光合成を達成
  9. パーコウ反応 Perkow Reaction
  10. 新しい糖尿病治療薬認可へ~人体機能高めるタイプから吸入式まで

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

特定の場所の遺伝子を活性化できる新しい分子の開発

ついにスポットライトリサーチも150回。第150回目は理化学研究所 博士研究員の谷口 純一 (たにぐ…

出光・昭和シェル、統合を発表

石油元売り2位の出光興産と4位の昭和シェル石油は10日、2019年4月に経営統合すると正式に発表した…

天然物の全合成研究ーChemical Times特集より

関東化学が発行する化学情報誌「ケミカルタイムズ」。年4回発行のこの無料雑誌の紹介をしています。…

「アジア発メジャー」狙う大陽日酸、欧州市場に参入

大陽日酸は北米に次ぐ成長が見込める欧州市場に参入を果たす。同業の米プラクスエアが欧州で展開する産業ガ…

典型元素触媒による水素を還元剤とする第一級アミンの還元的アルキル化

第149回のスポットライトリサーチは、大阪大学大学院工学研究科 博士後期課程3年の木下 拓也 (きの…

有機合成化学協会誌7月号:ランドリン全合成・分子間interrupted Pummerer反応・高共役拡張ポルフィリノイド・イナミド・含フッ素ビニルスルホニウム塩・ベンゾクロメン

化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2018年7月号がオンライン公開されました。今月号のキ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP