[スポンサーリンク]

キャンペーン

YMC研究奨励金当選者の声

今年の1月末に募集しました「YMC研究奨励金

ざっくりと話しますと、

「研究奨励金50万円に加えて新しい装置のモニターもできてしまう大変お得な研究助成」

であったのですが、先月末に結果が出ました。応募者は約150名!10分で応募できる内容であったたため、応募が殺到したようです。そして、このたび見事当選した3名の研究者の声が届きましたのでお知らせさせていただきたいと思います。

 

北海道大学大学院理学研究院化学部門有機化学第二研究室 鈴木 孝洋 先生

ご当選された鈴木孝洋先生(左奥)と研究室の皆様)

ご当選された鈴木孝洋先生(左奥)と研究室の皆様)

 

「Ace Reactorを貸与して頂きありがとうございます。200度近い高温の反応を検討する機会が多いので、手間がかからず、かつ安全に実験できる装置があると研究がはかどります。また、低温反応にも対応できるとのことですので、ますます期待が膨らみます。」

 

広島大学大学院工学研究院 物質化学工学部門応用化学専攻機能高分子化学研究室  田中 亮 先生

(ご当選された田中亮先生(右)と塩野毅教授(右から2番目)と研究室の皆様)

(ご当選された田中亮先生(右)と塩野毅教授(右から2番目)と研究室の皆様)

 

この度はAce Reactorのモニターとして選出頂き、誠に光栄でございます。このような機会を下さったYMCテクノス株式会社様、またWebページで紹介してくださったChem-stationのスタッフの皆様に深く感謝致します。機能高分子化学研究室では主に高分子化合物の精密合成に重きを置いた研究をしておりますので、反応の条件検討から反応速度解析、ポリマーの溶媒分別など、様々な用途に使わせて頂くつもりでございます。

 

九州大学 先導物質化学研究所 高原研究室 大石 智之 先生

(ご当選された大石智之 先生)

(ご当選された大石智之 先生)

 

この度はAceReactorのモニターに採択していただき有難うございました。

大変光栄に存じます。

本製品に関してはカタログなどで拝見したことがあり、加熱条件での反応を同時に行えるので、重合の検討や、学生実験などでも利用できると思い興味を持っておりました。

今回はケムステーションで本製品のモニターの募集を知り、応募させて頂きました。

届いた製品の梱包を解いた際には周りのスタッフや学生から『スターウォーズに出てくるR2-D2みたい!!』と話題になりました。思っていたよりもコンパクトで、グローブボックス中でも問題なく使用できそうという印象です。実験で使用するのがとても楽しみです。

 

次回もあるの?

以上3名の当選者の声をお届けしました。当選された研究者の方々をお祝いすると共に、ぜひYMCのAceReactorと研究奨励金を有意義に使っていただければ幸いです。

今回、YMC様とのコラボレーションによりはじまった初めての企画ですが、この企画、次回はあるの?という声が聞こえてきます。もちろん企業側のお気持ちを代弁させていただきますと、メリットが少なからずあれば継続したいということだと思います。ケムステとしては今後も他の企業も含めまして今回のような企画を立ち上げ、研究者を応援していきたいと思いますので今後共よろしくお願いいたします。

最後に、このような無茶な企画に動いていただきました、YMCテクノス様に心より感謝申し上げます。

 

The following two tabs change content below.
webmaster
Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院准教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. ぼくらを苦しめる「MUST (NOT)」の呪縛
  2. 橋頭位二重結合を有するケイ素化合物の合成と性質解明
  3. 人と人との「結合」を「活性化」する
  4. スーパーなパーティクル ースーパーパーティクルー
  5. 脳を透明化する手法をまとめてみた
  6. 反芳香族性を有する拡張型フタロシアニン
  7. Reaxys体験レポート反応検索編
  8. 特許にまつわる初歩的なあれこれ その2

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 天然の保護基!
  2. ノリッシュ反応 Norrish Reaction
  3. CO2を用いるアルキルハライドの遠隔位触媒的C-Hカルボキシル化
  4. 味の素と元社員が和解 人工甘味料の特許訴訟
  5. マット・シグマン Matthew S. Sigman
  6. たばこと塩の博物館
  7. クラウソン=カース ピロール合成 Clauson-Kaas Pyrrole Synthesis
  8. Handbook of Reagents for Organic Synthesis: Reagents for Heteroarene Functionalization
  9. サリチル酸 (salicylic acid)
  10. 幾何学の定理を活用したものづくり

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

シクロペンタジエニル錯体の合成に一筋の光か?

β-炭素脱離を用いるシクロペンタジエニル(Cp)錯体の新たな調製法が報告された。本法により反応系中で…

ルミノール誘導体を用いるチロシン選択的タンパク質修飾法

2015年、東京工業大学・中村浩之らは、ルミノール誘導体と鉄-ポルフィリン複合体(ヘミン)を用い、チ…

酵素触媒によるアルケンのアンチマルコフニコフ酸化

酵素は、基質と複数点で相互作用することにより、化学反応を厳密にコントロールしています。通常のフラ…

イオンの出入りを制御するキャップ付き分子容器の開発

第124回のスポットライトリサーチは、金沢大学 理工研究域物質化学系錯体化学研究分野(錯体化学・超分…

リチウムイオン電池の課題のはなし-1

Tshozoです。以前リチウムイオン電池に関するトピックを2つほど紹介した(記事:リチウムイ…

アルコールをアルキル化剤に!ヘテロ芳香環のC-Hアルキル化

2015年、プリンストン大学・D. W. C. MacMillanらは、水素移動触媒(HAT)および…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP