[スポンサーリンク]

キャンペーン

第96回日本化学会付設展示会ケムステキャンペーン!Part I

[スポンサーリンク]

今年もはじまります、1年に1度化学者があつまる日本化学会年会。今年は同志社大学京田辺キャンパスで行われます。年会を盛り上げるために2011年より付設展示会に出展する企業とのコラボーレーションにより読者のためにキャンペーンを企画してきました。

もちろん今年も行います!

合言葉は覚えていますか?

ケムステをみた!

です。これで付設展示会に訪れてください。第一弾は関東化学シュプリンガー・ジャパン、そしてワイリー・ジャパン様です。

 

関東化学の付設展示会と読者特典

2016-03-16_10-36-25

関東化学は、日本化学会第96回春季年会付設展示会にて、有機合成用試薬を中心に最新の試薬情報をご紹介します。本展示会で初めてご紹介するパンフレットも多数ご用意しておりますので、弊社ブースへお立ち寄りください。

※展示予定パンフレット(一部)

◆無触媒クリック反応素子 高機能性アルキン

◆アルゴン置換有機合成用脱水溶媒

Buchwald配位子

◆還元的アミノ化触媒 など

 

本ブースで、「ケムステを見た」と言った皆様に、カタログ型メモ帳をプレゼントいたします(数に限りがありますので、早めにお立ち寄りください)。

2016-03-16_10-19-26

 

さらに、メモ帳の中に「当たり」が入っていた方には弊社キャラクターのノベルティ(タンブラー)をさらにプレゼントいたします!

2016-03-16_10-22-25

 

なお本プレゼントにおいて、名前、メールアドレス等の個人情報は一切いただきません。気軽に関東化学ブース(No.:35)までお越しください

 

シュプリンガー・ジャパンの付設展示会と読者特典

 

シュプリンガーの展示会場でスタッフに「ケムステを見た」とささやいてください。

お一人様1回、はずれなしのくじ引きができます!

  • 一等:2名様 この機会に洋書にトライで賞

ずっと挑戦しようと思っていた洋書や、価格が高くて手が出せなかったSpringerのタイトルはありませんか?化学会に来場してくださるケムステ読者の皆さんにSpringer発行の書籍を1冊差し上げます。Springerのホームページからお好きなタイトルをお選びください。本体価格EUR 200、1タイトルに限ります。

 

  • 二等:5名様 英語論文執筆やプレゼンスキルを磨けるで賞

日本やドイツでベストセラーのWallwork氏の英語スキル上達シリーズ。英語論文の書き方や効果的なプレゼンの仕方など。シリーズからお好きなタイトルを1冊差し上げます。

(ケムステでの書評はこちら。English for Writing Research PapersEnglish for Presentations at International Conferences

補足情報

以下の3タイトルは3月17日に第二版が発売されます!

2016-03-16_10-56-04

一部のタイトルは今年中に改版が予定されていますが、出版状況によっては新版発売直前で旧版のご提供となります。あらかじめご了承ください。

 

  • 三等:25名様 これで出張は準備万端で賞

Springerのトラベルセットを差し上げます。内容はマウスやUSBハブ、アダプタ、イヤホンなどのPC周りのグッズセットです。

2016-03-16_10-59-44

上記の賞にもれた方にもシュプリンガーオリジナルグッズをプレゼント!シュプリンガーのブースでお待ちしています。

 

ワイリー・ジャパンの付設展示会と読者特典

2016-03-16_11-09-03

ワイリー・ジャパンのブース展示は

  1. Wileyの化学書を手に取って選べる展示販売
  2. 四択クイズに正解してWiley Tシャツをゲット
  3. 海外化学誌のエディターと話そう

が三本柱です。

2.のクイズは、ブログ「ワイリー・サイエンスカフェ」の更新情報を配信するTwitterアカウント @wileyjapan_pse をフォローいただくか、またはWileyの化学出版ニュースをお届けする無料メールマガジン配信を申し込んでいただくと参加できます。不正解でももれなく残念賞あり。Tシャツは100枚限りですので、お早目にお越し下さい。

2016-03-16_11-26-33

また毎年恒例の講演会TCR Lectureは、米プリンストン大学のDavid MacMillan教授を講師に迎えて3月25日(金) 11:00-11:50 に開催されます。(S1会場) こちらもお楽しみに!

詳しくはこちらのブログ記事をご覧下さい。

上記2.のクイズにご参加の際に、スタッフに「ケムステを見た!」と声をおかけ下さい。先着50名様に、通常の賞品・残念賞にプラスして、Wileyバッグなどをプレゼントします。

2016-03-16_11-27-06

 

第二弾に続きます!

webmaster

webmaster

投稿者の記事一覧

Chem-Station代表。早稲田大学理工学術院教授。専門は有機化学。主に有機合成化学。分子レベルでモノを自由自在につくる、最小の構造物設計の匠となるため分子設計化学を確立したいと考えている。趣味は旅行(日本は全県制覇、海外はまだ20カ国ほど)、ドライブ、そしてすべての化学情報をインターネットで発信できるポータルサイトを作ること。

関連記事

  1. メカノケミストリーを用いた固体クロスカップリング反応
  2. 今年の名古屋メダルセミナーはアツイぞ!
  3. 合成手法に焦点を当てて全合成研究を見る「テトロドトキシン~その1…
  4. メチオニン選択的なタンパク質修飾反応
  5. Dead Endを回避せよ!「全合成・極限からの一手」⑨
  6. マイクロ波を用いた革新的製造プロセスと環境/化学領域への事業展開…
  7. 有機合成化学協会誌2017年5月号 特集:キラリティ研究の最前線…
  8. −(マイナス)と協力して+(プラス)を強くする触媒

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. エーザイ 抗がん剤「ハラヴェンR」日米欧で承認取得 
  2. 杏林製薬 耳鳴り治療薬「ネラメキサン」の開発継続
  3. 乳がんを化学的に予防 名大大幸医療センター
  4. 研究留学術―研究者のためのアメリカ留学ガイド
  5. 武田薬品工業、米バイオベンチャー買収へ 280億円で
  6. Happy Mole Day to You !!
  7. コランニュレンの安定結合を切る
  8. カルボニル化を伴うクロスカップリング Carbonylative Cross Coupling
  9. アイルランド・クライゼン転位 Ireland-Claisen Rearrangement
  10. 第104回―「生体分子を用いる有機エレクトロニクス」David Cahen教授

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

有機合成化学協会誌2021年4月号:共有結合・ゲル化剤・Hoveyda-Grubbs型錯体・糸状菌ジテルペノイドピロン・Teleocidin B

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年4月号がオンライン公開されました。新…

第144回―「CO2を捕捉する多孔性金属-有機構造体の開発」Myunghyun Paik Suh教授

第144回の化学者インタビューは、ミョンヒョン・パク・ソ教授です。韓国のソウル大学で化学を専攻し、有…

ガラス器具を見積もりできるシステム導入:旭製作所

化学実験に欠かせないガラス器具。自分の使いやすいようにカスタマイズしたいと思いませんか? 昔は大学に…

陰イオン認識化学センサーの静水圧制御に成功~高選択的な分子検出法を確立~

東京工業大学 理学院 化学系の木下 智和 大学院生、福原 学 准教授、立命館大学の前田 大光 教授ら…

第143回―「単分子エレクトロニクスと化学センサーの研究」Nongjian (NJ) Tao 教授

第143回の化学者インタビューは、ノンジャン・タオ教授です。アリゾナ州立大学バイオデザイン研究所バイ…

不溶性アリールハライドの固体クロスカップリング反応

第305回のスポットライトリサーチは、北海道大学大学院工学研究院 (伊藤研究室)・瀬尾 珠恵さんにお…

化学のためのPythonによるデータ解析・機械学習入門

hodaです。今回は筆者の勉強用に読んだ機械学習関連の書籍を紹介します。概要本書は、…

アカデミックから民間企業へ転職について考えてみる 第三回

カデミックから民間企業へ転職した場合、入社後にギャップを感じる人が少なからずいます。もちろん、どんな…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP