[スポンサーリンク]

一般的な話題

有機合成化学協会誌2020年5月号:特集号 ニューモダリティ;有機合成化学の新しい可能性

[スポンサーリンク]

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2020年5月号がオンライン公開されました。

筆者の在宅勤務も2ヶ月ほどが経過しました。1日も早い事態収束を願うばかりです。

有機合成化学協会誌、今月号は特集号になります。タイトルは「ニューモダリティ;有機合成化学の新しい可能性」です!ワクワクしますね。

今回も、会員の方ならばそれぞれの画像をクリックすればJ-STAGEを通してすべてを閲覧することが可能です。

Review de Debut、感動の瞬間、MyPRなどは今月号はお休みです。

巻頭言:ニューモダリティを用いた創薬研究 ~セントラルドグマへの挑戦~

今月号は、アステラス製薬株式会社研究本部モダリティ研究所機能分子研究室室長 松嶋 雄司 博士による巻頭言です。

本特集号に引き込む力のある巻頭言です。オープンアクセスです。

生細胞内の疾患関連タンパク質を減少させる低分子創薬手法の開発

石川稔*、橋本祐一

*東北大学大学院生命科学研究科

PROTACsやSNIPERsと呼ばれるタンパク質分解技術(ケミカルプロテインノックダウン)が近年注目されています。本総合論文には、SNIPERsの開発経緯や展開、他のグループの研究、さらには将来展望まで詳しく記載されています。

選択的タンパク質分解を誘導するモレキュラーグルーの発見と標的タンパク質ノックダウン機能を有するニューモダリティーへの展開

 

上原泰介、大和隆志*

*エーザイ株式会社 オンコロジービジネスグループ

最近注目を浴びている「モレキュラーグルー(Molecular Glue, 分子糊)」について、エーザイで開発されたE7070(indisulam)やE7820のスルホンアミド系抗がん剤の研究成果が分かりやすくまとめられています。化合物の研究開発経緯と標的分子の同定だけではなく、PROTACなどのケミカルノックダウン手法の展開・展望についても記載されています。ケミカルノックダウンの最近の全体像を日本語で把握できる数少ないレビューだと思いますので、ぜひご一読ください。

ボラノホスフェート核酸の効率的な合成法の開発

佐藤一樹、和田 猛*

*東京理科大学薬学部

「化学修飾核酸にはとても興味があるけれど、何から勉強してよいかわからない」という方、多いと思います。本総合論文は注目を集めているホスホロチオエート核酸やボラノホスフェート核酸についての背景、合成の成功・失敗例、解説が満載です。是非ご一読ください。

2’-O,4’-C-エチレン架橋核酸(ENA)ホスホロアミダイトの効率的な分岐型合成ルートの開発

阿部祐三、鵜飼和利、道田 誠*

*第一三共株式会社プロセス技術研究所

薬の開発現場において、プロセス化学者がどの様に合成ルートの課題を洗い出し、工業化に適した新たな合成ルートの実現に至るのか。その実例が詳細に述べられている読み応えのある論文です。題材となっている架橋型核酸ENAは、今まさに臨床試験中で注目の核酸医薬です。

フラノース環酸素原子を硫黄,セレン原子に置換した核酸誘導体の有機合成化学

太田雅士、田良島典子、南川典昭*

*徳島大学大学院医歯薬学研究部

次世代創薬モダリティーの1つである核酸医薬が、有機合成化学の観点から核酸誘導体の選択的な合成法を主軸としてとてもわかりやすく紹介されています。

ジスルフィド修飾によるオリゴ核酸の超高速細胞質移行

中本航介、Shu Zhaoma、阿部 洋*

*名古屋大学大学院理学研究科 物質理学専攻(化学系)

本総合論文では細胞内に核酸を導入するための手法としてジスルフィド修飾が高い効果を示すことを見出した経緯について述べています。開発したジスルフィド修飾核酸は従来の方法と比較して短時間で効率よく細胞へ取り込まれることが実験により確認され、今後の展開が期待されます。

新たな学問領域Xenobiology: ChemistryとBiologyの融合

木本路子、平尾一郎*

*Institute of Bioengineering and Nanotechnology, A*STAR

DNAのA−TとG−Cの塩基対は、地球上の生命の情報システム、ならびに、現在のバイオ技術の根幹を成す。近年、生物システムで機能する第三の塩基対(人工塩基対)が作り出されるようになり、新たな生命システムと新たなバイオ技術が生み出され、Xenobiologyという新たな研究分野が急速に発展している。本稿では、人工塩基対の開発とその応用技術について解説する。

人工遺伝子スイッチによるエピジェネティック創薬

板東俊和、杉山 弘*

*京都大学大学院理学研究科化学専攻

塩基配列選択的DNA結合分子“ピロールイミダゾール(PI)ポリアミド”は、遺伝子発現のオン/オフを切り替えられる人工遺伝子スイッチとして注目を浴びています。本総合論文は、PIポリアミドの基礎と様々な応用例が丁寧にまとめられており、本研究分野に精通していない方でも理解しやすい内容となっています。ぜひご一読ください。

有機合成化学/糖質化学は抗体-薬物複合体開発にどのように貢献できるか:糖鎖連結均一抗体-薬物複合体合成とがん間質ターゲティング療法の開拓

眞鍋史乃*、山口芳樹、松村保広

*星薬科大学薬学部

抗体-薬物複合体の開発では有機合成化学からのアプローチと異分野連携が重要です。本稿では、糖鎖を介しての均一化だけではなく、固形がん治療を目指したがん間質ターゲティング療法の開拓もご紹介します。有機合成化学の視点で生体高分子を扱う例として、ぜひ、ご一読ください。

AJICAP™:位置特異的ADCの次世代化学合成法の開発

山田 慧*、 奥住竜哉*

*味の素株式会社 バイオ・ファイン研究所

抗体医薬の次に台頭する新規モダリティは抗体薬物複合体(Antibody-Drug Conjugate: ADC)とも言われているが、分子量が約15 万もある抗体に、どのように、選択的に薬物を結合させるのか?味の素株式会社のペプチドを利用したADC合成技術がこの困難な課題を克服し、ADC の未来を切り開いていきます。

次世代型抗体-薬物複合体(ADC)の創製 —化学的アプローチで切り拓く—

穴見康昭、土釜恭直*

*テキサス大学 ヘルスサイエンスセンター ヒューストン校

抗体-薬物複合体(antibody-drug conjugate; ADC)は抗体、リンカー、ペイロードといった複数の構成成分から成る、非常に複雑なモダリティです。著者らは有機合成化学を武器に新規リンカーの創製に挑んでおり、本論文ではリンカーの設計指針から合成、実際の評価まで丁寧に述べられています。ADCを詳しく知りたい方は必見です!

ペプチドから「擬天然大環状ペプチド」へのモダリティーの拡張

長野正展、菅 裕明*

*東京大学大学院理学系研究科

ペプチドリーム社の創業者でもある、東京大学大学院理学系研究科教授の菅裕明先生らの擬天然大環状ペプチド合成に関する最新の話題を含めた総合論文である。菅先生らの開発したRaPIDシステムを駆使することで、実に10の13乗 (10兆) にも達するペプチドライブラリーが合成可能となる。

中分子戦略と複合化による高次免疫制御分子の創製

真鍋良幸、下山敦史、樺山一哉、深瀬浩一*

*大阪大学大学院理学研究科

深瀬らによる本論文は、複雑な糖鎖とペプチドあるいは抗体などの複合化が、それぞれの構成要素単独では発揮できない、高次生物機能を有する新たな中分子の創製に有効な手段であることを示してくれます。

 

これまでの紹介記事は有機合成化学協会誌 紹介記事シリーズを参照してください。

関連書籍

めぐ

めぐ

投稿者の記事一覧

博士(理学)。大学教員。娘の育児に奮闘しつつも、分子の世界に思いを馳せる日々。

関連記事

  1. 逆電子要請型DAでレポーター分子を導入する
  2. 27万種類のビルディングブロックが購入できる!?
  3. 2002年ノーベル化学賞『生体高分子の画期的分析手法の開発』
  4. ゲノム編集CRISPRに新たな進歩!トランスポゾンを用いた遺伝子…
  5. 無保護アミン類の直接的合成
  6. 地方の光る化学企業 ~根上工業殿~
  7. スペクトルから化合物を検索「KnowItAll」
  8. 博士号とは何だったのか - 早稲田ディプロマミル事件?

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. ケムステ版・ノーベル化学賞候補者リスト【2018年版】
  2. 兄貴達と化学物質
  3. 岩澤 伸治 Nobuharu Iwasawa
  4. C–NおよびC–O求電子剤間の還元的クロスカップリング
  5. アメリカ化学留学 ”立志編 ーアメリカに行く前に用意すること?ー”!
  6. 【21卒イベント 大阪開催2/26(水)】 「化学業界 企業合同説明会」
  7. 第101回―「高分子ナノ構造の精密合成」Rachel O’Reilly教授
  8. トシルヒドラゾンを経由するカルボニル化合物の脱酸素ヒドロフッ素化反応によるフルオロアルカンの合成
  9. ロバート・ノールズ Robert R. Knowles
  10. 太陽電池バックシートの開発と評価【終了】

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

非古典的カルボカチオンを手懐ける

キラルなブレンステッド酸触媒による非古典的カルボカチオンのエナンチオ選択的反応が開発された。低分子触…

CEMS Topical Meeting Online 機能性材料の励起状態化学

1月28日に毎年行われている理研の無料シンポジウムが開催されるようです。事前参加登録が必要なので興味…

カルボン酸に気をつけろ! グルクロン酸抱合の驚異

 カルボン酸は、カルボキシ基 (–COOH) を有する有機化合物の一群です。カルボン…

第138回―「不斉反応の速度論研究からホモキラリティの起源に挑む」Donna Blackmond教授

第138回の海外化学者インタビューはドナ・ブラックモンド教授です。2009年12月現在、インペリアル…

Ru触媒で異なるアルキン同士をantiで付加させる

Ru触媒を用いたアルキンのanti選択的ヒドロおよびクロロアルキニル化反応が開発された。本反応は共役…

化学系必見!博物館特集 野辺山天文台編~HC11Nってどんな分子?~

bergです。突然ですが今回から「化学系必見!博物館特集」と銘打って、私が実際に訪れたいちおしの博物…

有機合成化学協会誌2021年1月号:コロナウイルス・脱ニトロ型カップリング・炭素環・ヘテロ環合成法・環状γ-ケトエステル・サキシトキシン

有機合成化学協会が発行する有機合成化学協会誌、2021年1月号がオンライン公開されました。あ…

第137回―「リンや硫黄を含む化合物の不斉合成法を開発する」Stuart Warren教授

第137回の海外化学者インタビューはスチュアート・ウォーレン教授です。ケンブリッジ大学化学科に所属し…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP