[スポンサーリンク]

化学者のつぶやき

論文チェックと文献管理にお困りの方へ:私が実際に行っている方法を教えます!

[スポンサーリンク]

レオです。突然ですが、皆さんどのように文献管理をしていますか?

私は以前は、Web of ScienceSciFinderといった学術文献データベースで論文を検索し、pdfデータをダウンロード、といった方法で論文を管理していました。

しかし検索時に見逃してしまったり、以前にダウンロードしたことを忘れてうっかり二重にファイルを保存してしまったり、といったことが多々ありました。皆様も経験あると思います。保存してもどこにいったのか、どれが欲しい論文なのか、結局わからなくなるんですよね。

そこで今回は現在、私が行っている新着論文のチェック方法や論文管理法についてご紹介します。

 

新着論文のチェックはRSSリーダー「Feedly」で

feedly_logo

 

新着論文のチェックはいくら大学院生といえども欠かせません。私はRSSリーダーの「Feedly」を使って新着論文の確認を行っています。NatureやScienceなどといった科学雑誌のRSSをFeedlyに登録し、時間があるときにiPhoneやPCで確認しています。なおFeedlyの導入方法やFeedlyをつかった最新情報のチェック方法はこちらの記事に詳しく書いてありますので御覧ください。

 

新着論文の情報はEvernoteに貯める

evernoteLogo

Feedlyで新着論文を確認。さてその後、この情報をどうやって処理するか。これが大事になってきます。大学ではその場で論文のpdfファイルをダウンロードできるので読んだり保存できたりもしますが、自宅や外出先では論文まで読むことは出来ません。そこで私はFeedlyで得られたデータをEvernoteに移しています。

 

【データの移し方】

(今回はiPhoneを使った場合で説明します。)

まずFeedlyを開きます。そして読みたい論文を開きます。

その後上にある”evernoteマーク”をタップ(ない場合は「・・・」をタップ。するとEvernoteマークがあります。)

スクリーンショット 2015-01-26 17.17.18

するとevernoteと連携し、以下のようにノートブックを選ぶことができるので、保存したい場所を選びEvernoteに保存します。

スクリーンショット 2015-01-26 20.33.30

このような感じでEvernoteに論文を移して、外出先でも読めるようになります。 この方法は簡単である反面、Evernoteの使用料が毎月5

*** QuickLaTeX cannot compile formula:
(約600円)かかってしまうのが問題点です。現在無料でデータを移せる方法を模索中です。
 
<h4>論文は文献管理ソフト「<a href="http://www.papersapp.com/mac/" target="_blank">Papers</a>」に保存</h4>
<a href="https://assets.chem-station.com/uploads/2015/01/papers3.jpg"><img class="aligncenter size-medium wp-image-26357" src="https://assets.chem-station.com/uploads/2015/01/papers3-300x204.jpg" alt="papers3" width="300" height="204" /></a>

Mac愛好者の方はこちらの文献管理ソフト「<a href="http://www.papersapp.com/mac/" target="_blank">Papers</a>」が断然おすすめです。

新着情報の論文のpdfファイルをゲットしたら、それをpapersに保管しています。ケムステでは以前<a href="http://www.chem-station.com/blog/2010/04/post-155.html" target="_blank">こちら</a>の記事で<a href="http://www.papersapp.com/mac/" target="_blank">papers</a>を紹介してましたが、まだ登場したばかりだったため問題点が多かったようです。しかし現在では、これらの問題がほぼすべて解決されております。

papersは<a href="http://endnote.com" target="_blank">Endnote</a>と同じ文献管理ツールですが、Endnoteとの大きな違いはやはり価格だと思います。

papersでは学生割引で<strong>49

*** Error message:
Package inputenc Error: Unicode character 約 (U+7D04)
leading text: $(約
Package inputenc Error: Unicode character 円 (U+5186)
leading text: $(約600円
Package inputenc Error: Unicode character か (U+304B)
leading text: $(約600円)か
Package inputenc Error: Unicode character か (U+304B)
leading text: $(約600円)かか
Package inputenc Error: Unicode character っ (U+3063)
leading text: $(約600円)かかっ
Package inputenc Error: Unicode character て (U+3066)
leading text: $(約600円)かかって
Package inputenc Error: Unicode character し (U+3057)
leading text: $(約600円)かかってし
Package inputenc Error: Unicode character ま (U+307E)
leading text: $(約600円)かかってしま
Package inputenc Error: Unicode character う (U+3046)

(約6000円)に対して、Endnoteではアカデミックパックでも30000円ほどします。そういった点ではpapersの方がいいでしょう。

加えてこちらの記事で述べられていた問題点である「引用文献フォーマット」問題ですが、こちらはご覧のとおりNature、Science、Willey、ACSといった大手科学雑誌の引用文献フォーマットに既に対応しています。
スクリーンショット 2015-01-26 19.19.27

 このような感じでちゃんと雑誌別の引用文献のフォーマットがあります

また、論文に直接ハイライトや文章にコメントすることもできるようになっており、大きく改善されています。

スクリーンショット 2015-01-26 19.42.05

ただしMy reviewを除き日本語でコメントができないことや、My reviewで日本語を打ち込む際、漢字の変換がやりづらいので、まだまだ改善する余地はあると思います。

 

終わりに

いかかでしたでしょうか。今回は私が実際に行っている論文の収集方法についてでした。参考にしていただけたらと思います。

 

関連書籍

レオ

レオ

投稿者の記事一覧

Ph.D取得を目指す大学院生。有機太陽電池の高効率を目指して日々研究中。趣味は一人で目的もなく電車に乗って旅行をすること。最近は研究以外の分野にも興味を持ち日々勉強中。

関連記事

  1. Nature Reviews Chemistry創刊!
  2. ブートキャンプ
  3. アルミニウム工業の黎明期の話 -Héroultと水力発電-
  4. 【太陽HD】新卒採用情報(20年卒)
  5. 【チャンスは春だけ】フランスの博士課程に応募しよう!【給与付き】…
  6. 複雑な試薬のChemDrawテンプレートを作ってみた
  7. 立体規則性および配列を制御した新しい高分子合成法
  8. ぼっち学会参加の極意

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 2012年Wolf化学賞はナノケミストリーのLieber博士,Alivisatos博士に!
  2. 【太陽HD】”世界一の技術”アルカリ現像型ソルダーレジストの開発
  3. ガスマン インドール合成 Gassman Indole Synthesis
  4. ChemDraw for iPadを先取りレビュー!
  5. ペタシス・フェリエ転位 Petasis-Ferrier Rearrangement
  6. 炭素繊維は鉄とアルミに勝るか? 番外編 ~NEDOの成果について~
  7. 鉄触媒空気酸化を伴う触媒的光延反応
  8. 研究者よ景色を描け!
  9. ボールマン・ラーツ ピリジン合成 Bohlmann-Rahtz Pyridine Synthesis
  10. やせ薬「塩酸フェンフルラミン」サヨウナラ

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

【ケムステSlackに訊いてみた⑤】再現性が取れなくなった!どうしてる?

日本初のオープン化学コミュニティ・ケムステSlackの質問チャンネルに流れてきたQ&amp;Aの紹介…

但馬 敬介 Keisuke TAJIMA

但馬 敬介(TAJIMA Keisuke, 1974年7月23日 – )は、日本の高分子化学者である…

Carl Boschの人生 その10

Tshozoです。このシリーズも10回を迎えましたが筆者の人生は進んでいません。先日気づいた…

「つける」と「はがす」の新技術|分子接合と表面制御 R3

開講期間令和3(2021)年  9月8日(水)、9日(木)(計2日間)※状況により、we…

第19回ケムステVシンポ「化学者だって起業するっつーの」を開催します!

少し前に化学者のつぶやきからこのような記事が出ました:【ケムステSlackに訊いて見た④】化学系学生…

10種類のスパチュラを試してみた

大好評、「試してみた」シリーズの第6弾。今回は試薬の秤量にか欠かせない、…

第48回「分子の光応答に基づく新現象・新機能の創出」森本 正和 教授

久々の研究者へのインタビューです。第48回は、立教大学の森本正和先生にお願いいたしました。第17回ケ…

畠山琢次 Takuji Hatakeyama

畠山琢次 (はたけやま たくじ)は、日本の化学者である。専門は有機合成化学,材料化学。2021年現在…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP