[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

有機合成のための触媒反応103

[スポンサーリンク]

 

対象

有機合成を学ぶ大学院生以上。

 

評価・解説

触媒量の金属・試薬を用いた有機合成反応を取り上げています。酸化、還元、付加、カルベン錯体の反応、カップリング、異性化・転位、縮合、脱離、重合の各章に分かれており、各々10~20ほどの反応を解説してます。ひとつの反応は見開き2ページに簡潔にまとめられており、見やすいレイアウトになっています。キーワードや参考文献・実験項やテクニックも記載されており、実用面でも役に立つような工夫がなされています。

 

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. 物質科学を学ぶ人の空間群練習帳
  2. 実験室の笑える?笑えない!事故実例集
  3. Dead Ends And Detours: Direct Wa…
  4. 化学探偵Mr.キュリー8
  5. 2009年7月人気化学書籍ランキング
  6. 海の生き物からの贈り物
  7. 化学オリンピック完全ガイド
  8. Metal-Organic Frameworks: Applic…

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. (–)-Batrachotoxinin Aの短工程全合成
  2. カンブリア爆発の謎に新展開
  3. 相次ぐ海外化学企業の合併
  4. ベンゼンスルホヒドロキサム酸を用いるアルデヒドとケトンの温和な条件下でのアセタール保護反応
  5. 知られざる有機合成のレアテク集
  6. C-H活性化触媒を用いる(+)-リゾスペルミン酸の収束的合成
  7. ボロン酸触媒によるアミド形成 Amide Formation Catalyzed by Boronic Acids
  8. ニーメントウスキー キノリン/キナゾリン合成 Niementowski Quinoline/Quinazoline Synthesis
  9. カルボラン carborane
  10. ジュリア・リスゴー オレフィン合成 Julia-Lythgoe Olefination

関連商品

ケムステYoutube

ケムステSlack

注目情報

注目情報

最新記事

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(3)

前回・前々回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路やインダストリー就活の流れ…

リンだ!リンだ!ホスフィン触媒を用いたメチルアミノ化だ!

有機リン触媒とアリールボロン酸を用いたニトロメタンの還元的C–Nカップリング反応が報告された。本手法…

化学者のためのエレクトロニクス講座~次世代の通信技術編~

このシリーズでは、化学者のためのエレクトロニクス講座では半導体やその配線技術、フォトレジストやOLE…

第132回―「遷移金属触媒における超分子的アプローチ」Joost Reek教授

第132回の海外化学者インタビューはジュースト・リーク教授です。アムステルダム大学ファント・ホッフ分…

位置多様性・脱水素型クロスカップリング

第281回のスポットライトリサーチは、菅原真純 博士にお願いしました。菅原さんは理化学研究所…

エノールエーテルからα-三級ジアルキルエーテルをつくる

α-オキシラジカルを経るエノールエーテルのa位官能基化が開発された。種々のアルキルエノールエーテルと…

アメリカ大学院留学:卒業後の進路とインダストリー就活(2)

前回の記事では、アメリカのPhD取得後の進路について、一般的な進路や就活を始める時期について紹介しま…

【第11回Vシンポ特別企画】講師紹介③:大内 誠 先生

今回の記事では、第11回バーチャルシンポジウム「最先端精密高分子合成」をより楽しむべく講師の一人であ…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP