[スポンサーリンク]

化学書籍レビュー

有機合成のための触媒反応103

[スポンサーリンク]

 

対象

有機合成を学ぶ大学院生以上。

 

評価・解説

触媒量の金属・試薬を用いた有機合成反応を取り上げています。酸化、還元、付加、カルベン錯体の反応、カップリング、異性化・転位、縮合、脱離、重合の各章に分かれており、各々10~20ほどの反応を解説してます。ひとつの反応は見開き2ページに簡潔にまとめられており、見やすいレイアウトになっています。キーワードや参考文献・実験項やテクニックも記載されており、実用面でも役に立つような工夫がなされています。

 

cosine

cosine

投稿者の記事一覧

博士(薬学)。Chem-Station副代表。現在国立大学教員として勤務中。専門は有機合成化学、主に触媒開発研究。
関心ある学問領域は三つ。すなわち、世界を創造する化学、世界を拡張させる情報科学、世界を世界たらしめる認知科学。
素晴らしければ何でも良い。どうでも良いことは心底どうでも良い。興味・趣味は様々だが、そのほとんどがメジャー地位を獲得してなさそうなのは仕様。

関連記事

  1. レーン 超分子化学
  2. 英文校正会社が教える 英語論文のミス100
  3. 誰も教えてくれなかった 実験ノートの書き方 (研究を成功させるた…
  4. Greene’s Protective Groups…
  5. 化学の歴史
  6. 最新 創薬化学 ~探索研究から開発まで~
  7. すごい分子 世界は六角形でできている
  8. マンガでわかる かずのすけ式美肌化学のルール

コメント、感想はこちらへ

注目情報

ピックアップ記事

  1. 固体NMR
  2. ヴィンス・ロテロ Vincent M. Rotello
  3. 福山還元反応 Fukuyama Reduction
  4. 肺がん治療薬イレッサ「使用制限の必要なし」 厚労省検討会
  5. 掟破り酵素の仕組みを解く
  6. Slow down, baby, now you’re movin’ way too fast.
  7. 反応経路最適化ソフトウェアが新しくなった 「Reaction plus pro」
  8. MOF 結晶表面の敏感な応答をリアルタイム観察
  9. アミンの新合成法2
  10. ヴィクター・アンブロス Victor Ambros

関連商品

注目情報

注目情報

最新記事

東京化成工業より 春の学会年会に参加予定だったケムステ読者の皆様へ

東京化成工業は、東京理科大学で開催の日本化学会第100春季年会付設展示会、京都国際会館で開催の日本薬…

研究助成金&海外留学補助金募集:公益財団法人アステラス病態代謝研究会

令和2年度はじまりました。とはいってもほとんどの大学講義開始は延期、講義もオンライン化が進み、いつも…

ウレエートを強塩基性官能基として利用したキラルブレンステッド塩基触媒の創製

第255回のスポットライトリサーチは、東北大学大学院理学研究科 化学専攻・石川 奨さんにお願いしまし…

天然物生合成経路および酵素反応機構の解析 –有機合成から生化学への挑戦–

ケムステ海外研究記の第 33 回はテキサス大学 Liu 研究室に留学されていた牛丸理一郎先生にお願い…

海外機関に訪問し、英語講演にチャレンジ!~③ いざ、機関訪問!~

海外学会のついでに近郊機関に訪問し、ディスカッションと英語講演にトライしてみよう!シリーズ記事です。…

サントリー生命科学研究者支援プログラム SunRiSE

サントリー生命科学財団は1月31日、生命科学分野の若手研究者に1人当たり研究費1千万円を5年間、計5…

Chem-Station Twitter

PAGE TOP